特集 2018年7月8日

スーパーゲーセンがスゲー10の理由

!
スーパーの片隅にゲーセンがあったりする。

そんなスーパーゲーセンって、一般的なゲーセンと違い、店ごとにだいぶ自由でだいぶスゲーことになっているので、その理由を公開してみたいと思うッ!!
多摩在住のイラストライター。諸メディアにおいて、フマジメなイラストや文章を描くことを専門としながらも、昼は某出版社でマジメな雑誌の編集長をしたりするなど、波乱の人生を送った後に、新たなるありのままの世界へ。そんなデイリーポータルZでのありのままの業務内容はコチラを!(動画インタビュー)

前の記事:ロシアワールドカップ寄せすぎフードTOP10

> 個人サイト ヨシダプロホムーページ

!
●スゲー理由(1)「店内の飾りがスゲー!」

スーパーゲーセン。例えばこんな感じで、
!
スーパーのフロアの片隅に存在しがちだが、まずスーパーゲーセンでは、店内のディスプレイが、店ごとにだいぶ自由である。一般的ゲーセンのような画一的なコンセプトからは解放され
!
何を飾るのも、何を吊るすのも、だいぶ各店に任せられている模様。それゆえに、例えばとあるスーパーゲーセンでは、いきなり天井から
!
ドラたちが! ペラペラな紙を吊るすのもスゴイが、ドラたちである。タケコプター活動の具現化であろうか。知らない。
!
まぁドラはメジャーなので、一般的ゲーセンでもギリありえるかもだが、特にスゲーと思ったのが、
!
ザマス! そう、スネ夫の母ザマス。よりによってなぜ彼女を! 「スネちゃま、おやつザマスよ」のキラーフレーズだけなのに、この大抜擢、スゲー。

これもスーパーゲーセンならではの、スーパーな飾りっぷりだと言えるであろうッ!
!
●スゲー理由(2)「乗り物がスゲー!」

ゲーセンには乗り物遊具もあったりするが、スーパーゲーセンでは、特に
!
アンパンいがち。スーパーに同伴されたお子様をターゲットとしているのであろう。
!
そんなパンならまだしも、一方、スーパーゲーセンでは突然、謎の異形も現れがち。
!
ギョ。スーパーの空きスペースを埋めるかのように、ノーコンセプトで置かれがち。
!
ギョギョ。これは魚であるが、最新ではない感がエグイ。リリース時期じはだいぶ謎。そしていざ乗り込むと、
!
パパ・ママへの忠告が。そんな危険なのか。すると魚内のディスプレイには、
!
100円入れてね、とのこと。入れる気がしない。そしてハタから見ると、
!
哀愁もスゲーことになっていたが、オトナでもつい乗りたくなる高級魚なのであったッ!
!
●スゲー理由(3)「地元の名産推しがスゲー!」

一般的ゲーセンでは、UFOキャッチャーで取れるグッズは、人気フィギュアなどメジャーかつ画一的なモノになりがちだが、 
!
スーパーゲーセンでは当然自由。しかも地域に密着した自由性を発揮し、取らせるグッズもだいぶ地域の名産仕様になったりするのだ。
!
たとえば横浜の中華街にては
!
あんまんやらギョウザのグッズに。地域感スゲー丸出し。
!
また別の所では、
!
その地域で噂となっているグッズまでも。噂なのか、スヌーピー。でもついGETしたくなるものばかりなのであったッ!
!
●スゲー理由(4)「地元のキャラ推しがスゲー!」

スーパーゲーセンは、地域に密着しているゆえ、その地元のキャラを推すことも多い。例えば千葉の船橋に近いところでは、
!
ふなっしーである。
!
多少のフィーチャーはありえるかもだが、
!
度がスゲー。この癒着感。もはや宗教。
!
とにかくふなっしー。キティより節操がない。
!
そして傍らのベンチにおいて、なんか貼り紙が、と思ったら、 
!
!! 「ふなっしーだらけ間違いさがし」であった。梨が過ぎる。ここまで梨に集われると、どこが間違ってるのかすら。この企画自体が間違ってる気がしたが、でも地元キャラへの愛は深まったのであったッ!
!
●スゲー理由(5)「地元の有名人推しがスゲー!」

その流れで、スーパーゲーセンでは、地元の有名人をフィーチャーすることもわりとある。
!
千葉の某所では、あの巨人軍のミスター長嶋さんの出身地ゆえに
!
ミスター推しまくり。
!
ゲームの中身もミスターだらけ、ここまで推すのは、ん~どうでしょう。ミスター忖度ゆえに、全般的に野球めいていたが、雑然としすぎていて、
!
何をやったら何がもらえるのか、すらわからなかった。

でも、そんなスーパーゲーセン。ふと行ってみるとその地域の文化が丸わかりになるという、地域社会学的にもスゲー学術的価値のあるスポット、にもなっているのであったッ! スゲーぜ、スーパーゲーセン!!

ではまだまだスゲー理由を見ていこう!
いったん広告です
!
●スゲー理由(6)「料金が安すぎてスゲー!」

一般的なゲーセンでは、1ゲームの料金は基本100円、最近では200円という場合も多いが、一方スーパーゲーセンでは料金設定も、店ごとにだいぶ自由だったりする。つまり、
!
スゲー安かったりするのだ。こちらではノボリにて安さをアピール。ゲーセンで安価を訴えるのなんかスゲー。ちなみに別の日には、
!
手描きのビラにても。もう相当安そう。

そんな当店だが、たとえばまず、ゲーセン版のマリオカートがあったのだが、
!
え、30円!? マリカーを実際の運転席で体感できる革新的ゲームで一般的には100円、もしくはそれ以上するはずのヤツだが、ホントに
!
30円なのであった。スゲー!どういうこと。安すぎ。
!
そして10円玉を3枚投入したら、ホントにスタート!あらやだ!

と、マリカーを等身大で普通に体感できてしまいまして、
!
実際の車の運転は無理だけど、マリカーならいけるペーパー人間には夢見心地!
!
な勢いで、アイテムを非情に駆使してライバルを蹴落としていった結果
!
優勝。
!
やったよ。というわけで、150CC以外は優勝できるマリカースキルはじゅうぶん発揮できたのであった。

…そしてまだほかにも価格破壊は続く。
続いてはおなじみのゲーセンゲーム「ビーマニ」だが、これも
!
また30円。価格破壊。筐体の手間的にも100円以上はしかねないヤツ。でも30円できちゃうの。安すぎる。

と、ビーマニとか言ってるわりにやったことないが、いざ30円入れてゲームスタート。
!
音に合わせて指で押していくゲームであるが、
!
POOR。そして
!
POOR。僕そんなに貧しいのか。

そしてDJっぽいスクラッチも駆使することに!なったのだが、
!
見ると当然のようにこれもPOOR。そんな格安ビーマニのその結果はというと…
!
F判定。模試だったら志望大変えるレベルのヤツ。
!
でもステキなDJ初体験を味わえたのであった。

…そして破格のスーパーゲーセンの極めつけがこのゲーム
!
10円。ついには10円である。

しかもコレ「ガンなんとか」つって、プレステにも移植されてたそこそこのヤツである。まぁはるか昔だけれども。
!
で10円玉を入れたら、ホントに始まった。スゲー。このご時世にマジで10円でできる模様。
!
この銃を実際に駆使して画面に向けて撃っていくゲームである。が、トリガー引いても、ガッスガス。超古筐体ゆえか反応も悪い。でも10円だから許そう。
!
そしてミッションとしては
!
画面に現れてくる忍者を銃で撃ち殺していく模様。な~るほど。やってやるぜ!!

ふと冷静になると、忍者に銃というのもフェアではないが、
!
ガッスガス撃ち続けたところ、
!
失敗。 と、あっさりゲームオーバーになったわけだが、まぁ10円なので悔しくもなんともなかったのであった。スゲーぜ10円ゲーム!

と、このように、スーパーゲーセンでは、一般的ゲーセンではありえないスゲー低コストで、お値段以上の興奮と感動を味わえてしまうのであったッ!!
いったん広告です
!
●スゲー理由(7)「メダルゲームの熱さがスゲー!」

ゲーセンにはメダルゲームもあったりするが、スーパーゲーセンでは、それもまた自由である。むしろだいぶ熱い。
!
さっそく祭りだ。そう掲げているから、そうなのであろう。ってことで
!
まず両替機にて
!
メダルをGET。昂ぶる。スーパーゲーセンでは、おそらく最新ではない、リリース時期が謎のメダルゲームが、たくさんありがち。だからよりグッとくる。

例えばコチラ、
!
「指ずもう」ゲーム。メダルを1枚入れて、ゲームスタート。
!
いい感じのタイミングで押して、指を動かし戦う模様。で、集中してタイミングを見計らって…プッシュ!
!
勝った!  勝ったけど、指の痛みで号泣する少年。残るのは、嬉しさよりも罪悪感。
!
子供を泣かす大人の図。そんなに泣かないでくれ。

…続いては
!
「あっち向いてほい」ゲーム。いわゆる、相手が向く方向を予測して、ボタンを押す形らしい。 

まず相手は
!
象さん。象さんがどっちに向くのか予測しつつ、では、あっち向いて…
!
ホイ! あぁ、はずれた、いっけねぇ。左右を間違え反省していたところ、ふと画面には
!
!! このクソ象、敗者に向けてなんという下品なる振る舞いッ! ただ癇に障るのであった。

続いては捲土重来とばかりに
!
お猿さんと再戦。今度こそは、とばかりに挑んだが、またはずれ。いっけねぇ。動物たちの野生の勘に感心していたところ、ふと画面には、
!
!! このクソ猿、敗者に向けてなんという下品なる振る舞いッ! ただただ癇に障るのであった。

…でもなんとか気を取り直して、今度は
!
「ハッピーおみくじ」にチャレンジ。
!
ボタンを推したタイミングに応じて、おみくじが行われるようだが、ハッピーになるべく、思いを込めてボタンを押してみたところ…
!
被雷。ただ運がなかっただけでこんな目に。悲劇すぎる。なぜこんなアンハッピーな目に。
そんな悪いことしたか、と日ごろの行いを顧みるいい機会にもなったが、スーパーゲーセンではメダルゲームでも、スゲー激レアなゲーム体験ができてしまうのであった!


では、とりあえず僕はもう足を洗うが、メダルがまだ残った場合には、
!
お店に預けられるようになっている。のだが、
!
そのシステムが、なんと、
!
手の認証!

いまスーパーゲーセンでは(店によるけど)自分の手を受付で登録することで、こんなサクッとメダルを預けられるようになっていたのであった! スゲー! なんてハイテクな! 高級カジノかどっかの勢いやでぇ!
いったん広告です
!
●スゲー理由(8)「店内の貼り紙がスゲー!」

また、スーパーゲーセンでは、お店的に伝えたいことを、自由な形で伝えてくれる。
!
たとえばキャッチャーにても、その内側にて
!
貼り紙だらけ。
!
スーパーボーイも困惑。そして、
!
ゲームボックスにおいても、見るからにいろいろ貼ってあるが、
!
今じゃない。
!
一方、突然の投稿募集まで行われていたが、そこにもやはり貼り紙
!
丸尾が。不快。
!
バカな人までいたが、でもこのご時世、体温のこもった直筆メッセージに、とても心温まったのであったッ!
!
●スゲー理由(9)「ゲームの賞品が謎でスゲー!」

ゲームには、それに応じてもらえる賞品があったりするが、スーパーゲーセンではその賞品も、自由なことに。
!
例えばこちらの賞品は、
!
アストロスイッチ。 なんかスゲーけど、…え、何それ? 宇宙関連のヤバイ装置? 違いそう。そして現物もあったが、
!
目にしても何かはわからなかった。また他にも、こんなような
!
直に賞品をGETできるのもあったが、そのレトロ感から、
!
洗濯後の呪いの人形にしか見えなかった。

よって、これが欲しいからやろう、というインセンティブにはなりえなかった。が、逆に母性本能はくすぐられる仕上がりになっていたのであったッ!!
!
●スゲー理由(10)「スペースの利用法がスゲー!」

そして最後だが、スーパーゲーセンには突然、フリーな一角があったりする。そんなところでは、例えば
!
ぬり絵ができたりする。スゲー自由さ。家でやりなよ、と思う。なにより、そもそも、
!
ぬり絵がなかった。何をぬればいいのか。自由すぎる。そしてまた一方のコチラだが、
!
ゲーセン的スペースのその奥に、なんだか広めの空間が? よく見たら
!
大量の、ダンボールの箱が…? と思ったら、なんとココ、そのままに
!
ダンボール箱置き場だったのであった! スゲー!! なんて自由な。 
!
でも、空いているスペースを有効利用するこの姿勢、さすがスーパーなのであったッ!
!
と、これらの理由だけでもスゲー魅力的な地であったスーパーゲーセン。みなさんもスーパーに行った際には、ぜひその片隅にあるゲーセンに行ってみていただけたら幸いです。
ではまたおやすみなさい…。

はい、以上いかがでしたでしょうか、今週の「そもそもスーパーの定義も曖昧」。みなさんもそもそもスーパーに行ってみましょう。よろしくお願いします。
がんばっていこうぜ!
がんばっていこうぜ!
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓