特集 2018年12月4日

巨大な岩を素手で動かす「ゆるぎ岩」の話

以前移動中に「ゆるぎ岩」という看板を見かけた。それから何年も経って、まったく別の場所にも「ゆるぎ岩」という看板があった。しかし、どちらの看板にも何の説明もなかった。

一体「ゆるぎ岩」とは何なのか。無性に気になってきた。

1984年生まれ岡山のど田舎在住。技術的な事を探求するのが趣味。お皿を作って売っていたりもする。思い付いた事はやってみないと気がすまない性格。

前の記事:料理のフタを開けて光があふれだすと美味しそう

> 個人サイト オカモトラボ

「この道はどこへ繋がっているのだろう」

子供の頃に疑問に思い、誰しも近所で小さな冒険したことがあるはずだ。

僕も例外ではなく、大人になってからも同じように道がどこに続いているのかと行ってみるのが好きだ。

001.jpg
「ゆるぎ岩」という看板を見つけたのはそんな時だった。

「ゆるぎ岩」が何なのかさっぱり分からなかったがその言葉には見覚えがあった。以前違う場所でも見たことがあった。

気になったので調べてみると「ゆるぎ岩」とは、巨大な岩が絶妙なバランスで、かつ少ない接点で支えられている事により、少しの力でシーソーの様に動かすことができる岩のことだそう。

性質上、花崗岩が風化の過程でできる事が多いので、花崗岩が多く分布する西日本では所々にあるらしい。

 

002.jpg
調べてみると西日本を中心にあるが僕の住んでいる岡山県の近隣にたくさんある。

気にした事はなかったが、そんなものがあるのかと居ても立っても居られなくなり出掛けることにした。

岡山県赤磐市のゆるぎ岩

さて、最初に「ゆるぎ岩」という言葉を見た岡山県赤磐市のゆるぎ岩へ向かうとしよう。かなり昔の話なので記憶が曖昧だが、インターネットで改めて場所を調べて向かう。

003.jpg
向かう先の案内板には「石」と書かれていた。その通りだと思う。

しかしこの日は素晴らしい快晴だ。気温も暑くも寒くもない。カーオーディオからはゴキゲンなナンバーを流れてきて、最高のドライブ日和だ。

004.jpg
しばらく行くと「岩神」と書かれた石碑がある。件のゆるぎ岩は「岩上神社」にある。

ここまでは車で来ることが出来るが、ここからは徒歩で向かう。

当然の事だが観光地という雰囲気ではないし、僕以外に観光客はいない。風化した花崗岩を見に来る人はあまりいないようだ。

005.jpg
道路はちゃんと舗装されていて歩きやすい。

さきほどカーオーディオで最後に聴いていたゴキゲンなナンバーが脳内リピートされ、思わず口ずさみそうになる。

もし歌っているところを誰かに見られると恥かしいので、歌わない様に気をつける。

006.jpg
急に視界が開けた。のどかだ。思わず深呼吸したくなる。
007.jpg
岩神神社という看板に従って進む。ここでアスファルトは終わり、山道が始まる。

後ろに民家があるが、ツタが絡んでいるし、生活の気配がないので廃墟かも。

ただ廃墟にしか見えない家からも人が出てくる事があるので、やっぱり歌うのは止めたほうが良い。

008.jpg
竹林を抜け、
009.jpg
なぜか八木アンテナが捨ててあるのを横目に、
010.jpg
どんどん険しくなる道を登る。

散歩くらいのイメージでいたのだが、もはや登山に近い。ヒィヒィ。

011.jpg
明るい場所が見えてくる。
012.jpg
小さな広場があった。目的地が近い。

ここにも人の気配はなく、ものすごく静かなので急に心細くなってきた。

013.jpg
ゆるぎ岩は小屋の奥だそう。
014.jpg
小屋の裏は雰囲気が打って変わって巨石がゴロンゴロンと転がっていた。

矢印が目的地を指し示すが、足場もなく、人が歩くことなんかこれっぽっちも配慮されていない。岩をよじ登ったり降りたりしながら進む。

015.jpg
巨石群の最奥に鎮座するのがゆるぎ岩のようだ。

石の上に別の石が斜めに乗っかっている。思った以上に不安定な感じだ。形は石を踏んでいる足の様にもみえる。

しめ縄が張ってあり、信仰の対象となった岩、磐座(いわくら)というやつだと分かる。

神聖なものっぽいので触るのを躊躇するが、ゆるぎ岩と銘打っているので大丈夫だろう。

ちなみに、写真だとあまり大きく見えないかもしれないが、

016.jpg
動かそうとしている僕(左下)と比べるとこのサイズ感である。

バランスが絶妙すぎて、動かしたら落ちてくるんじゃないかという恐怖もある。人気のない山奥で、こんな巨石に潰されたら即ち、死、である。

それに、どこがどう動くのかもちょっとよく分からない。当然上になっている方の岩が動くと想像できるが逆もあり得る。

うんとこしょ。うわっ、うわ、動く動く!

結構ズームしているのはヒキで撮影するといまいち動いているのが分かりにくかったからだ。

正解は「上になっていた足形の石のかかと部分を持ち上げると動く」だった。

普通人間の力ではビクともしなさそうなサイズの岩が、ゴワンゴワンと動くさまは感動に似た楽しさだ。力持ちになった気分になる。

あと最初、押し過ぎたら落っこちるんじゃないかと心配していたが、押してみると全然そんなことはない。自分の力を過信しすぎだ。

018.jpg
小屋のそばの看板によると、このゆるぎ岩はやはり花崗岩だそう。

という事は、上の岩と下の岩は元々1つの岩で風化の過程で分かれたのかもしれない。

目的を果たすと、心細さがだんだん大きくなり、急いで山を降りた。

兵庫県加西市にあるゆるぎ岩

019.jpg
次は兵庫県のゆるぎ岩を目指す。

ゆるぎ岩がある兵庫県加西市は兵庫県の大体真ん中あたりだ。

020.jpg
兵庫県のゆるぎ岩も市街地から外れたのどかな場所にある。

こちらも絶好の行楽日和だ。こんな天気が良い日になぜ岩を動かしに行くんだろう。もっと楽しい場所は他にたくさん有る気がする。

021.jpg
舗装された道がなくなり、あぜ道になるが、矢印に沿って進む。
022.jpg
すると、この先のはずだが、柵が設置されていた。

門が開いているのは、僕が開けたわけじゃなく来た時にはすでに開いていた。

開いてはいるが、この柵は立入禁止という意味じゃなかろうか?せっかくここまで来たのに無駄足だったかも知れない。

023.jpg
車から降りて近づいて見ると紙が付けてあった。

この柵はどうやら害獣避けらしい。入っても良さそうなのでこのまま進む。最近は本当にどこでも害獣の被害に悩まされているようだ。

024.jpg
柵を抜けると薄暗くなる。

気のせいか、柵の向こうは空気が違うようだ。柵の手前までが人間の世界だとしたら、柵のこちら側は山と獣達の世界という感じ。しんっと静まり返っている。

ここでもカーオーディオからは音楽が流れているが、山の静けさに吸い取られていくようだ。

さきほどの門が開いていたのは誰か山に入っているからかもしれない。しかし他に人がいそうな雰囲気はない。そんな中、自動車をゆっくり進める。

025.jpg
ん?何だあれ。池の中に・・・ベンチ?

なにこの不思議な風景。

026.jpg
ここに座るとビシャビシャになりそうだ。

あ、もしかして水門の上の部分だけ出ているのか。

027.jpg
そして池の中央に島がある。秘密基地に絶好の場所だ。
028.jpg
看板が倒れているが島へは立入禁止らしい。

そして島にも誰もいないようだ。

029.jpg
そのまま道をしばらく行くと鳥居が見えてきた。

これ以上は車では行けそうにないので車を停め、ここからは徒歩で行く。

030.jpg
ゆるぎ岩は神社と場所が違うらしい。ここからの距離500メートル。
031.jpg
山林の中を進む。

写真には写らないが蚊がたくさん集まってくる。何日ぶりかの獲物に歓喜して襲ってきているようだ。手を叩けば一度に二匹くらい取れそう。

032.jpg
ずーっと坂道が続き、息も上る。視界が開けてきた。あまり岩がありそうな雰囲気がない。

500メートルとは言え過酷だ。

033.jpg
更に進むと再び木が多くなり、奥に岩が見えてきた。
034.jpg
距離的にそろそろあってもおかしくない。これがそうかな。
035.jpg
と思ったら違った。手前に見えていた岩の奥に、しめ縄が巻かれた岩が現れた。

そして左側にはゆるぎ岩の看板。間違いねえ、こいつがゆるぎ岩か。

036.jpg
じゃん。で、でかい。

しめ縄についた紙垂が金属で出来ている。紙だとすぐボロボロになるだろうし、ここまで紙垂を取替えに来るのは大変だろう。合理的だ。

それに縦タイプのゆるぎ岩か。こっち側に倒れてきたら即ち、死である。(これさっきも言ったな。)

冒頭でゆるぎ岩は花崗岩が多いと言ったが、看板には生物岩と書かれていた。花崗岩がマグマから出来ているのに対し、生物岩は古代の生物が堆積したものだ。

押してみる。

万が一、こっちに倒れてくると怖いので徐々に力を込めてゆく。






…ぐぎぎぎ。

…ぜんっぜん動かない。

手の平がまっ赤になるほど押したが動く気配が微塵もない。

本当に動くのか?と、この場でスマホで検索してみたが、小学生らしき子供たちが僕と同じ場所を押して揺らしている動画が出てきた。

どうなっているんだ…。

038.jpg
改めて看板を見る。

要約すると、「悪人は押しても動かないから改心しなさいね」と仙人が諭したのだそう。

そんなバカな。押す位置とか押す角度の問題じゃないかと、色々角度や場所を買えて押したが、僕ではまったく動かなかった。

2つ目にして早くも動かない。この企画失敗じゃないだろうかと心配になってきた。我こそはという方、ぜひ押しに来てほしい。

…しかし、自動車もなかった昔、仙人の言う事を素直に聞いて、こんな山奥まで岩を押しに来る悪人はすでにめっちゃ良いヤツなのでは…??

広島県福山市のゆるぎ岩

039.jpg
さて気を取り直して次のゆるぎ岩に向かおう。次は広島県福山市だ。

今度は悪人とか善人とか条件なしで動いて欲しい。

040.jpg
福山市の市街地からは車で40分くらいの閑静な住宅街にやってきた。

ゆるぎ岩の案内板が坂の下を指し示している。

041.jpg
なるほどなるほど。ここから先は徒歩になりそうだ。

ここにも人がいないな。…なんて思っていると散歩中のご年配の夫婦っぽい人たちが歩いてきた。人がいないのが普通だと思っていたので、別に悪い事してないのに焦ってしまった。

そのご年配夫婦は近づいてくる事なく向こうへ行ってしまった。

042.jpg
うわ。この茸なんかゾワゾワする。
043.jpg
そしてゆるぎ岩を目指し、みたび坂道を上る。
044.jpg
が、坂を登ったらすぐにゆるぎ岩があった。

あれ?このゆるぎ岩は神格化されていない。

神格化されていないと精神的にもすごく押しやすい。

45.jpg
これまでの中で最もシンプルなゆるぎ岩。

では、押してみる。

よいしょーー。

小ぶりなので巨大な岩が動くような感動は薄いが、そのぶん動きも大きい。長い距離を歩く必要もないので手軽なゆるぎ岩と言える。

047.jpg
このゆるぎ岩には解説の看板がないが、やっぱり花崗岩のようだ。

押し終わり、帰ろうかとさきほどの坂道に差し掛かる。

048.jpg
小枝を蹴飛ばしそうになったので良く見るとカマキリだった。

香川県宇多津町のゆるぎ岩

最後に向かうは香川県宇多津町のゆるぎ岩だ。

049.jpg
瀬戸内海を渡り香川県へ向かう。

大小の島が点在する瀬戸内海を、ずーっと向こうにある四国まで巨大な人工物である瀬戸大橋が貫いている。

香川県のゆるぎ岩はその瀬戸大橋を四国へ渡ってすぐの場所にある。

050.jpg
瀬戸大橋を下りると、瀬戸大橋のほぼ付け根にある小高い山へ登る。

事前の調査では山の上にありそうだったが、車で山に登れそうな雰囲気だ。

051.jpg
写真右の看板にゆるぎ岩への案内が書かれている。
052.jpg
道が狭い。車で入ってきたけど失敗だったかもしれない。

進めば進むほどどんどん道幅が狭くなっていく。このままだと身動きが取れなくなるんじゃないかという不安がよぎる。

地方在住者は自動車移動が基本だが、ナビは時として車が挟まるんじゃないかと思うような狭い道にいざない、僕らを苦しめるのだ。

053.jpg
そんな心配しながら進むと、なんか着いた。
054.jpg
そしてゆるぎ岩の解説看板もあった。このゆるぎ岩も花崗岩とある。
055.jpg
しかし看板の近くには岩が集中していて、どれがゆるぎ岩なのか分からない。

ここの岩もやはり神格化されているらしく、お地蔵様が大量に乗っている。ゆるぎ岩はやはり信仰の対象になりやすいようだ。

ゆるぎ岩じゃないやつを間違って動かそうとすると罰が当たりそう。

056.jpg
お地蔵様の反対側に明らかに“ゆるぎそう”な岩を発見。

これだ。間違いない。大きさは申し分なく、横向きに安定しているので命の危険もなさそうだ。

早速、動かしてみる。

片手で動かすのはちょっと厳しいけど両手なら簡単に動く。

動きも大きく、軽い力で動くので、これが今までの中でのベストゆるぎ岩と言っても良いのではないだろうか。

巨岩は不動という概念が覆された

ここまで4つのゆるぎ岩を巡ってみたが、岩というのはどっしりとしていて、動かない存在だという思い込みがあった。

その点、ゆるぎ岩は絶妙なバランスによってグラグラ動く。

ゆるぎ岩を動かすのは、ちょっと楽しいし、ちょっと嬉しい。

4つ中3つが神格化されているのは、この奇跡に神秘性を見い出す人が多いからだと思う。


058.jpg
帰りはフェリーで瀬戸内海を渡る

出掛ける理由は「この道がどこに繋がっているのか」でも「ゆるぎ岩をゆらす」でも何でも良いが、普段、絶対に行かないような場所に行くのは楽しかった。

この4つ以外にもゆるぎ岩はあるみたいなのでまた折をを見て行ってみよう。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓