デジタルリマスター 2023年11月16日

だまされてジーンズの街「児島」(デジタルリマスター)

確かに学生服の街でもある

前のページで林さんにだまされたと散々書いたが、児島はキチンと学生服の街でもある。調べると児島で作られる学生服は全国で7割のシェアがあるのだ。7割はすごい。でも街は「ジーンズ」押し。もうデニムで学生服作ればいいのに。

20_photos_v2_x2.jpg
冷静に見ると学生服を作る会社もある
21_photos_v2_x2.jpg
学生服の街でもあるのだ

もらったパンフレットを見ていると、尾崎商事と言う学生服の会社では工場を見学できると書いてあった。早速、電話をしたのだけれど、僕が行ったのが土曜日だったためか留守番電話になっていた。しかし、どうにか学生服を着てきたことを正当化したいので実際に行ってみることにした。

22_photos_v2_x2.jpg
だ~れもいない

門は閉まっており、やはり誰もいなかった。後でネットで調べると土曜日は定休日だった。どうしたものかと思って会社の周りをぶらぶらしていたら、ポスターが貼ってあった。

23_photos_v2_x2.jpg
知ってるよ、だってさっき信号待ちしていたら子供に指差されて笑われたから
24_photos_v2_x2.jpg
あ~頭を抱える
いったん広告です

ジーンズが溢れている

ここで学生服は完全にあきらめてジーンズの街児島を観光して周ることにした。今までの僕は「嵐」のライブを観に来たのに、後ろで踊るジュニアの子ばかり見ているような感じだった。せっかくなのだから「嵐」を見ないともったいない。ジャニーズのライブとか行ったことないけれど。

25_photos_v2_x2.jpg
ジーンズバスとすれ違う
26_photos_v2_x2.jpg
仲間由紀恵さんも児島で作られたジーンズをはいている

児島には国指定重要文化財である旧野崎家があるのだけれど、その建物の前には桃太郎ジーンズというお店の本店がある。岡山といえば桃太郎だから実にいいネーミングだ。

27_photos_v2_x2.jpg
岡山と言えばポンポンポン桃太郎

児島は瀬戸大橋の本州側の起点だからなのかは分からないが、瀬戸大橋の素晴らしさを伝える「倉敷市瀬戸大橋架橋記念館」という施設がある。そして、その施設の中にはやっぱりジーンズの素晴らしさを伝える「ジャパンジーンズパレス」というスペースも設けられている。

28_photos_v2_x2.jpg
倉敷市瀬戸大橋架橋記念館(屋根を歩くことができる)
29_photos_v2_x2.jpg
中ではジーンズも展示されている

僕が行った時は施設の中ではちょうどジーンズのアウトレットセールが行われていて、本来数万円するジーンズが2000円とかで売られていた。残念ながら僕のサイズにあったものがなかったので購入を見送ったがジーンズ好きならたまらないと思う。また入り口で風になびいていたのぼりもデニムでできていた。児島と言う街がジーンズの力を入れているがわかる。

30_photos_v2_x2.jpg

30_1_photos_v2_x2.jpg
生地がデニムなんですよ

この施設は半球の形をしていて屋根を歩くことができる。そろそろ帰りの新幹線の時間が迫っていたので、児島に来た最後の思い出にこの施設の屋根にのぼった。

31_photos_v2_x2.jpg
楽しかったぞ児島~(学生服から私服に着替えました)
32_photos_v2_x2.jpg
僕のジーンズはユニクロです

児島はいいところでした

学生服は完全に浮いていたけれど、児島はいいところだった。ジーンズをここまで堪能できる街はきっと他にはないだろうし、僕は普段はジーンズをはいていることが多いので、ファッションに興味がない僕でも面白かった。
ただ、せっかく7割もシェアがあるのだから、もっと学生服を押してもいい気もした。学生服ミュージアムとかを作ったらどうだろうかと考えたが、学生服は多くの場合「一着買って帰ろう」とかにならないから、仕方がないのかと思い直した。

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ