特集 2022年5月15日

ガラスに映ってポール・モーリアになりたい

夜、窓を見ると自分の顔が反射して外が見えない。

逆にあれをコントロールできたら景色の上に自分の顔を浮かせることができるんじゃないか。

そう、まるでポールモーリアのようにだ。

1ヶ月に及ぶ試行錯誤をお読みください。
 

1971年東京生まれ。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと世田谷区で活動。
編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。(動画インタビュー)

前の記事:10円でなにが買えるか(デジタルリマスター)

> 個人サイト webやぎの目

ムーディに透けてることをポールモーリアと呼んでいます

僕がポールモーリアと呼んでいるのはこういう写真のことだ。

景色に半透明で重なっていること

ポールモーリアのCDジャケットはこのデザインが多い。色づいた樹々やオーケストラのうえにうっとりとしたポールモーリアが透けている。
(ポールモーリアは1960~80年代に人気があったイージーリスニングの作曲家)

これをポールモーリアと呼んで、過去にはこの構図をアナログで撮るための鏡を作ったり、それを見た読者がアプリを作ってくれたりした。

ポールモーリアみたいな写真が撮れるアプリができてた

それでもまだポールモーリアになる方法を考えている。
Photoshop などの画像加工ソフトを使えばすぐにできるのだが、あくまでもアナログに撮ることにこだわりたい。なぜなら、そのほうがおもしろいからだ。

ここから先はポールモーリアを大音量で聞きながらお読みください。

きっかけはスクランブルスクエア

渋谷の高層ビル、スクランブルスクエアの展望フロアの年間パスを買って何度も登っている。
もしポールモーリアがこの夜景を見たら、ここに自分の顔を浮かべたいと思うだろう。OKポール、その思いは僕が叶えよう。

カメラの前に顔を出してみる​​(本稿の写真でマスクをしてない写真は、周囲に人がいないのを確認してマスクを外しています。息を止めてることもあります)
これはポールモーリアじゃないな

きかんしゃトーマス惑星衝突みたいになってしまった。これは違う。ポールモーリアのロマンが溢れていない。
後ろを見るとデジタルサイネージがあった。 

モニターがガラスに反射している

………!

このモニターに僕の顔が映っていればポールモーリアになるな…。
モニターに僕の顔を出してもらうようにお願いするか…。いや、自分でモニターを持ち込んでしまえばいいんじゃない?

ノートパソコンでポールモーリア計画

ノートPCに自分の顔を映す。それをガラスに反射させて撮るのだ。 

ポールモーリア大作戦の図

展望フロアで仕事をする体でノートパソコンを持っていった。展望フロアにはテーブルもあるのでマックブックを開いている人もいる。もしかしたらポールモーリア仲間かもしれない。

自分の周りは黒くしておいた。これで顔だけがガラスに反射するはずだ。
ゆけ、ポールモーリア!

中央やや左寄りに見える白い丸が僕の顔である。想定通り反射している。思ったより小さいが、撮影でなんとかしたい。

もや~
ポポポ・ポールモーリア

滲んでいる。なんどもピントを合わせようとしても合わない。原因はガラスにあった。46階のガラスは多重ガラスになっていたのだ。

iPhoneを近づけるとこんな感じ。4重ガラス?だろうか。

なんて安全なビル!ポールモーリアにはならないが安心である。

四人ポールモーリアのようなプログレは望んでない。普通のポールモーリアになりたい。 

むしろ普通のビルのほうがポールモーリアにむいているのかも

同じことを事務所のビルで試すことにした。デイリーポータルZの運営元、東急メディア・コミュニケーションズが入るビルは9階建て。ガラスは4重ではないだろう。

夜、会議室の電気を消してパソコンを外に向けて置く
お、ポールモーリア!できたよポール!

ノートパソコン、スマホ、ガラスと一般的な道具だけでポールモーリアが現れた。このやりかただと予め用意した写真だけだが、パソコンにカメラを繋げばリアルタイムにポールモーリアの表情を変えられる。

いや、いっそのこと、顔そのものを光らせればいいんじゃないだろうか。 

こういうことだ。

幸いなことに顔を光らせる装置はBigFaceBoxで制作済みだ。 

BigFaceBoxはレンズで顔を大きくしているだけではなく、内側にLEDが仕込んである
いったん広告です

生顔ポールモーリア

顔を女優ライトのようなもので照らし、それを反射させてポールモーリアになろう。

LEDテープを枠にはりつけた

実験するのは再びスクランブルスクエア46階の展望フロア SKY GALLERYだ。なんども登場しているので正式名称を書いた。 

これをガラスの前で持ち、写真を撮ればポールモーリア…になってくれ!
けっこうポールモーリア!

モニターよりも顔が大きく反射してくれるのでモーリア感が増している。

できたよポール!

やはり顔は多重ガラスのため滲んでしまうが、むしろそのおかげでソフトフォーカスになりポールモーリアっぽさを醸し出している。 

照明とカメラで両手がふさがってしまうのが難点

カメラのモニターを見ると伏せ目がちになってしまうし、なかなか撮るのが難しい。この先の改善点はハンズフリー化だろう。 

ポールモーリアの横で妻は神宮球場をずっと見ていた(こちらの記事

最後のポールモーリア

ハンズフリーにするためにLEDを太めの針金に貼り付けた。これを首に掛ければ両手が空く。転んでも手をつける。

ハンズフリーポールモーリア

この針金部分は首掛けタイプのフェイスガードを流用している。面白そうだったので買ったのだが、フェイスガードは意味ないということになって家に放置してあった。(この商品

これでハンズフリーでポールモーリアが撮れる。 

ポールモーリア、
待ったなし

場所は弊社の会議室。1枚ガラスでピントも合う場所だ。なんの問題もない。ポールモーリアへの旅が終わりに近づいている寂しさを感じつつ、ガラスに向かう。 

僕の目にはもうポールモーリアが見えている。

写真を撮ろう。 

そこに映ったのは夜景と満足げな自分だった。

ポールモーリアはこんな表情はしないが、ハンズフリーでピントがきっちり決まったことに笑みが溢れる。
スクランブルスクエア46階からの景色ではないけど、渋谷駅南口のほどよい寂しさと落ち着きがいい味を出している。
これが僕なりのポールモーリアだ。

外から見たポールモーリア

このとき編集部 石川が会社にいた。ポールモーリアになっていることを説明すると(分かってくれたかどうかは不明)、帰り際に外から撮ってくれるという。

僕はいまロマンあふれるポールモーリアだが、外からその様子も見てみたい。1時間後、ギガファイル便で送られてきた写真がこれだった。 

学校だったら噂になるやつ

オフィスビルに1ヶ所だけ光の温度が違うところがある。そこにポールモーリアがいる。

優雅な白鳥は水面の下では必死に水をかいているという。つまり、裏から見たポールモーリアもそういうことではないだろうか。

まとめは曲を聞きながらどうぞ


PDCAのPはポールモーリア

今回の試みを振り返ってみるとPDCAとしか言いようがない。

考え、試作、写真を見て課題洗い出し、改善。1ヶ月の間にぐるぐるまわした。もちろんこの場合のPはポールモーリアだ。
Paul,Do,Check,Action。
それが僕のPDCAである。

人の自撮りに映り込むポールモーリア
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ