デジタルリマスター 2023年11月19日

チョウチンアンコウ“アルコール”センサーを作ったよ(デジタルリマスター)

箱をいちばん褒められた

11月22日とその翌日。あの電子工作・DIY雑誌「Make:」のイベントである。このイベントに出すためもあって、アンコウをずっと制作してきたのだ。

展示は「オツハタ水産」と名づけて、「Make:」誌用に制作していた「なでると光るイワシ」とともに展示してみた。へいらっしゃーらっしゃー。

RIMG3698_photos_v2_x2.jpg
トロ箱(っぽい木箱)と、魚屋っぽい手書き段ボールPOP。
RIMG3679_photos_v2_x2.jpg
思いっきり有線。パソコンから電源とってる魚。

本当は…心おきなく頭に被れるよう、コンピュータをアンコウに縫いつけてしまって、乾電池で動くようにしたかった。でも事前に、縫い付け用のArduinoで試したらなぜか動かなかったので、仕方なく外付けになった。線が・・・線が邪魔だなあ。被りたい人は、コンピュータ部分を手に持ってもらわねばならなくなった。

RIMG3709_photos_v2_x2.jpg
でもエタノール嗅がせるとよく光ってくれた(チョウチンの先が赤く光っているのがおわかりでしょうか)。
いったん広告です

被って→説明→嗅がせて→脱いで→被って…

さて、なぜ「カブリモノ」にしたかというと、上の写真をご覧下さい。口元にアルコールセンサーがついている。酔っ払いと思しき人物が下のように被って、息をハァーとセンサーに吹きかけると、ピコーンとチョウチンが光って「こいつ飲んでるぜ」とアンコウさんが教えてくれるというわけなのだ。

それで名づけて「チョウチンアルコールセンサー」。しかし説明ナシでは、誰も「“アルコール”と“アンコウ”をかけてる」ってことに気づいてはくれなんだ。思ってた以上に苦しいダジャレだったらしいぞ。

RIMG3691_photos_v2_x2.jpg
でもヒレとかは自画自賛したい。目が白目剥いてるのも深海住まいらしくていいのではないか。

会場ではさすがに、実際に飲んでプハァーと実演するわけにもいかず、ずっとエタノール嗅がせていた。たまに子供も「かぶらせて」と寄ってくるが、実に説明しづらかった。

RIMG3706_photos_v2_x2.jpg
か、かわいい・・・。
RIMG3702_photos_v2_x2.jpg
ついでに光るイワシ触ってく。ヒカリモノとカブリモノでお子さんをわしづかみだったとか?!

思えば、カブリモノである必要はまったくないのだ。被りながら酒飲んで光ったからってどうする。飲んで酔ってることはとっくにわかってる。

例えば飲酒検問で、警官が被疑者に被せて検査するのが、利用法といえば利用法だ。警察のイメージアップ、そして被疑者も、童心に帰って素直に検査に応じる、かもしれない。

km02_photos_v2_x2.jpg
このまま飲んでたら暑くて暑くてしょうがない。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ