デジタルリマスター 2023年12月12日

ガンジス川って意外にきれい(デジタルリマスター)

水質調査開始

008_photos_v2_x2.jpg
東急ハンズで買ってインドまで持ってきた

こちらの川の水調査セットを使うと、化学的酸素要求量、アンモニウム態窒素、亜硝酸態窒素、硝酸態窒素、りん酸態りんの5項目の調査をすることができる。簡単に言うと、これらの数値が大きいほど川が汚い、ということになる。

比較対象として、荒川の方では事前に水質調査の方は済ませておいた。ガンジスと荒川を比較することで汚れを実感しやすいようにしたい。

009_photos_v2_x2.jpg
荒川の水もすくって調査しておきました。
010_photos_v2_x2.jpg
あとで紹介します

インド出発前日、何を準備していいのかわからなくなった挙句、荒川に走ってこんなことをしていたのだ。

いったん広告です

黄色いガンジス

それはともかくガンジス川の汚れ具合を荒川と比べようと思う。まずは水をすくう。

011_photos_v2_x2.jpg
すごく覗き込まれたけど、ただのガンジスの水ですよ
012_photos_v2_x2.jpg
なんか黄色い

すくってみると、なんだか黄色い。これがこの世の全てが流れていると言うガンジスの水。 荒川の水もここまでは黄色くない。生活のアレやコレや、わけのわからないアレやコレがここに混ざっているのだろう。 

いったん広告です

COD(化学的酸素要求量)

まず調べるのはCOD(化学的酸素要求量)だ。この値が高いと、具体的ではないが、何か水の中に反応しやすい異物が含まれているということがわかる。

要するに漠然と「何か含まれてるな~」ということがわかるらしい。

013_photos_v2_x2.jpg
なんか黄色い

袋の中からチューブを取り出し、ガンジス水を吸って中の試薬と反応させる。

反応時間は気温が10度のときは6分で、30度のときは4分。今気温は40度近くあるのでたぶん3分くらいか。想定外の暑さの中この調査は行われているのだ。

014_photos_v2_x2.jpg
荒川は7mg/l くらい
015_photos_v2_x2.jpg
ガンジスは8mg/l 以上

上の写真を見てもらえれば一目瞭然だが、ガンジスは標準色で表されているMAXのところまで来てしまっている。

荒川も綺麗とは言えない水のようだが、ガンジスはもっといろいろと"何か"が含まれていて、濃い。

016_photos_v2_x2.jpg
すぐ横を向くとこういう光景なので、”何か”が含まれているのは調べなくてもわかる

⏩ 次ページに続きます

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ