特集 2017年12月16日

日本が舞台の中国版モノポリーがあった

大富翁「日本之旅」 Yokoso Japan!!!
大富翁「日本之旅」 Yokoso Japan!!!
大富翁というテーブルゲームが中国ではある。モノポリーみたいに各地の不動産を買い占めてライバルのプレイヤーがとまったらライバルからお金がもらえるというゲームだ。

大富翁は随分前からあって、検索するといろいろなバージョンの作品が出てくる。

中国版とか世界版とか上海版とかがあって、日本版は出ないかなーと首を長くして待っていたら、ある日突然中国で売られてて、本望のままにサクッと購入!

どんなゲームか調べてみた。
変なモノ好きで、比較文化にこだわる2人組(1号&2号)旅行ライターユニット。中国の面白可笑しいものばかりを集めて本にした「 中国の変-現代中国路上考現学 」(バジリコ刊)が発売中。

前の記事:タイの変な日本語が面白い

> 個人サイト 旅ライターユニット、ライスマウンテンのページ

ピンクの国

パッケージは「日本だね」「買ってみようか」と手に取りたくなるデザインのはず。

日本のそれはとってもピンキーで、神社の鳥居と富士山と東京タワーと桜にあふれていた。

昔はフジヤマ・ゲイシャ・シンカンセンとか言われていたけど、新幹線はない。中国中で走っているからレア感がなくなってしまったのかもしれない。

日本がピンキーなイメージだったら、やはり入学シーズンに日本に旅行に来たくなるわけだ。
「玩遊戯 学知識(ゲームで知識を学ぶ)」 東京・仙台・札幌、で九州。爆買船が来てるのに。
「玩遊戯 学知識(ゲームで知識を学ぶ)」 東京・仙台・札幌、で九州。爆買船が来てるのに。
日本といえば桜、都道府県全部ピンキーな国なのだ。
日本といえば桜、都道府県全部ピンキーな国なのだ。
一番メジャーな中国版と比べてみた。中国版は万里の長城とか天安門広場がある。それに比べて日本よさそうな国じゃないか。
一番メジャーな中国版と比べてみた。中国版は万里の長城とか天安門広場がある。それに比べて日本よさそうな国じゃないか。

中国的都道府県ランキング

戦いの舞台。日本の不動産王に我はなる!
戦いの舞台。日本の不動産王に我はなる!
この大富翁は30マスのフィールドをさいころを転がしてひたすらまわり、お金を増やしたり減らしたりする不動産ゲームだ。

とまったマスは各都道府県マス、観光地マス、「機会」マス、「運命」マスになっている。

都道府県マスや観光地マスでは不動産を購入、機会マスや運命マスではカードをとり、お金が増えたり減ったりする。
ゲーム内のお金はこれで。「不動産王に我はなる!」 と書いたら、本当に王(WANG)さんだった。
ゲーム内のお金はこれで。「不動産王に我はなる!」 と書いたら、本当に王(WANG)さんだった。
「小樽運河を中国マネーが差し押さえ!」とかシリアスな遊びではなく、ファミリー向けの気軽なゲームです。
「小樽運河を中国マネーが差し押さえ!」とかシリアスな遊びではなく、ファミリー向けの気軽なゲームです。
日本円で数千円~20万円ででいろいろ物件が買える
日本円で数千円~20万円ででいろいろ物件が買える
確認ですが中国からスタートする旅行学習系ほのぼのゲームですよ。 青森、北海道、中国(スタート)、沖縄、ハウステンボス、鹿児島…
確認ですが中国からスタートする旅行学習系ほのぼのゲームですよ。 青森、北海道、中国(スタート)、沖縄、ハウステンボス、鹿児島…
熊本、愛媛、広島、トヨタ博物館(名古屋市)、愛知、USJと続く。トヨタ博物館は長久手市だけど、細かいことはいいんだよ
熊本、愛媛、広島、トヨタ博物館(名古屋市)、愛知、USJと続く。トヨタ博物館は長久手市だけど、細かいことはいいんだよ
大阪、京都、三重の伊賀流忍者博物館、静岡、神奈川…
大阪、京都、三重の伊賀流忍者博物館、静岡、神奈川…
東京ディズニーランド(千葉)、東京、新潟…
東京ディズニーランド(千葉)、東京、新潟…
福島、埼玉の鉄道博物館、山梨の富士急ハイランド、秋田、青森、北海道で一周だ
福島、埼玉の鉄道博物館、山梨の富士急ハイランド、秋田、青森、北海道で一周だ
紹介された都道府県、紹介されなかった都道府県があるけどどうだろう。思ったのはパッケージに書いてあった仙台(宮城)マスがなかったぞ。

観光の奈良や船が寄港する福岡もなかったな。

運命や機会カードで学ぶ

ゲームを盛り上がらせるのが運命カードと機会カードだ。機会カードはチャンスカードかな。

お金が増えるか減るか、何があるかは中身を見るまでわからない。
花札っぽい。花札も日本土産として売れそうだ
花札っぽい。花札も日本土産として売れそうだ
運命カード 「鉄道ファンと一緒に新幹線に乗り日本を旅する:800元払う」 「かわいいので観光大使となる。かわいいポーズをとって1000元貰う」
運命カード
「鉄道ファンと一緒に新幹線に乗り日本を旅する:800元払う」
「かわいいので観光大使となる。かわいいポーズをとって1000元貰う」
運命カード 「ビッグエッグで野球の試合を見る:500元はらう」 「お笑い芸人大会で優勝する:参加者を笑わせて1500元もらう」
運命カード
「ビッグエッグで野球の試合を見る:500元はらう」
「お笑い芸人大会で優勝する:参加者を笑わせて1500元もらう」
機会カード 「バックパッカーになり日本中を旅する:報奨金1500元もらう」 「納豆大会に参加し口内が納豆だらけに:次の番まで話せない」
機会カード
「バックパッカーになり日本中を旅する:報奨金1500元もらう」
「納豆大会に参加し口内が納豆だらけに:次の番まで話せない」
機会カード 「日本人のおじぎを学び、頸部けいれんに:次の番まで首をかたむけ首のマッサージをする」 「札幌雪祭りで凍死しそうになる:次の番まで両手の手をもむ」
機会カード
「日本人のおじぎを学び、頸部けいれんに:次の番まで首をかたむけ首のマッサージをする」
「札幌雪祭りで凍死しそうになる:次の番まで両手の手をもむ」
「鉄道旅行」の運命カードでは、新幹線についての説明が、「観光大使」のカードでは「かわいい」という日本語の説明があった。また「ビッグエッグ」や「お笑い」の運命カードの説明があった。

機会カードも同じように、カードには「納豆」や「おじぎの習慣」や「雪まつり」の紹介があった。

「バックパッカーとなり日本一周」では、日本の国土についての説明があった。

特に面白いカードを抜粋したけど、読んでいるうちに日本が学べて行きたくなるかもしれなくなるゲームなのだ。

日本もあっていいよね

大富翁日本之旅は、日本が好きになり、詳しくなりそうなゲームだった。

中国人の間で日本の個人旅行が普及しているとか。なんだか役に立ちそうだ。

日本では中国の爆買いやデモが話題になりそうだけど、中国はそれだけじゃない。もっと前は中国を観光する映像とか本とかもっとあったように思う。

日本も中国や世界各国を旅するボードゲームがあって、そういうので世界を学んだほうが楽しいし、いいんじゃないかと思った。
コマ!
コマ!
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓