特集 2019年5月10日

昭和ファンシー紙袋の偽物を作って本家に見てもらった

偽ストップペイルと、本物ストップペイルの邂逅。

知り合いの古文房具屋さんが、SNSで「ストップペイルのパチもん包装紙を見つけた」と写真付きで呟いているのを見て、「おおっ!」となった。

このパチもんストップペイルがとてもゆるくて面白かったのだ。

じゃあ僕も対抗して偽ストップペイル作ろう!っていうのがいつものデイリーポータル的な流れなんだけど、今回はそこからなぜか「本家ストップペイルのデザイナーさんにインタビュー」ということになってしまったのだ。

なにがどうしてこうなった。

1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。(動画インタビュー)

前の記事:実家からっぽくスマホを送りたい

> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

ストップペイルって、これですよ

ところで、そもそも『ストップペイル』って聞いて「あー、はいはい」と応えられる人はそんなにいないと思う。

でも実物を見たら、30代~50代の人なら結構な確率で「あー、はいはい」となるんじゃないか。紙袋/包装紙で、赤枠で仕切られた中にかわいいものがいっぱい並んだ柄の名前が、ストップペイルなのだ。

001.jpg
見たことないですかこれ。あー、はいはい、ってなるでしょ

昭和の頃は、全国の学童系文房具店とかファンシーショップで使い倒されていたので、記憶に残ってる人はわりと多いはず。

僕は昭和48年(1973)生まれなんだけど、小学校近くの文房具屋で消しゴムとか買うと、だいたいこのストップペイル柄の紙袋に入れて渡してもらっていた。

そういうウキウキ気分の買い物の記憶と直結してるので、いま改めて見ると身震いするぐらい楽しくなってくる。

002.jpg
昭和ファンシーの煮こごりか!というほどにファンシー極まった柄。かわいい。

墨赤の2色印刷で、赤のぶっとい枠に、昭和の女子児童が好きそうなものやキャラのかわいい絵、謎のローマ字。

当時、少女漫画でコマ外に作者のセルフツッコミや近況報告をローマ字で書くのが流行っていたので、謎ローマ字はその流れなんだろうな。

(ファンシーイラスト神こと水森亜土さんもローマ字多用していた)

とにかく全方位的にザ・女子という雰囲気の紙袋なんだけど、僕ら男子も「うーん、まぁ文房具屋さんの紙袋ってこういうもんだよね」ぐらいで受け入れていたような気がする。

というか、昭和40~50年頃って、こういう雰囲気のイラストが社会的に溢れていたので、違和感も感じなかったんだろう。

003.jpg
底に『ストップペイル』って書かれていたけど、当時はそれが柄の名前だとは気付かず、こういう紙袋のことを英語でストップペイルと言うのかな?ぐらいに思っていた。

対して古文房具屋さん(以前に『鉄板に鉄板ギャグを書く』記事でもお世話になった中村文具店)が見つけてきたパチもんストップペイルはこちら。

004.jpg
パチもんは本物よりイラスト豊富(20柄)。そして壮絶にゆるい。

うむ。本物と比べると見事なゆるさ。

赤枠にイラストにローマ字という文脈はきっちり踏まえているので、遠目にはちゃんとストップペイルなんだけど、そのイラストの雑さ、ローマ字の適当さがすごい。

線もガタガタだし、猫のキャラクターも「うーん、ギリだよ?」というぐらいでギリギリ猫だと分かるレベル。全体的にちょいちょいスペルミスもある。

ここまで徹底的にゆるいと、逆に嬉しくなってくるな。

005.jpg
かわいい猫(左)と、猫的ななにか(右)。パチ側の仕上がりの低さに震える。

あと、本家のイラストからちょいちょいデザインをいただいてきてるのも、パチもん感があって楽しい。

例えば本家ストップペイルで「猫がママのお手製エプロンを着ようとしてるイラスト」が、パチもんでは「猫がおニューのドレスを着ようとしてるイラスト」に変わっている。

パチ絵の完成度が低すぎて気付きにくいけど、構図的には結構キワキワなラインだぞ。

006.jpg
模写にしても普通にヘタだなキミは、という素直な感想。

こちらは、ストップペイルという名前の由来になったと思しきバケツ(Pail)のイラスト。完全に丸パクりかと思いきや、ローマ字をよく読むと本家が「お砂遊び」なのに対して、パチは「泥んこ遊び」になってる。

微妙に変えてきたな。そして変えたからセーフだと思うなよ。

007.jpg
思わず「そう来たか!」と膝を打ったパチ側の改変。

個人的に最高なのは、本家の「瓶入りの星形キャンデー」がまるっとそのまま「星の砂」になってるところ。

沖縄が本土復帰(1972)して観光地としてメジャーになった頃に、お土産物として瓶詰めの星の砂がブームになった時期があったのだ。

それにしても「ピカピカ」とはどういうことだ。星の砂、光らないぞ。

008.jpg
パチにおける、「リンゴ・ニンジン・トマト」の怪物体っぷり。どれひとつおいしそうじゃないのもいい。

こちらは一見するとパクりに思えないが、実は本家のうさぎの足元にあるバスケットだけを抜き出して、別の柄にしてしまっているのだ。

ちなみに本家のバスケットの内容は「ニンジン・リンゴ」で、パチは「リンゴ・ニンジン・トマト」。サービスで一品足しときましたとでも言うつもりか。

009.jpg
結局のところ、なんでリンゴの木に星なのかは謎だな。

唯一、本家の方に待ったをかけたいのが「アップルツリー」だ。

なぜかAPPLEと言いつつ、木に鈴なりになってるのがリンゴではなく、星。ローマ字も「ピカピカ、ピカピカ、食べたいな…」という謎コメントである。

もちろんパチの方も、果たしてリンゴなのか確信を持ちづらい仕上がりではあるけれど。

…と、こういう楽しいのがいくらでも見つかるので、眺めていてもまったく飽きることがない。

これだけ楽しいと、そりゃ「わー、僕もパチもん作ってみたいー!」って気持ちになるだろうよ。

なので、作るよ。

いったん広告です

平成版・大人の子向けストップペイル(偽)作成中

先ほどのパチもんストップペイルが作られたのは、「星の砂」のくだりから考えて昭和50年〜60年あたりではないだろうか。

本家もパチも、つまりはその頃の女の子が「かわいい!」と感じるテイストをこれでもかと詰め込んだようなテイストである。

そこで、ストップペイルで育った我々の世代が大人として過ごしてきた平成時代の“大人の子向けストップペイル”ってのはどうだろうか。

010.jpg
令和に残したい「平成の大人が喜ぶ紙袋」を目指すのだ。

イラストは大前提として本家を踏まえつつ(要するにあの絵柄をパクって)、大人が好きなものや、かわいいと感じるものをぎっしり詰め込むのである。

ということで、まずは手描きであの感じを模写しつつざっくりとラフを作ったら、それを元にPCでイラストの描き起こし。

デジタル描画はもちろん、プロの妻にお願いした。便利。

011.jpg
「あのザラザラの荒い線が欲しいんだよねー」と妻に発注してみた。あー、この感じこの感じ。
012.jpg
袋づくり作業は、四角くてカドがきれいに塗れる「GLOOスティックのり」(コクヨ)が便利だった。隅っこの糊がはみ出さなくていいねー。

墨・赤に版を分けたイラストを配置して、手書き風フォントでローマ字も入れ込む。

あとはクラフト紙に展開図としてプリントしたら、貼り合わせて紙袋(今回はマチ付きの角底袋)化すれば、平成版のパチもんストップペイルの完成である。

平成版・大人の子向けストップペイル(偽)完成

ということでこんな感じなんだけど、どうだろう。

013.jpg
手前が自作の平成版パチもん。印刷の都合(展開図がA3までしか出力できなかった)ので、本家よりちょい小さくなった。でも、なかなかにストップペイルだぞこれ。
014.jpg
底にもちゃんと名前を入れました。ベタだな。

我ながら見事にストップペイル感が出せたんじゃないか。うん、ぽいなー。ぽい。

出力に4色のレーザープリンターを使ったので、あのストップペイルっぽい明るい特色赤が再現できなかったのと、昭和っぽい紙の黄ばみが無いのが痛いが、でもちゃんとかわいく作れたと思うんだ。

015.jpg
イラストはこんな感じ。どこをどう本家からいただいたかは、前ページと見比べて欲しい。

ちなみにイラストの内容は、

上段から
「一人焼肉」「変な動きをする猫の動画」「意識高い系ミートアップで名刺交換」

中段
「詫び石」「こじんまりとかわいいマイハウス9畳1K駅近」「会社で未だにやってるマインスイーパー」

下段
「ストロングゼロ」「発泡酒で宅呑み」「ボストンダイナミクス社のロボット犬」

…という構成。平成の大人の「かわいい!」と「大好き!」満載である。

016.jpg
ついでに、懐かしのファンシー猫柄ショップテープで閉じておく。懐かしいけど実はショップテープはまだ現行品(ニチバン)。

あと、個人的に特にこだわりたかったのは、版ズレ。

版ズレというのは印刷用語で、ストップペイルの場合だと赤の版と墨の版をそれぞれ分けて印刷してるんだけど、その時に位置合わせがうまくいかずにズレてしまうトラブルがある。ぶっちゃけ、印刷ミス。今なら印刷物全回収レベルの話だけど、当時は平気で流通してたのである。

そしてこのズレが今見ると、なんともいい味わいなのだ。

なので版ズレも再現したいんだけど、これはプリンターだとまず発生しない。

そこでもうイラストデータの時点で赤と墨のレイヤーをわざとズラして、版ズレを意図的に出してみた。

017.jpg
左が本家の版ズレ、右が平成版のわざと版ズレ。

情けないことに「えいやっ!」とズラす度胸が足りず、本家ほど豪快&かわいい版ズレにはできなかったんだけど、それでも満足である。

ここからまさかの本家方向へ

さて、今回の記事を書くに当たって「いちおうストップペイルについてある程度は調べておかないとなー」ということで、一応あれこれ資料にあたったり検索をかけたりしてた。

というか、実は今回調べるまで、ストップペイルは店舗用品や什器でお馴染みのシモジマが作っていた、ということすら知らなかったのだ。

(シモジマのオリジナルブランド「HEIKO」の包装紙ラインナップ)

018.jpg
タイミングの良いことに、懐かしのHEIKO包装紙ポーチがガチャで販売中。もちろんストップペイルもある!

そこでひとまず「ストップペイルって最近見ないけど、もう廃版なんですかねー。あと、いつぐらいから発売されてたんですか?」ぐらいが聞ければいいやと思って、シモジマに直接メールをしてみた。

すると、なんとありがたいことに、シモジマの商品企画部の偉い方からこちらに電話がかかってきたのである。

で、お話をさせていただいてるうちに「ストップペイルのデザインナーさんに直接お話を聞いてみます?」ということになってしまったのだ。

えええ。いいの?

いったん広告です

本家ストップペイルの話を聞いてきた

ということで蔵前にあるシモジマ本社でセッティングをしていただき、小学生の頃にさんざん見てきたあの包装紙を作ったご本人にお会いしてきた。

019.jpg
ストップペイルの生みの親、板垣さん。すごく上品で優しい方でした。

ストップペイルをはじめ、昭和~平成のシモジマのファンシー系包装紙を数多くデザインされてきたのが、こちらの板垣順子(いたがきよりこ)さん。

現在は引退されているとのことだが、イラストレーター・テキスタイルデザイナーとして1970年ごろから活動されている大ベテランだ。

020.jpg
ちなみに前ページでも紹介した包装紙ポーチ、6アイテム中3つ(トレイン、ストップペイル、ラブリー)が板垣さんのデザイン。すげぇ、全部知ってる柄だ。

ストップペイル以外にも、これまでイトーヨーカドーの包装紙デザインをされたり、ワコールやイトキンのテキスタイルを担当されたりというスゴい方である。

「シモジマのキティちゃんを作ろう!」

きだて ストップペイルをデザインされた頃って、いつぐらいでした?

板垣 1970年代のはじめの方だったと思うんですけど…。当時、そんなに絵も売れてなかったので、デザイン専門学校の雑用係みたいなことをしながら活動していたんですね。私が25~6歳の頃です。

そしたら、そこの先生が「キミの絵に合うところがあるから」って新川(当時は中央区新川にシモジマ本社があった)に連れてってくださったんですよ。

きだて そこからシモジマさんとのお仕事が始まるんですか。

板垣 その最初に伺った時に即決でお仕事をいただくようになりまして。そこからはかなり頻繁に新川に通うようになりましたね。

そこでは、外部のデザイナーが社長(先々代社長の下島通義氏・故人)と直接にあれこれ話をしながらデザインを考える、みたいな雰囲気で。

きだて あー、活気がある感じですね。

板垣 で、社長がいろんなところからかわいいデザインのものを見つけてきては「板垣さん、今度はこういうのをやろう」みたいな話をするんですよ(笑)

だから、ストップペイルもそういう流れの中でわりと初期に頃に作られたものだと記憶してます。

 実際のところ、確実な「ストップペイル、いついつ発売開始」というデータはシモジマにも残ってないそうだが、ひとまず1970年代の前の方ということで間違いなさそうだ。

板垣 そういえばサンリオのキティちゃんが出始めたとき(1974)なんかは、社長が即、キティちゃんのいろんなアイテムを買ってきて「シモジマのキティちゃんを作ろう!」って言い出して。

きだて わー!

(シモジマ) でも、ストップペイルはオリジナルですよ!

ちなみに弊社が来年100周年を向かえるので、いま社史を作ろうといろんなところから資料をお借りしてきてるんですけども…これ板垣さんのデザインですよね。「チャミー&メメ」って。

板垣 あら懐かしい。メメってその頃飼っていたうちの猫の名前ですよ。どういう絵だったかしら……(確認中)

021.jpg
ところでこの「ポニー&キュート」って、もしかして社長が「サンリオのパティ&ジミーを作ろう」って言ったんですかね…

板垣 ……私の絵と言えばそうなんですけど、サンリオさんの影響は、ねぇ(笑)

きだて いやー、でも、70年代のファンシーって、だいたいこういう方向性でしたよね。「かわいい」の軸が今より少なかったのかも。

板垣 いろんな猫のキャラクターも描きましたけど、でも結局、これもストップペイルの猫ですよね。ちょっと柄が入ってるぐらいで。私が猫を描いたらこうなるんですよね。

022.jpg
「チャミー&メメ」。見返すと、確かにストップペイルの猫にも「メメのエプロン」って書いてある!

きだて あっほんとだ。

板垣 猫以外にも、ストップペイルのキャラクターって、他のところで私がいろいろ描いていたキャラクターを寄せ集めた感じなんですよ。この頃から忙しくなり始めていたから。

だから、ストップペイルのためだけに描いたキャラクターというのは無かったように思いますね。

なんと。ストップペイル、板垣さんの初期キャラクター集だったのか。

板垣アベンジャーズですね!と言ってみたが、それはスルーされた。

と、ここがちょうどいいタイミングだと思ったので、あの「APPLE TREEなのに星」問題についても聞いてみた。

きだて ところで、ストップペイルの「APPLE TREE」って柄、なんでリンゴじゃなくて星なんですか?

板垣 なんでだったかしら…覚えてないわ。

あれー?さすがに40年以上前のことだし、記憶にないそうだ。

明確な回答が得られず、残念。

きだて ちなみに、ここに昭和時代に出てたであろうストップペイルのパチもんがあるんですが、こっちはちゃんと「APPLE TREE」がリンゴですね。

023.jpg
ここでしれっと、パチもんストップペイルをデザイナー本人に見てもらうという暴挙に出た。

板垣 あらー、ほんとね。あはは、これもなかなかかわいいわ。

きだて 当時からこういう偽物の存在は把握されてました?

板垣 結構いろいろと出回ってましたよね。私も何度か見たことあります。シモジマさんもご存知でしたよね。

(シモジマ)ありましたね。

きだて でも自分の作ったデザインの偽物って、やっぱりイヤじゃないですか?

板垣 うーん、でも「なぁなぁ」みたいなところもあったから、あまり気にしてなかったというか。やっぱり、そういう時代の雰囲気でしたね。

きだて ちなみに、つい先日に『’70s & ‘80s サンリオのデザイン』という本が出まして、それをパラパラと見てると、1975年のところにこういうのがありまして。なんとなくストップペイル風味というか。

024.jpg
『’70s & ‘80s サンリオのデザイン』(グラフィック社)P21より、キティちゃんのハンカチ。

板垣 あら。

きだて 75年ということは、おそらくストップペイルより後に出たデザインですかね。

(シモジマ) ……あのう、ウチでもこういう柄が。

025.jpg
シモジマさんの包装紙台帳から。確かにこれは…!

きだて これは…!

板垣 これサンリオさんのですか?っていうぐらい(笑)やだわ、私がやったんですよねこれも。はずかしいわ。

(シモジマ) これは70年代半ばだと思います。

きだて そうなってくると、どっちが先か。

板垣 いや、サンリオさんが後ってことはないと思うから…

平成版のパチもんストップペイルも見てもらった

今ならなんとなく許してもらえそうな話の流れだ!と感じたので、このタイミングで僕の平成版パチもんストップペイルも板垣さんに見てもらうことにした。

きだて すいません、実は今回、僕もストップペイルのパチもんを作ってきてまして…ぜひ板垣さんにご覧いただければと…

板垣 あらー!(笑)わー、これはすごいわ。かわいいじゃないですか。

きだて ストップペイルって、昭和の女の子が好きなものを集めた感じじゃないですか。なので、対抗して平成の大人が好きなものばかりを揃えて。

026.jpg
勝手ながら僕のパチもんストップペイル、この笑顔の写真をもって「ご本家からのお許し出た」と判断させていただきます。

板垣 あははは、ほんとだ、うさぎもオヤジ臭がありますね。かわいいわー。ちょっと写真撮ってもいい?

(シモジマ) あのう、我々も撮らせてもらっていいですか?

きだて わわー!(まさかの本家デザイナーさんとメーカーから写真を撮られると予想してなくて、超焦ってる)

板垣 さっきの昭和の(パチもんストップペイル)よりもこっちの方がかわいいわ。これだけ作り込んでもらえたら、私もうれしいです。

きだて やったー!


最初は単に懐かしのパチもん作ろうとしただけなのに、とんとん拍子に本家のデザイナーさんに見てもらえて、さらに「私もうれしい」とまで言っていただけた。
もうこれ以上のゴールないな!という心境だ。
あと、「版ズレがかわいいのでわざと再現しました」という話をすると、板垣さんも「そうそう。このズレがかわいいのよね」と同意してくださったのも最高だった。

お月さま お星さま
お月さま お星さま
posted with amazlet at 19.05.10
平和工業
売り上げランキング: 58,690
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓