特集 2022年10月8日

ブラジルで人気の日本人ラッパーに聞く、現地で有名になった方法

浜松でブラジルイベントがあった。ブラジル独立200年を記念したイベントだという。なぜ浜松かというと、浜松にはたくさんブラジル人が住んでいるからだ。

会場にはブラジル本国からも有名なアーティストがやってきて、本国さながらに盛り上がっていた。

このブラジル人だらけの大盛り上がりのイベントのステージで、一人の日本人がラップをやっていた。

ステージ後、どんな人かと声をかけようとすると、ブラジル人から絶えず声がかかっていた。人気者だった。

どうやってブラジル人に知られるようになったのだろう。気になって話を聞いてみた。

変なモノ好きで、比較文化にこだわる2人組(1号&2号)旅行ライターユニット。中国の面白可笑しいものばかりを集めて本にした「 中国の変-現代中国路上考現学 」(バジリコ刊)が発売中。

前の記事:中国の地方都市に日本語だらけの店があった

> 個人サイト 旅ライターユニット、ライスマウンテンのページ

カポエラップのTOMOHIKOさん

その方は「TOMOHIKO」こと音楽プロデューサー「Rei Capoeirap」さん。そして流していたのがこんな感じの音楽である。

「外国人が想像した日本」のような光景が描かれ、ダンサーの人が横で踊る。

002L.jpg
TOMOHIKOさん。ステージに立つのはブラジル人が大半の中での、日本人だ

炭坑節をブラジル風ダンス音楽に変えた「炭坑節ファンキ」
日本とブラジルの伝統と革新が混ざってフュージョンした音楽をリリースする。

ステージを降りたところで声をかけたのだが、とにかく人気者なのだ。

いろんなブラジル人に声をかけられ談笑し、記念写真を撮影している。日本のブラジル人向けメディアからも取材をうけていた。

人気だ!

003L.jpg
人気で常に声がかかるので取材がはじまらない
profile_photo_ricemountain.jpg
よろしくお願いします、お疲れ様でした!
tomohiko.jpg
ダンサーに助けられました!横で踊ってくれると音楽も盛り上がるし目で楽しめるし、男がひとりでラップだとヤバいですから
profile_photo_ricemountain.jpg
TOMOHIKOさんは日本の方ですか?
tomohiko.jpg
日本生まれ日本育ちの日本人です。今日ステージに立った音楽系の日本人は僕だけですね
profile_photo_ricemountain.jpg
ポルトガル語はもうペラペラ?
tomohiko.jpg
そうでもないんですよ、ポルトガル語けっこうめちゃめちゃなんです
profile_photo_ricemountain.jpg
いやいや、めっちゃ話してましたよ
004L.jpg
TOMOHIKOさん。パワフルだけど人間味あふれる人だ

 大学時代にブラジルがささる

profile_photo_ricemountain.jpg
最初はなんでブラジルに?
tomohiko.jpg
ブラジルの伝統格闘技のカポエイラ知ってますか?あれを大学時代にやってました
profile_photo_ricemountain.jpg
格闘ゲームで出てましたね!
tomohiko.jpg
そうそう。鉄拳3のエディ・ゴルドが有名です。めちゃカッコいいですよね
profile_photo_ricemountain.jpg
わかります。お互い初代プレステやってた世代なんですね…
tomohiko.jpg
カポエイラは音楽も格好いいし、動きが格好よくてダンスみたいだしいいなあって。ブラジル音楽というとボサノバとかサンバとかが知られてるけど、カポエイラも音楽なんです。
005L.jpg
足技が光るカポエイラ。これはTOMOHIKOさんが練習していたブラジルの道場の様子
tomohiko.jpg
それに、ブラジル料理屋で肉のシュラスコとか豆のフェイジョアーダとか食べたら胃袋つかまれて。
profile_photo_ricemountain.jpg
ブラジル料理、シュラスコもそうだし、それ以外もうまいですもんね
tomohiko.jpg
でも、うまい!と思って親にフェイジョアーダ缶を買ってごはんを作ったら微妙な反応でした…
profile_photo_ricemountain.jpg
海外食品あるあるだ
006L.jpg
ブラジル祭りではシュラスコやリングイッサと呼ばれるソーセージがこれでもかと焼かれていた
007L.jpg
さすがブラジル祭り、普段見ないお菓子が並んでいた。外国だ
tomohiko.jpg
カポエイラやっていると、カポエイラやってるのにポルトガル語できないの?と言われることもあって。悔しいじゃないですか。そこから音楽聞いたり歌ったりで、独学でポルトガル語を学びました
profile_photo_ricemountain.jpg
食事とカルチャーから語学に。そして音楽に
tomohiko.jpg
音楽は、子供のころからピアノやらされてて作曲はやってたんですよ。でも歌もうまくないし、だったらカポエラとラップでカポエラップというのをやってみようと
profile_photo_ricemountain.jpg
カポエラップっていうジャンルはTOMOHIKOさんが作られたんですね?
tomohiko.jpg
自分で名乗ってるだけなんです
008L.jpg
カポエイラを通じて現地でポルトガル語を学んでいく
009L.jpg
「こっちが愛を示すと向こうも愛で返してくれる、みたいな感じで仲良くしてくれるんですよ」
いったん広告です

ブラジルの経験と日本の経験が繋がっていく

profile_photo_ricemountain.jpg
そしてブラジルにも行くようになり…
tomohiko.jpg
です。カポエイラの師匠がリオデジャネイロの郊外に道場を構えてたのでそこで寝泊まりしました。飯がうまかったです。それと群馬県の大泉にこの数年よく行きだして
profile_photo_ricemountain.jpg
群馬県の大泉、ブラジル人とか外国人が多いですよね。前に行きましたが、店もいろいろあって驚きました
tomohiko.jpg
そこで大泉の観光協会の方とよく行っているうちに仲良くなって、一緒になんかやろうということで1年くらいかけて、GoProやドローンを使って大泉のプロモビデオを作りました

 大泉町の魅力を伝えた「Oi! Zum Zum OIZUMI -世界がぎゅーっと、おおいずみ-」

profile_photo_ricemountain.jpg
おお。音楽経験とブラジル経験が群馬で繋がった!
tomohiko.jpg
僕の友達や、観光協会の方がお友達を紹介してくれて撮れたんです。いろんな人との出会いがありました。そのうちの一人から、ブラジルイベントを今年やりたい、その時はステージに出てよと言われたんです。それが今回のイベントです。
profile_photo_ricemountain.jpg
なるほどいろんな出来事が線で繋がってるわけだ…!
010L.jpg
ブラジル現地でもイベントに出演。サンパウロでのイベントなのだそう。
「ブラジルで日本のイベントはよくあるんですよ」
011L.jpg
ブラジル現地でもイベントに出演。サンパウロでのイベントなのだそう。
「ブラジルで日本のイベントはよくあるんですよ」
tomohiko.jpg
また大泉のご縁もあって、ブラジルでの日本イベントにも出演したり、現地のテレビに出たり 
profile_photo_ricemountain.jpg
ブラジルでテレビ出演ですか!日本の裏側でも繋がる人の縁ですねえ
tomohiko.jpg
ブラジルの人にわかるように日本らしい映像と、あとブラジルのこのごはんや酒が好き、という内容のミュージックビデオを頑張ってつくりましたよ
012L.jpg
ブラジルでも日本を紹介するカポエラップを撮った。イメージがないところからご飯や生活のミュージックビデオ制作を通して相手の国が見えるように

「サンパウロで東京をイメージしたミュージックビデオを撮影しました」


ブラジル人と仲良くなるコツはブラジルを好きになること

ブラジル人の輪の中にすっと入ってるTOMOHIKOさん。その秘訣は何だろうと聞いてみると「とにかく飛び込んでいくことです。大好きなブラジルだから直球でいつもいきます。こっちが愛を示すと向こうも愛で返してくれる、みたいな感じです」という。また日本人がポルトガル語で発信したり音楽を作ったりするからこそ覚えてくれて親しく接してくれるという。好きだと思ってとにかく突き進むのは大事なのだ。

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ