特集 2018年11月9日

世界最大のパンメーカー「ビンボー」がかわいい

パンビンボーを食べてください!

パンというものがある。スーパーにもコンビニにもパンコーナーがあり、多くのパンが並ぶ。食パンを咥えて、学校に急ぎ、角で転校生とぶつかる、でおなじみのパンだ。朝食はパンという人も多いのではないだろうか。

もちろん世界中にパンを作る会社があるのだけれど、世界最大のパンメーカーをご存知だろうか。そう、「ビンボー」だ。メキシコ発祥の会社なのだけれど、ビンボーがすぎるくらいビンボーなのだ。

1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。

前の記事:全く運動してこなかった30代がフルマラソンを走る

> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

パンのビンボー

ヤマザキ、パスコ、フジパン、リョーユーパンなど、日本ではいろいろな会社がパンを作っている。スーパーのパンコーナーに行けば、いろいろな種類のパンが並び、甘いパンから辛いパンまで豊富だ。

002.jpg
パンって美味しいよね!

もちろん世界中でパンは食べられている。では、世界最大のパンメーカーはどこなんだろ、と調べると「ビンボー」というメーカーらしい。メキシコ発祥の会社で中南米では、ビンボーのパンがとにかくたくさん並んでいる。

003.jpg
これがビンボーのパンです!
004.jpg
めちゃくちゃ並んでいます!(全部ビンボーです!)

パン=ビンボー

ビンボーはメキシコの会社だけれど、中南米はビンボーだらけと言っていい。場所によってはビンボーではなく、「IDEAL」という名前でも展開している。ただクマのキャラクターは共通しているので、ビンボーに間違いない。

005.jpg
通常は、
006.jpg
ビンボーですが、
007.jpg
「IDEAL」なことも!

本当に中南米のスーパーなどのパンコーナーに行くと、右も左もビンボーだらけなのだ。ビンボー以外のパンってあるの、と思うほどにビンボー。日本では全く馴染みのないパンメーカーだけれど、ビンボーだらけ。右にビンボー左にビンボー正面にビンボーなのだ。

008.jpg
ビンボー!
009.jpg
ビンボー!!!

街を歩いていてもビンボーのトラックなどをよく見かける。ビンボーを運んでいるのだ。ビンボーを西へ東へ北へ南へと運ぶのだ。運ぶトラックにはビンボーの文字と、キャラクターのクマが描かれている。

010.jpg
ビンボーを運ぶ、
011.jpg
トラック!!!

このクマの名前はなんだろうか。ビンボーだろうか。毛がファーファーなのが特徴だ。ファーファーは私の中でフワフワの最上級なのだけれど、ファーファという柔軟剤のキャラもクマだった。人はフワフワすぎるクマを見るとファーファー的なことを思うのかもしれない。

012.jpg
中南米ではあちこちに、
013.jpg
このクマが描かれています!

では、味は?

ここ最近、中南米に何度か行ったのだけれど、ビンボーのパンを食べると中南米に来たな、と感じる。しばらくは中南米に行く予定はないので、ビンボーの本場「メキシコ」で食べておかねばならない。

014.jpg
ビンボーのパンを、
015.jpg
食べる
016.jpg
ビンボー!!!!!

体が自然にビンボーとなってしまう。ただ驚くことにビンボーのパン、特別美味しいということは一切ない。ただ種類は豊富でサンドイッチも菓子パンも食パンもなんでもある。ビンボーにないパンはないのだ。特別美味しいわけではないけど。

017.jpg
ただそれが、
018.jpg
ビンボーの
019.jpg
素晴らしさ!!!

ビンボーを食べる度に、ビンボーと書かれた服になってしまう。それがビンボーマジックなのだ。ビンボーはサッカーチームのスポンサーをしており、メキシコ国内はもちろん、メジャーリーグサッカーの「フィラデルフィア・ユニオン」のスポンサーでもある。

020.jpg
なんかずっと、
021.jpg
食べちゃうよね!
022.jpg
ビンボー!!!

叫びたくなる。ビンボーと。それがビンボーの魅力だ。ちなみにパン粉とかも出している。世界最大のパンメーカーのパンを食べているのだ。私も世界最大な気がしてくる。ビンボー、ビンボーと叫びたくてたまらない。

023.jpg
ビンボーの
024.jpg
パンを、
025.jpg
食べると、
026.jpg
なんだか、
027.jpg
謎なんだけど、
028.jpg
全力で、
029.jpg
走り出して、
030.jpg
叫んじゃう!!!
031.gif
ビンボーって!!!

日本でもビンボー

私の知る限りでは日本ではビンボーのパンは売っていない。日本ではビンボーがなくても多くのパンメーカーがいろんなパンを作っているから全然問題ない。美味しいし。でも、メキシコから戻り、日本でパンを食べているとビンボーが思い出される。

032.jpg
日本のパンを
033.jpg
食べても、
034.jpg
心にビンボーがよぎる

日本のパンのレベルの高さに驚かされる。美味しいのだ。パンってこんなに美味しいのか、って思うほど美味しい。ビンボーより食べ慣れているからかもしれないが、日本のパンは美味しい。でも、心はビンボー。それはいま私に仕事がなくて貧乏だからかもしれない。

035.jpg
常に、
036.jpg
心に、

 

037.jpg
ビンボー!!!
038.jpg
作りました!

ビンボーを食おうぜ!

日本でも地元パンが人気だけれど、海外にも地元パン的なものがある。ビンボーという響きにひかれて、大好きになってしまった。中南米に行ったら毎日朝はビンボーだ。朝からビンボー。何より海外に行くのはお金がかかるので、日本に戻ってもビンボーなのだ。

039.jpg
ビンボーを食おうぜ!

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓