特集 2018年6月17日

書き出し小説大賞第148回秀作発表

!
書き出し小説とは、書き出しだけで成立したきわめてミニマムな小説スタイルである。

書き出し小説大賞では、この新しい文学を広く世に普及させるべく、諸君からの作品を随時募集し、その秀作を紹介してゆく。(ロゴデザイン・外山真理子)
雑誌、ネットを中心にいろいろやってます。
著書に「バカドリル」「ブッチュくんオール百科」(タナカカツキ氏と共著)「味写入門」「こどもの発想」など。最近は演劇関係のお仕事もやってます。


前の記事:書き出し小説大賞第147回秀作発表

> 個人サイト バカドリルHP 天久聖一ツイッター

このたび書き出し常連作家、義ん母氏が洛田二十日名義で小説デビュー!本のタイトルは『ずっと喪』です。Amazonリンクはこちら

また、おなじく常連もんぜん氏はNHKラジオでドラマデビュー!タイトルは「母ちゃんと王様」。18日まで聞き逃し視聴できます

いやはや目出度い!それでは今回もめくるめく書き出しの世界へご案内しましょう!

書き出し自由部門

はしご車が到着すると、猫は降りてきた。
八重樫
爆弾処理班はロールケーキを剥いて食べた。
g-udon
底は黒焦げなのに、上っ面は中途半端にふやけてる。私も目玉焼きも、ちょっぴり苦い。
ミラン
ギャルがジュラ紀にワープした。
大伴
膝の歯型を蟻が這う。
反骨心のアップリケ
異国の砂を母国に捨てる。
ふじーよしたか
初夏を思わせる、なまはげだった。
にら将軍ハルナ
悲しみはいつも正座をして待っている。
藤井星羅
お湯を入れてから3年待つとカップラーメンに自意識が芽生えることはあまり知られていない。
AIR田
残りのアサリに気づかれないようにボンゴレを作る。
xissa
朝礼台の下から生えた植物が、校長先生の足にゆっくり巻き付いていく。
住民パワー
「これぐらいで致死量なん?」そう言って智子は耳掻きをゴミ箱の縁で叩いた。
夢雀
ロッキングチェアに鏡餅を乗せて揺らすと、みかんだけが落ちた。
伊勢崎おかめ
陰毛が枝毛になる原因は2つしかない。
伊勢崎おかめ
切り取られた小指から、アニキをクローン再生させる。
タクタクさん
花を活けるようにおじさんを配置している。
カズマンヌ
美川憲一、あるいは銀河のようなカーディガンが揺れる。
井沢
寸評

●八重樫氏「はしご車が到着~」もちろんはしご車を使わずに。

●g-udon氏「爆弾処理班は~」外科医のオムライスはナイフで開くタイプなんだろうな。

●大伴氏「ギャルがジュラ紀~」ママがサンタにキッスした、みたいなリズム。

●AIR田氏「お湯を入れてから~」ふやけた麺が脳になる?!

●伊勢崎おかめ氏「ロッキングチェアに~」次は鏡餅を抱えた状態でロッキングチェアに座ってみて。

●カズマンヌ氏「花を活けるように~」おっさんの配置が偶然星座のかたちに!

つづいては規定部門。今回のモチーフは『告白』でした。それではお待ちかねの告白ターーーイム!

書き出し規定部門・モチーフ「告白」

体育館裏に来るのはキミだけでよかったのに。
xissa
団長の「好きです」は、体育館表側にまで轟いた。
八重樫
告白しないまま卒業し、予備校の教室で再会した。
suzukishika
何色の告白が聞きたい?
かわいい寝顔
「冷やし中華、はじめました」店主は拳を固め、奥歯を軋ませながら吐露した。
ぴすとる
私より先に九官鳥が告白した。
タクタクさん
オムライスの上の告白は、読まずにささっと食べられた。
ウチボリ
好きな住職を大仏の裏に呼び出した。
くのゐち
「けれども」の多いその告白は核心に迫ることがなかった。
うぃけっと
「ごめん、本当は出張じゃなかったんだ」「知ってる」
さくさく
いけると思われたことが悔しい、と万里子は言った。
井沢
何者かによって彼女の上履きが隠され、僕のラブレターは犯行声明へと転生を遂げた。
八重樫
貰ったアリの巣観察キットに「巣文字」として恋文が綴られていく。
カズマンヌ
家内のソロプロジェクトが始まりました。
あひる
この野菜は私が女子高のプールの水を使って作りました。
住民パワー
実物のチャップリンも本当に白黒だったんです!
伊勢崎おかめ
この集合写真に写っている人は全て中耳炎だ。
ヘリコプター
鑑識に出す前に谷崎と舐めました!
桜草
この拷問は「好きです」を引き出したいがゆえの拷問である。
ろっさん
「30円のお返しになります。それと、好きです」
正夢の3人目
私が風船おじさんです。あなたが好きです。
高田
マネーロンダリングしてごめんなさい、と書いた紙がテーブルに置いてあった。
もんぜん
次の日、彼女はバイトを辞めた。
オメガ
寸評

●xissa氏「体育館裏に来る~」付いてきたヤツ視点の語りも読みたい。

●ぴすとる氏「冷やし中華、はじめました~」定番ネタにもこんなヒネり方がある。

●くのゐち氏「好きな住職を~」売れる要素しか見当たらないBL。

●井沢氏「いけると思われたことが悔しい~」じゃあ、フラれたけど勝った!でいい?



●カズマンヌ氏「貰ったアリの巣観察キットに~」『巣文字』という驚きの発見。

●ヘリコプター氏「この集合写真~」この白目でWピースしてる人も?!

●ろっさん氏「この拷問は『好きです』を~」こんな哀しい拷問がありますか!

●もんぜん氏「マネーロンダリングしてごめんなさい~」反省してるなら、よし。

それでは次回のモチーフを発表する。
次回モチーフ
「ボブ」
久しぶりの名前シリーズ、今回は外人名『ボブ』です。調べるとボブはロバートの短縮形で、日本ではなぜか黒人に多いイメージがありますが、もっと一般的な名前だそうです。以前の書き出し作品では「父方のボブと暮らしている(茂具田)」という名作もありました。あなたなりのボブを創造してください。締め切りは6月29日、発表は7月1日を予定しています。下記の投稿フォームから部門を選択して送って下さい。力作待ってます!
最終選考通過者
哲ロマ/菅原 aka $UZY/秋沢ラコフ/fiftystep/おしょうゆ/改定2,3マイル/あや幹部/ビールおかわり/松っこ/
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓