デジタルリマスター 2023年11月5日

サイの赤ちゃんかわいい、の謎に迫る(デジタルリマスター)

PA198114_photos_v2_x2.jpg
子サイと親サイ。
いったん広告です

赤ちゃんサイいた

赤ちゃんサイは見事に大人サイのミニ版だった。親といるから赤ちゃんとわかるが、単品だったらすでに立派なサイだと思う。

PA198180_photos_v2_x2.jpg
デフォルトで伏し目がちなのが好感もてる。

というわけで赤ちゃんサイは予想通り見るからにサイだったわけだが、それでもなんというか、やっぱりこう、うっすらとかわいいのだ。いや、うっすらどころかかなりかわいい。

生まれたとき70キロだった赤ちゃんサイの体重(その時点で僕より重いわけですが)は2ヶ月経った今、すでに200キロを越えているという。朝青龍(150キロ)に僕(60キロ)がおんぶされたくらいか。データで見るととうていかわいいとは結びつかないわけだが、それでもなんとなくかわいいのはホンジャマカ石塚さんがかわいいのと同じ現象だろうか。

PA193954_photos_v2_x2.jpg
ほぼ貸し切りなのでかじりつき放題。

赤ちゃんサイは、鎧のような皮膚をまとった特徴的な形のおしりも、すでに母親そっくりだった。

こちらは母親。

PA198205_photos_v2_x2.jpg
どういう構造になっているのかいまいち理解できないお尻。

続いて赤ちゃん。

PA198199_photos_v2_x2.jpg
お母さんとほぼ同じ形。

このかわいさはツノがまだ生えていないからかもしれない。いや、もしツノがあったらあったでたぶんかわいいんじゃないだろうか。冷静に見ると茶色くてごつごつした200キロの動物だ、かわいいわけがないのだけど、なぜかかわいいのだ。おかしい。

PA198127_photos_v2_x2.jpg
このかわいさ、伝わるだろうか。
いったん広告です

目ではないか

ちょっと一度冷静になろう。たとえば他の動物の赤ちゃんはどうか。もっとかわいいに違いない。気持ちを一度サイから外すのだ。

同じく最近赤ちゃんが生まれたというスーチョワンバーラルをみてみよう。

PA198217_photos_v2_x2.jpg
みんな大好きスーチョワンバーラル。

上の写真は親。そして赤ちゃんバーラルがこちら。

PA198237_photos_v2_x2.jpg
かわいすぎ。

見て欲しい、このかわいさ。やばい。そうとう遠くから見ても、潤んでいるのがわかるくらいに目がつぶらなのだ。

これを見てなんとなくわかったのだが、動物の赤ちゃんのかわいさは体に対する目の大きさからくるものではないだろうか。

では目に注目してもう一度サイを見てみよう。

はい、サイどうでしょう。

PA198162_photos_v2_x2.jpg
ちっちゃい。

目、超ちっちゃい。でもやっぱり、かわいい。

このわけのわからないかわいらしさを、あともう1ページ追います。

⏩ 次ページに続きます

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ