広告企画 2022年11月28日

「タコスってそもそも何?」「こぼさず食べる方法はあるの?」タコスの基礎をおさらいする

タコスが盛り上がっている。

渋谷を中心にタコス専門店が増えつつあり、タコスラバーが続々と集い始めているという。

このタコスムーヴメントに後押しされて、東京カルチャーカルチャーではタコスイベント『渋谷でタコス!』の開催が決定。

注目を集めるタコスについて、Ocho Taqueria Mexicanの森さんと井上さんにお話を伺った。
 

どうでもいいことを真剣に分析してみる記事をたくさん書いているエンタメライター。音楽や映画が特に好き!

前の記事:「ビートボクサーはなぜ戦うの?」「サビはあるの?」ヒューマンビートボックス初心者がプロに疑問をぶつけてみる

> 個人サイト note

001.jpg
渋谷区神宮前の Ocho Taqueria Mexicanへやってきました
002.jpg
雰囲気!

こちらが今回の登場人物。

003.jpg
おはなしを聞かせてくださった井上さん(左)と森さん

井上誠さん:Ocho Taqueria Mexican オーナー。食品商社勤務後、人々が楽しく集う空間を作りたいと思い、メキシコ料理店「Ocho Taqueria Mexican」を2018年10月にオープン。かつてブルックリンで食べていた思い出の味が忘れられず、タコスを看板メニューに据える。おすすめの楽しみ方は、タコス×フローズンメスカリータ。

森奈生美さん:出版社勤務の傍ら、夫の店を手伝っているうちに、すっかりタコス好きに。都内を中心にタコスを食べ歩く中で、その美味しさと度量の広さ、そして各店の個性に魅せられる。お気に入りはCarnitas(豚の煮込み)。

まいしろ:デイリーポータルZのライター。タコスのことをずっとタコライスの略だと思っていた。

古賀及子さん:デイリーポータルZ編集部。タコスは専門店で2回くらい食べたことがあるはずなのだけど印象があいまい。

タコスを理解したいなら中華にたとえるといい

まい:それでは早速、タコスとはなにかをお聞きしたいです!

森:タコスは、トルティーヤとサルサと具を組み合わせたメキシコ料理です。

004.png
これがタコスのフルセット、タコスプレート。自分でタコスを組み立てる楽しさも!

森:トルティーヤはとうもろこしを石灰処理した粉を捏ねて焼いたもので、サルサは「ソース」という意味ですね。

古賀:サルサってものじゃなくて概念だったんだ!

まい:森さんのタコス歴は何年ぐらいなんでしょうか?

森:実はまだまだビギナーなんですよ。もともと「皮で巻いた料理」が好きだったんです。

005.jpg
タコスに出会う前はこういう北京ダックが大好きだったという。

森:それでタコスに出会って、皮に巻いてあるうえにシンプルで自由なところが好きになりました。

まい:「メキシコ料理」ではなくて「タコス」が好きなんですか?

森:メキシコ料理は「好き」ですが、タコスは「愛」です

まい:急に名言が!

森:タコスを食べると心も体も満たされるんです。楽しい気分になるんですよ!

006.png
身振り手振りでタコスへの愛を熱弁する森さん

まい:では早速そんなタコスを注文したいんですけど……。

007.jpg
メニューが全然読めなかった。

まい:すいません、先にメニューを解説してもらってもいいですか...?

森:まず、メキシコ料理には「元祖メキシコ料理」と「アメリカンメキシコ料理」があって、後者をテックスメックスと呼ぶんです。

古賀:中華料理に「ガチ中華」と「町中華」があるみたいな感じですね。

まい:なんてわかりやすい例えなんだ。

008.png

古賀:タコスとブリトーはどう違うんでしょうか?

森:タコスは具を上に載せますが、ブリトーは具を巻きますね。

まい:巻き方で名前が違うんだ!

森:あとは大きさですね。中華でいうとタコスは餃子、ブリトーは春巻きのポジションでしょうか。

009.png

まい:中華でたとえるとすべてが頭に入ってきますね

古賀:このケサ...はなんでしょうか?

010.png

森:ケソはチーズという意味で、トルティーヤにチーズを挟んで焼くとケサディーヤです。

まい:すごい!かなりメニューが読めるようになってきたので、このままドリンクメニューも理解したいです!

森:うちはテキーラとメスカルというお酒を置いています。

011.jpg
瓶がめちゃくちゃかっこいい。

森:テキーラもメスカルもリュウゼツランという植物から作られているんですが、品種や地域、作り方によってお酒の名前が違うんですね。

まい:シャンパンとスパークリングワインみたいな感じですか?

森:そうなんですけど、シャンパンで例えるとメスカル派の人に怒られるらしいです。

まい:危なかった...…。

012.png
メニューを解説してもらったので無事にタコスを注文できた!
013.png
巻いて持つと、いかにも「タコス」
014.png
おいしい〜!!!
015.png
こちらは組み立てた状態で提供される通常のタコス。具を多くしてもかわいい!

ひとくちで食べる覚悟があればタコスはこぼれない

まい:実際に食べてみて思ったのですが、タコスは主食かおかずのどちらなのでしょうか?

森:おかずでも主食でも軽食でも食べられるのがタコスの良いところの一つですね。

まい:森さん、どんな質問でもタコスを全肯定してくれる。

森:個人的には、お酒と一緒に食べるタコスが一番好きです。

まい:あと、タコスの「タコ」ってなんなんでしょうか?

森:諸説あって、正確なところはわからないようです。

016.png
ついでに「『タコスなのに蛸が入ってない』ってジョーク、けっこう言われたりするんですか?」と聞いたら「一度もありません。すみません」と申し訳なさそうに言われてこちらが申し訳なくなった。

まい:せっかくなのでタコスについての疑問をまとめて解消したいんですが「TACOTUESDAY」ってなんなのでしょうか? イベントの企画書に書いてありましたよね。

017.png
日程を相談する資料にかかれていた「TACOTUESDAY」の文字

森:「火曜日はタコスを食べよう!」というアメリカの文化ですね。どうやらメキシコ料理店のキャンペーンとして始まったらしいんですが、正確な発祥はわからないです。

まい:あと、タコスとタコライスは似ている料理とされることが多いですが、タコライスのことをどう受け止めているのかも気になってました。

森:タコライスは遠い親戚だと思っていますね。

まい:(近くはないんだ)

森:「沖縄の米軍が好んで食べていたタコスのお米バージョン」として生まれたという認識ですね。

まい:なるほど。あとやっぱりタコスを食べて思ったのですが、タコスをこぼさずに食べる方法ってないんでしょうか...…?

森:なるべく少ないステップで食べるといいですよ。私はだいたいひとくちで食べます。

018.png
プロの食べ方を見せてもらう。
019.png
すばやく大きなひとくち。

まい:すごい!

古賀:本当にひとくち!

まい:早さと覚悟が違う!

020.png
でもちょっと大きかったらしい。
021.png
大きいものなら3口ぐらいがおすすめだそう。タコスを食べるときは「大きく食べきる」という覚悟を持とう!

トルティーヤは作ってもおいしい

タコスを食べ終わったあと、トルティーヤを作らせてもらえることになった。

022.jpg
左がオーナーの井上さん。トルティーヤ作りを教えてくれる
023.jpg
まずは粉をボールにいれて...…
024.jpg
水を入れながら混ぜていく

耳たぶぐらいの硬さになったら、小さくちぎって丸めていく。

025.png
泥団子を作っているような気持ちになるな...と思っていたら「泥団子みたいなもんです」と言われた。見た目も近い。
026.jpg
ここでどれだけ丸くできるかが重要だということを、このときはまだ知らなかった...

トルティーヤはさらさらした砂のような独特の手触りで、こねているとストレスがどんどん解消されていくのを感じた。

これからは疲れたときはトルティーヤを作るといいのかもしれない。

丸めた後は、機械を使って一気にトルティーヤを伸ばしていく。

027.png
レバーを持って...…
028.png
ペタンとつぶす。
029.png
トルティーヤっぽくなった!!!

急にぺったんこになったトルティーヤの元が出てきて感動した。

030.png
この機械が楽しすぎて「おにぎりとかアンパンとかもペッタンコにさせてください!!!」と言おうとしたが申し訳ないのでやめておいた(ときの顔)
031.png
こうしてできたトルティーヤを、鉄板で軽く焼いていくと...…
032.jpg
トルティーヤができた!!

丸めるところできれいな球にしておくと、つぶしたときに形がきれいになるという。

さらに、井上さんいわく、焼いてから10分蒸らすと一番おいしいらしい。

033.png
少し鼻から離れても香ばしいにおいがする。

冷めたトルティーヤと、焼きたてのトルティーヤでは味が全然違った。

森さんさんに「ぜひ手作りしてください!」と言われたが、確かに家で作れば楽しさもおいしさも倍増するのかもしれない。

034.jpg
家でも20分ぐらいで作れるタコス。おいしくて楽しいぞ!

森さんは、タコス好きの、タコス好きによる、タコス好きのためのイベント「渋谷でタコス!」を開催するという。

意気込みをお聞きしたら「最近のタコス界隈はすばらしいので、私などがイベントをしなくても勝手に盛り上がると思いますが、自分もそのムーブメントの細波になれたらと思ったんです」と力強く語ってくれた。

すでにタコスが好きな方、これからタコスを好きになる予定がある方、ぜひイベントに足を運んで欲しい。

shibutaco_1200x1200_2.png
大好評すぎてトルティーヤワークショップ付きチケットは売り切れてしまっておりますが、3タコス付の一般来場チケットはまだ間に合います!! オンライン視聴チケットもある!

 

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ