特集 2020年6月11日

「自分が得意なジャンル」で相談されたい

一番気分よく喋れる時間。

  

最近、後輩に業務の相談をされた。知っていることだったので得意気に説明すると「助かりました!本当にありがとうございます!」とお礼を言われた。

気分よく喋った後に感謝までされる。なんて素晴らしい時間だろう。 むしろ後輩より私が得をしたのではないか? もっとこういう相談されたい!

ということで「自分好みの相談」をしてもらえる仕組みを考えて遊びました。

 

1990年沖縄生まれ。営業日のお昼休みに(ほぼ)毎日更新する「今日の休憩」というブログを運営しています。

前の記事:リモートで運動会に参加する

> 個人サイト 今日の休憩

「相談されて嬉しい時」はどんな時か

まず「相談」について他の人にも聞いてみようと、友人に連絡をした。

スクリーンショット 2020-06-09 23.26.31.png
友達の郡司さん(左上)、山宮さん(下)である。「もっと相談をされたいんだ」と言われ全然ピンときていない2人。
スクリーンショット 2020-06-09 23.16.56.png
「最近新卒の子にツールの使い方の相談されて、それだけでも嬉しかったのに偉そうに教えたあと『ありがとうございました!!』って感謝までされて、胸が苦しくなった」と伝える。

「あ〜〜〜それはうれしい」「わかるわかる」と同意する2人。しかし、相談されて緊張することもあるらしい。

まずは「緊張する相談」と「うれしい相談」を分けてみることにした。

<緊張する相談>
  • あまり経験がなく、答えに自信がない話題
  • 人生に関わり、人や場合によるもの(転職、恋愛)
名称未設定のアートワーク 18.jpg
頼られた時点でうれしい。でもその分何も返せないかも…と緊張する。ただ、うまく返せて感謝された場合は「やったーーー」という気持ちになる。
<うれしい相談>
  • 自分の得意分野や、経験がある話題
  • 正解やおすすめをすぐ答えられるもの
名称未設定のアートワーク 19.jpg
たとえば私(沖縄出身・K-POP好き)なら上記は嬉しい。知識と自分も困った経験があるので聞かれただけで「まかせて!!!まずはね!!!」と正解がわかるからだ。
スクリーンショット 2020-06-09 22.56.50.png
「『自分が住んでる街でおすすめのご飯探してて』とか まかせろ!と思うよね」「なんならURLとかも送ってしまう」と盛り上がる。

自分の知識をきいてもらいながら、人に感謝までされる。こんなにいいことはない。内容が自分好みで、うれしい相談をもっとされたい。

「自分好みの相談」をしてほしい→報酬をわたそう

とはいえ誰かに「私好みの相談をしてほしい」と言われたら絶対に嫌だ。なんで?となる。

せめて相談する側にもメリットが欲しいということで

名称未設定のアートワーク 21.jpg
相談されたい人は、相談する人に報酬を渡すことにした。お金、ご飯をおごる、なんでもいいが今回は300円に設定する。そのかわり指示したテーマの相談をしてもらう。

資本主義すぎる仕組みになってしまったが、これで相談され放題の準備は整った。

バリバリ仕込みの「相談」スタート

スクリーンショット 2020-06-10 2.21.43 copy.jpg
まずは山宮さんが「相談されたい人」になってみることに。私は指示された内容で相談をする。
IMG_1679.jpg
めちゃくちゃ300円送られてきた。

山宮さんが指示したテーマは「カナダ留学とワーキングホリデーについて」である。大学時代に体験したので話せるらしい。

あくまで依頼されていないという体で相談してみることにした。5分間の相談開始である。

スクリーンショット 2020-06-10 2.32.41.jpg
「わたし実は、カナダに留学するかどうか悩んでて……どう思う?」

カナダ留学など一度も脳によぎったことがない。大嘘である。でも300円いただいたので指示通り聞く。

スクリーンショット 2020-06-10 2.35.02.jpg
「えーと、英語を勉強したいとかそんな感じ??」自分で仕込んだのによくその顔ができるな、という顔をされる。
スクリーンショット 2020-06-10 2.46.28.png
山宮「ま〜まずはあっちの語学学校行くのがいいんじゃないかな?」上から行ってくるので笑ってしまった。でも報酬をいただいたので質問を続ける。私「でもカナダは全部英語ですよね、不安で」
スクリーンショット 2020-06-10 2.49.50.png
山宮「いやー日本でも勉強できるけどね、やっぱそういう環境に身を置いて…うーん、ほぼ日本語使わない生活をしてたからな〜」もうすごい。うるささがすごいことになってきた。
スクリーンショット 2020-06-10 2.57.38.png
山宮「でも学校に行ったあと、靴屋でバイトして…」私「靴屋で!?」聞いたことない情報だ。山宮「そこでお客さんと喋って、すごい英語できるようになった。1年で結構できるようになる。喋れたら楽しい」と初めて聞くおもしろ情報が続く。
スクリーンショット 2020-06-10 3.04.41 copy.jpg
具体的な体験談を聞いているうちに、カナダで英語を学ぶイメージがめちゃくちゃ湧いてきた。え?カナダ留学すごく楽しそうじゃない…?
スクリーンショット 2020-06-10 3.00.29.jpg
私「もう20代後半だけど今から留学とかってなくはないのかな…?」山宮「いや本当の相談になってるじゃん」ここで5分終了である。

はじめはカナダ留学への興味なんて少しもなかった。しかし嫌々質問をしていく中で、かなり説得力のある情報がかえってくる。5分後にはすごく興味が湧いていた。なんだこれは!

スクリーンショット 2020-06-10 3.21.41.jpg
「300円はらったおかげで、いつもは自慢っぽくて引かれそうだから抑えてる体験談とかも全部話せた」という山宮さん。

「お金はらったから」と遠慮せず、体重をのせまくって喋ったのですごく気分がよかったという。「全然払える」とのこと。

しかもその結果、聞いてる方も楽しくなってしまった。むしろいい話を聞いて300円もらった気持ちである。たのしい会になってきた。

テーマだけではなく、質問も指示する

次はテーマだけではなく「されたい質問」も指示し、より気分を高めてみることにした。

スクリーンショット 2020-06-10 3.34.55.jpg
いよいよ自分が相談される番である。すでに嬉しくて笑ってしまっている。

テーマはいますごくハマっている「Nizi Project」というアイドルオーディション番組についてだ。されたい質問も送った。

では300円を払い、5分開始である。

スクリーンショット 2020-06-10 3.35.28.jpg
「なんかNizi Project?って番組が面白いって聞いたんですけど…他のオーディション番組と何が違うんですか?」こいつめちゃくちゃやらされてる感じで聞いてくる。
スクリーンショット 2020-06-10 3.35.33.jpg
「あーはいはいその質問ね」と自分で送ったのに、聞かれたことが嬉しすぎて袖をまくりながら話を開始してしまった。

日常でもこの話をしたかったが、あまりに好きすぎて引かれるかな……と思いしてこなかった。でも私は今日、300円を払った。語れる権利を初めて得たのだ。

しかも相手は相談という体裁で下から聞いてくる。一生懸命魅力を、やや偉そうに語った。

スクリーンショット 2020-06-10 3.53.07.png
5分終了である。「もう熱量がすごすぎて、知識ゼロで興味なかったけどさすがに興味もった」「たしかに300円もらって熱量ある知識も増えて、お得な気持ち」という。
スクリーンショット 2020-06-10 4.00.58.jpg
私自身はあまりに楽しい体験すぎて「これめっちゃ気分よすぎないか!?」となぜか怒りが湧いてきた。楽しすぎる。

報酬を払っているおかげで「引かれてもいい」と楽な気持ちで話せる。この300円が意外と大事なのだ。あと、相手ももらった分は返そうとするので、サービス精神を持って聞いてくれる。

このドーピングしたような状態で、自分のしたかった話をやや上からできる気持ち良さ。しかも聞いた方も得した気分になる。昔から「Win-Winってどんな状態だよ」と思っていたが、これは自信を持ってウィンウィンである。

実験を繰り返したおかげで、だいぶ楽しくするルールが固まってきた。

相談(仕込み)で気分をあげるためには

①相談されたい人は報酬を払う
②テーマ(設定)と質問を書いて伝えること
③引き受けた人はあたかも「本当に相談しているように」前のめりに聞くこと

他の人にもこの楽しさを体験してほしい

個人的にはやっぱり「相談される側」の体験が驚くほどたのしかった。ぜひ他の人にもルールを渡して、体験してもらい感想を聞いてみたい。

スクリーンショット 2020-06-10 4.35.34.jpg
お友達のつっきーさんを呼んだ。アニメに舞台になんでも詳しい。「相談される側??」と不思議がっているが、本当は話したいことがいっぱいあるはずである。

だれかに相談されたら嬉しい内容と、こういう質問があったらテンションあがるものをまとめて送ってもらった。そして300円も送ってもらう。

相談の設定:
今度宝塚に誘われて行くので、見る上でのポイントや予習にオススメの演目が知りたい
 
してほしい質問:
①初心者にオススメの演目は?
②どこがおもしろいのか?みるポイントは?

しっかりした指示だ。でもいきなりやってみて!と言って成功するだろうか。5分はかってスタートである。 

スクリーンショット 2020-06-10 4.47.56.jpg
「なんか今度、会社の先輩と宝塚見に行くんだけど、全然わからなくって。予習におすすめの演目とかってあるかな〜?」だいぶ相談する側の仕事に慣れてきた。
スクリーンショット 2020-06-10 4.47.26.jpg
「……いや、ちょっと任せてください。マジで」といきなり声のトーンが変わるつっきーさん。これはスイッチ入ったな、とわかるぐらいカチッと聞こえた。めちゃくちゃ笑ってしまう。

最初は指示にそって質問をし、疑問が出たらそれも聞いていく。「キュンキュン系と重ため系だとどっちが好きですか?」など大変うまいこと誘導され「與座さんおすすめなのはこれです」と自分にあう演目を選んでもらった。

スクリーンショット 2020-06-10 5.08.20.jpg
めちゃくちゃに盛り上がり、5分を超えて15分ぐらい宝塚相談タイムが開催された。聞いた側としてはもう今絶対に見るぞ、宝塚をという気持ちでいっぱいである。

感想を聞いてみると「本当に喋りたいことだったのでうっかり熱弁してしまった」「なんですかこの清々しさは」と笑っている。

また、普段こうした相談をうけたこともあるが、喋った後に「熱く語りすぎたかな」「自慢みたいに聞こえてないだろうか…」と不安になることがあったそうだ。

でも今回は報酬を払って、完全に自分で仕込んでいるという気持ちがあったので罪が減り、すごく楽しかったという。わかる。わかるぞ。

スクリーンショット 2020-06-10 5.18.54.jpg
盛り上がったついでに立場をスイッチしてまた相談してもらった。5分間めいいっぱい「大好きな地元のお菓子」について話した。そのあとつっきーさんはそのお菓子をアマゾンで買っていた。

お互い相談しあったので、結局お金は元にもどり、0円でめちゃめちゃ楽しい時間をすごせた。ぜひみなさんも、仲がいい人と自分好みの相談しあう会、やってみてください。


いきいき喋る人をみるのは楽しい

「相談されたい!」からはじまったが、相談する側としてもキラキラした瞳でワーっと話す人を見てとても楽しかった。しかも自分では用意できない質問を投げるので知識も増える。お得な気持ちでいっぱいになる遊びでした。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ