特集 2018年12月3日

みんなで決めよう!指輪ケースに入れたいもの

プロポーズでよく見るあの指輪の箱に何を入れたいか、という話です

誰しもが一度はテレビなどで見たことがあるだろう、四角い箱をパカッと開け、指輪を見せプロポーズをする…というシーン。とてもドラマチックな光景である。あのシーンが映えるのはきっとあの箱がいいものだからだ。

先日シモジマ(包装用品が無限にある店)でその指輪ケースを見つけた。これって単体で売ってるものなんだ、しかも400円程度で…とつい買ってしまった。

これはきっといい箱なので、指輪以外にいろんなものを入れてもいいのではないだろうか。何を入れるのが良いか決めよう、みんなで。

埼玉生まれ、神奈川育ち、東京在住。会社員。好きなキリンはアミメキリンです。右足ばかり靴のかかとがすり減ります。(インタビュー動画)

前の記事:映画紹介イラスト風に、最終的には実家を紹介する

> 個人サイト のばなし

指輪ケースに込めるもの人それぞれ

というわけで本日参加してくれたのは編集部の古賀さんとライターの爲房さんという頼もしいメンバーである。

02.jpg
左から筆者(北向ハナウタ)、古賀さん、爲房さん

指輪ケースはふたつのサイズを用意した。いわゆる婚約指輪を入れる真四角のサイズと、ペアリング用の横長のものだ。

03.jpg
このペアリングという概念がよもや伏線になろうとは

今回総勢9点ものケースに入れる候補が集まったが、大きく分類すると「ドラマチックな演出をしたいもの」「高級感を持たせたいもの」「取り出したときの意外性を狙ったもの」の3つに分けられた。

ではでは言い出しっぺの筆者からさっそくはじめよう。

No.1:意中の相手からもらいたい小悪魔アイテム

ハナウタ:じゃあまずは自分から…初めに指輪ケースという容れものを考えた時に、自分で使うものなのか、それとも相手に対して渡すものなのか、というとこからスタートして

古賀:あーー、容れもの自体の意味を考えるって事か!

04.jpg
提案者は他の参加者に見えないよういそいそセッティング

さて、はじめにお伝えしておきたいのが我々がすでに”指輪ケースに入れたいもの”を考えすぎた上で臨んでいる、いわば指輪ケースリテラシーが高まった状態であるということ。

この3人だけで共鳴しているシーンが時折あると思うが「なんかわからんが楽しそうにしてんな」とあたたかい目でいただけると幸いである。

ハナウタ:とりあえず”意中の相手から渡された時にもらって嬉しいもの”を詰めました

古賀:へー、ちょっとハナウタさんらしいね。そういうストーリー込みでね

05.jpg
おれの一手目が…(ゴクリ)
06.jpg
こちらです!

爲房:あー!

07.jpg
絆創膏!

古賀:なるほどー!サイズぴったりじゃん!

爲房:こんなぴったりに!?

はまり具合に歓声が上がる。そう、意外とこの箱にしっくりくるサイズのものって難しい。

古賀:マイメロディってことは女の子だよね、まじかー

ハナウタ:ケガした時にこれされたら嬉しい…あっ、結婚しよう、って

古賀:ちょっと小悪魔感あるよね

ハナウタ:ありますね、 常に相手に渡すタイミング狙ってなきゃ出せないですからね…

08.jpg
相手がケガをするタイミングを待ち構える女子の是非が問われる

古賀:私、ストーリーとか、相手に渡すというのは考えてなかったなあ

爲房:これはいいなー

古賀:これはいい、これはいい。異性に、っていうねぇ…

09.jpg
それにしても古賀さんの漫画のような表情

上々の反応にほっと胸をなでおろす。よかった、いかんせん企画者すら探り探りなのだ。

10.jpg
古賀さんの漫画のような表情よ

以降、メンバーのテンションは強い勢力を保ったまま日本を北上していくものである。

続けて「取り出したときの意外性」に目をつけたのが古賀さん。

No.2:100点のアハ体験

ハナウタ:古賀さんが「100点のやつ持ってきます」って言ってて

古賀:そうー、正解なのよ。正解だからこそかぶりそうだなと思って

11.jpg
すごい自信だ

古賀:私は今回の大会にあたり編集部でブレストしました。

当日いた私、橋田、石川で話し合った結果、この3人の中ではこれが正解だろうと。このようなフワフワしたものに入って仰々しくっておかしいもの。ストーリーはないんですけど。

12.jpg
この3人が考えました

古賀:ちょっと待ってこれどんだけ刺さるんだ…できました。

13.jpg
古賀「こちらです!」

浮かび上がる"なんだこれは"感。クリップのような銀色のパーツ。引っ張ってください、という古賀さんの指示のもと引っ張ると…

14.jpg
ハナウタ「なになになに」

ハナウタ・爲房:あーーーーー!

15.jpg
3人「SIM出すやつ!」

爲房:あー、100点の正解が…!

古賀:橋田さんがこれがいいって

ハナウタ:出した瞬間わかるのがいいですね

古賀:これこそ女の子がSIMを乗り換えてね。アレがないないって言ってた時に、男が「あ、俺あるよ」みたいな

16.jpg
さっきの流れに感化された古賀さんが、絶対当初の構想になかったストーリーをあとから足している。どんな男なんだ

ハナウタ:この銀色の感じが指輪ケースに馴染みますね

古賀:挿すとクリップかなと思っちゃうんです。が、違うんです

17.jpg
「が、違うんです」の顔

出す楽しみ、という視点はなかった。あのSIMのやつ(正式名称不明)、どこにしまえばいいかわからないしなぁ。

No3:この企画で避けては通れないお菓子

次は爲房さんのターン。参加者に「1、2点持ってきてください」とお伝えしたところ爲房さんはなんと4つも用意をしてくれた。ありがたい。

18.jpg

爲房:こんなベタなやつをやっちゃっていいのかなって迷ったんですが…最初のやつはこれです

19.jpg
このリング状のお菓子は…

ハナウタ:あーそうそうそう!!(理解)

古賀:ポテコか!

そう、ポテコはこの戦いにおいて王道なのだ。であるからして実は…

20.jpg
筆者も持ってきてました、の図

ハナウタ:なげわとかもあるんですよね

爲房:そう、幅が細いんですよ

古賀:すっかりあるあるみたいになってるけど

21.jpg
爲房「実はこれ(ハバネロ)も…」
22.jpg
古賀・ハナウタ「バリエーションー!?」

ハナウタ:こう、デートでスイーツとか食べた後に

古賀:そうね、ちょっと口甘いなってーってときにね

爲房:「あるよ、どうぞ」って

23.jpg
すっかりリテラシーが高くなっている3人

古賀:これもある意味正解ですよね

ハナウタ:これは出なきゃいけないものです

これ出さないと「ポテコがない、やりなおし」って言われるから。

古賀さんが「いいスタートですよ」と満足げにうなずく。いいスタートだ。筆者もそう思う。

24.jpg
何が出るのか…と溜めてパカッと出すのがワクワクする

No.4:ロマンティックが止まらない

ハナウタ:次は、これをプロポーズ用のケースとして使おうと思って

古賀:何を言ってるんだ?

ハナウタ:おれは何を言っているんだ?

25.jpg
ハナウタ「こう、プロポーズ的に使うんです。バンドマンが」
26.jpg
これです、ギターのピック!

爲房:ピック!収まりがいい!

古賀:でも実際にやられたらと思うと…

ハナウタ:多分、バンドマンが曲を作ったんでしょうね

古賀:うわー

ハナウタ:このピックを使って、歌って「結婚しよう」って…

古賀:うわー

爲房:若いか、30過ぎてもプロを目指している感じだ(※個人の感想です)

古賀:そういう人について行ってくれるような女性ですね(※個人の感想です)

27.jpg
※どれも個人の感想です

古賀:”職業結婚指輪”いける気がしますねー。

歯医者さんだったらあのウィーンってやつとか、レッスンプロだったらティーカップのところとか

ハナウタ:カメラマンだったらカメラのメモリーを入れて「ここに二人の思い出を貯めていこう」っつって

古賀:すぐストーリーつけたがる

28.jpg
"ない職業結婚指輪の話"がポンポン飛び出す。悪い顔をしている

古賀:これは泣けるわ、ドラマチック、ロマンチック。

いったん広告です

No.5:ひたすらに格好いい007の世界

ケースとしての格好よさを存分に発揮したのが爲房さんの一品。

爲房:次はこれです

29.jpg
ハナウタ「スイッチだ!」

古賀:電子工作っぽいとこ出してきたなー

※爲房さんは電子工作が得意だ

爲房:押したら何か起きそうなスイッチを…スパイ的なひとが偽装で、押したら終わりのスイッチをこれで持ち運んで

ハナウタ:しゃれてますねー

爲房:007的なやつが

小道具として一直線に格好いい。爲房さんは他にもスパイ的なパーツを用意してくれていた。

30.jpg
鍵と対になって開くスイッチ
31.jpg
片方の箱にはスイッチ、もう片方には鍵。あれだ、リアル脱出ゲームっぽい

爲房:スパイ同士が落ち合った時に

古賀:やー、自分の得意分野を出してきやがって

ハナウタ:これは絶対思いつかなかった

32.jpg
この写真は何かわからない

古賀:この箱も普段指輪しか入れないからびっくりしてるでしょうね、何事だって

あのー、そう、爲房さん毎回箱に入りきれていない。いいけれど。

No.6:英国紳士のたしなみとして

価値観が揺さぶられ続け、爲房さんが幼児に戻ってしまったのが筆者の「箱に高級感を見出した」一品。

ハナウタ:単におしゃれな箱として活用しようと思ったんですが、入るかな…

古賀:自分で箱持ってきて入らないとかある?

33.jpg
いや、全然入らないわ

自分だけ先に箱に入るかチェックしたらずるいかと思って…ぎゅっと詰めたら中で何かつぶれた音がした。ええいままよ!

34.jpg
あの、これなんですけど…

開けると同時にくしゃーと申し訳なさげに現れた紅茶のパック。と同時に、爲房さんの高らかな笑い声。

古賀:飛び出す絵本みたいになってたね

爲房:出るとこもう一回見たいなー

35.jpg
くしゃーと出てくるのになぜかハマった爲房さんがパックを出したりしまったりしていた。幼児のように目がキラッキラしてる…
36.jpg
一方で「袋を取った方がいい感じになるんじゃない?」という発見もあった

ハナウタ:何か海外の良いお茶みたいになりましたね

古賀:脱がした方がしっくり来た

ティーパックって”脱がす”って言うんだ。

No.7:すてきな宝石箱になりました

高級感の流れでもうひとつ、古賀さんから。

古賀:できました、こちらです!

37.jpg
古賀「ブレスケアです!」

爲房:綺麗!

ハナウタ:おー、宝石みたい…!

古賀:ブレスケアってケースで500円するんですよ、そもそも結構いいもの

ハナウタ:これ、そっと差し出されたらショックですよね

「口臭ぇぞ、これ使え」ってことだものな。前に「敬老の日のプレゼントに!」というPOPで脱臭まくらが売られていたことを思い出した。

No.8:宝石箱は素敵なピルケースに

ブレスケアに続くドラッグストアシリーズ。爲房さんの3手目は薬。

38.jpg
ピルケース的な活用術

機能的な一手だ。古賀さん曰く編集部の石川さんも推していたとのこと。みんな行き着くところは同じなのだ。

 

ハナウタ:爲房さん結婚したの今年でしたっけ、こうやって渡したんですか

爲房:全然あとから。買いに行くかって

古賀:欧米だとやるんですかね、謎ですね

爲房さんも古賀さんも指輪をバッと渡す"あのイベント"は体験したことがないらしい。確かに周りでも話を聞いたことがない。あのサプライズは我々の抱いた幻想…?

No.9:そして戦争が終焉を迎える

いよいよ最終局面、最後の最後で爲房さんから会心の一手が飛び出す。

爲房「入った…!」

ハナウタ:いま小声で「入った…!」が聞こえた

39.jpg
何入れようとしてるんだ

爲房:徐々に出てきちゃうんですよ

ハナウタ:何ですか、徐々に出てくるものって

爲房:現象として出てきちゃうんですけど

古賀:なに怖い、ペット?

ハナウタ:クワガタとかですか?

40.jpg
最後にクワガタ出したらもう爲房さん優勝だろうな

爲房:では行きます、徐々に出てくるやつ

ハナウタ:身構えた方がいいですか…?

「ある意味カップル向けかもしれないです」と言いながら姿を現した一品がこちら。

41.jpg
そこには隣で仲良く収まるきのことたけのこの姿が・・!

古賀・ハナウタ:わあーー!

古賀:これめっちゃいいじゃないですかー!おしゃれー!

この日一番の歓声が上がった爲房さんのペアセット。すごい、これは長年続いたきのこたけのこ戦争に終止符を打つものである。

爲房さんいわく、たけのこが入りきらずどうしても徐々に出てきてしまうらしい。

古賀:きのことたけのこが並んで…平和が…

ハナウタ:そうか、先に相手にどちらか好きな方を選んでもらうんだ

古賀:やさしさー

ハナウタ:夫婦感ありますね。夫婦雛だ

ペアリングのケースとして存分に活用されている。これは完敗である。

42.jpg
感嘆のふたり

古賀:なるほどなー、これはペアの意味があるなぁ

みんなで決めよう、指輪ケースに入れたいもの

さぁすべて出揃ったところで一番ケースに入れたいものを選ぼう。

ハナウタ:SIMを出すやつは「なんだこれは」からの展開があったのが良かった

古賀:ピックはねー、ハナウタさんの気持ち悪さが出たねー。そういうとこあるよねって言う、嫌いじゃないですよ

43.jpg
筆者の気持ち悪い部分がばれている

爲房:ピック、(実際に箱に入れたひとが)3人ぐらいはいるんだろうなって

古賀:いやもっといるんじゃないですか 

バンドマンのプロポーズの話になると歯止めがきかない。脱線しかけているので主題へ戻そう。

ハナウタ:きのこたけのこはストーリーがあって良かったですね

古賀:あ、私も!

44.jpg
と、言うわけで
45.jpg
優勝はきのこたけのこの爲房さんです!

プロポーズ用に選んだモノが多い中で、ペアリングをテーマにこれ以上ない選定をしたことが勝因につながったのだろう。さすが、新婚の爲房さんだからこそのハッピーエンドなチョイスだった。満足。


指輪ケースには”背景”がある

指輪ケースに様々なものを詰め込んだ。このケースそのものに物語が含まれているため、適当なものも意味ありげなストーリーが勝手に妄想されていく様が楽しかった。
46.jpg
未公開の裁縫セット。ボタンがほつれた時に、こう、サッと…(筆者の気持ち悪い部分)

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓