特集 2017年12月16日

古いCMでしか知らながちな店レッドロブスター

レッドロブスターは実在した…(そりゃそうなんだけど…)
レッドロブスターは実在した…(そりゃそうなんだけど…)
「カニ、たべた~い!」ちゃらららっちゃっちゃちゃっちゃ、ちゃららら、ちゃららら、ちゃらっちゃ~!

レッドロブスターである。

なに言ってんだと思った方には心よりお詫び申し上げます。

チェーンのシーフードレストランであるレッドロブスター。80年代の終わりから90年代のはじめくらいまですくなくとも当時私が住んでいた神奈川県では冒頭のようなCMが流れていたのだ。

この記事はそんな、CMはやたら見たけど行ったことはなかったレッドロブスターに行く記事である。言ってしまえば行くだけだが私のようにCMに強烈におぼえのある人には「だけ」ではない感動があるはずだ。

インスタ映えのはんぱない店だったので思い入れのない方もぜひぜひお読みください
1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてデイリーポータルZの編集部員に。趣味はEDMとFX。(動画インタビュー)

前の記事:せっかちすぎて新しい文字を作り出す ~せっかちの生態

> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

どれだけの人にとって幻の店なのか

レッドロブスターはアメリカで生まれ1981年に日本に上陸したロブスターを中心としたチェーンのレストランである。
今回行ったのは上板橋店
今回行ったのは上板橋店
冒頭でも説明のとおり80年代の終わりから90年代のはじめくらいにテレビで独特なCMが頻繁に流れていた。

ポイントは間違いなく音楽だ。

ジャズの「イン・ザ・ムード」がバーンと流れる。ご存知の方にとって「イン・ザ・ムード」と「レ~ッドロブスタ~」というCM最後のサウンドロゴはセットなのではないか。

当時私は小学生。居住区が世界のすべてであった当時、近所になかったレッドロブスターは幻の存在だった。

この「幻だ」とまでいう私のレッドロブスター感はどれくらい一般性があるのだろう。サイト関係者にレッドロブスターを知っているか、行ったことがあるかを聞いてみた。
ロブスターっぽい色でまとめてみました
ロブスターっぽい色でまとめてみました
思った以上に行ったことがある人が多い…!
見たことも聞いたこともありません
という意見もありこれは岐阜県出身の編集部石川、鳥取県出身のライター西村さん、島根県出身のさくらいさんが。店舗のない地域にはCMも流れなかっただろうからこれも当然だろう。

そして「知っているが行ったことはない」私のような層も多勢である。
CMで生牡蠣を食べているのを見てあこがれていました。店舗は大人になってから多摩の方で初めて見かけました。
というのは東京出身のクリハラさん。

そう! 私も大人になって初めて店舗を見たときは声を上げた。本当にあったんだ! レッドロブスター!
行ったことがなくて、CMのことだけすごくよく覚えています。家の周りにはまったくなかったので、都市伝説と同カテゴリに入れそうになっていたのですが、どこぞかで外観だけ目撃する機会に恵まれて『ほんとうにあるんだなぁ…』と大感激した記憶があります。
と群馬県出身のネッシーさんも。


宮城県出身の井上さんも
CMの『♪レッドロブスタ~』は覚えてますが、実店舗は一度も見たことないまま暮らしてきました。
と答えている。

茨城県出身の三土さんの思い出も
CMのサウンドロゴだけはよく覚えています。バスで行くような遠い場所に一店舗だけあり、いつか行きたいなと思っていましたが、いまでは潰れたようです。
とノスタルジックである。
上板橋店はファミレスというよりかなりちゃんとしたレストラン風だった
上板橋店はファミレスというよりかなりちゃんとしたレストラン風だった
お恥ずかしながらずっと「ディズニーランドみたいですね!!!」と言っていた
お恥ずかしながらずっと「ディズニーランドみたいですね!!!」と言っていた

レッドロブスターとは音の記憶である

行ったことがある側の爲房さんも
小学生くらいのときに1度だけ行きましたがまったく覚えていません…。CMの『レッドロブスタ~♪』というフレーズが耳に残っています。
という。

実際行った思い出よりもCMのほうを覚えているというのでやはりCMのインパクトは大きかったのだろう。

いや、CMそのものというよりもやはり曲とサウンドロゴか。イメージの土台が強固に「音」なのではないか。

イメージが音に寄りすぎているなんてレッドロブスター以外では「博多の塩」くらいかもしれない(は・か・た・のぉ~、しお!)。

今回はそんな音としてのみ脳内に存在するレッドロブスターに行く。興奮でしかない。
あらためて、レッドロブスターです、みなさん!
あらためて、レッドロブスターです、みなさん!シーフードジャーニーです!
実在することは以前目視して確認していたはずだが、今日は入店するのだ。また別格の感慨がある。
どういうタイミングの写真か忘れましたが、西村さん(左)、伊藤さん(右)
どういうタイミングの写真か忘れましたが、西村さん(左)、伊藤さん(右)
馬場さん(左)、西村さんが持ってるのは牡蠣の専用メニュー。うおお
馬場さん(左)、西村さんが持ってるのは牡蠣の専用メニュー。うおお
べつやくさんはロブスターのTシャツとザリガニのブローチをつけてくる気合の入りよう
べつやくさんはロブスターのTシャツとザリガニのブローチをつけてくる気合の入りよう
ウェブマスター林はエビのシャツを。万全すぎる
ウェブマスター林はエビのシャツを。万全すぎる
メンバーは

・そこそこ行ったことがある(林)
・一度だけ行ったことがある(べつやく、馬場、伊藤)
・見たことはあるが行ったことがない(筆者古賀)
・聞いたことも見たこともない(西村)

とそれぞれ。ただ、レッドロブスターに精通したメンバーがいないのが若干こころもとない。

……というわけで今回はレッドロブスターについてもうひとつアンケートをとったのだ。
行き慣れた方々からのおすすめメニューである。

レッドロブスターを幻の店であるという私がいる一方、近所に店舗があるなど普通に親しんで生活を送る方々も(当然)いる。世界はいつだってパラレルだ。

これさえ食べておけばレッドロブスターの初回訪問は間違いないというものを次のページよりついに…! 食べます…!
いったん広告です

慣れた方々に聞いたおすすめメニューの数々

このようにおすすめを募集した
よく行くという方からおすすめを、またかつて行ったことがあるという方からもあれがおいしかったというコメントをたくさんいただいた。ありがとうございます!
メニューは思った以上に多彩、こちらロブスター
メニューは思った以上に多彩、こちらロブスター
牡蠣は通常メニューにも
牡蠣は通常メニューにも
本気のステーキも…!シーフードしばりじゃないのか!
本気のステーキも…!シーフードしばりじゃないのか!
サイドメニューにはチキンもある
サイドメニューにはチキンもある
丸腰で来たらちょっと選びきれないラインナップなのである。

こんななか、意外なことにレッドロブスター賢者のみなさまからのレコメンドで一番人気だったのはパエリア、だった。これは完全に聞かなくちゃ分かんなかったやつだ。

魚介の出汁がしみこんでこれが絶品なのだという。
たのみました…
たのみました…
うまい…
うまい…(申し遅れました、私です)
一同から「正月だ!」という声が上がる。そういえばパエリアの食べ物としてのめでたさはかなりのものだ。

パエリアというとだしの深みはあるものの味としては大味で雑なイメージだったが、これはだし感はぜいたくに味も繊細で店で食べている! という満足感がすごい。

調理前のロブスター見ますか

2番目におすすめが集中したのが、やはりロブスター。店名にもなっているメニューはやはり食べないわけにはいかない。

しかしそもそもロブスターってなんなのかがわからない。

よくわかんないものが看板メニューというのがレッドロブスターを今回のように記事にまでして騒ぎ上げたい理由の一つでもある。店としてあまりにも唐突ではないか。

マジレスするとロブスターはそういう種類の甲殻類である。カニかエビかザリガニかというと多分ザリガニに近いようだが正確には違うものであり、とにかくロブスターはロブスターなのだ。
店では「ライブロブスター」といってカナダ産のものが週に2回各店のタンクに送られるんだそうだ
店では「ライブロブスター」といってカナダ産のものが週に2回各店のタンクに送られるんだそうだ。そして調理バリエーションの多さ!
サイズはレギュラー、ミディアム、ラージの3種類あり、さらに調理法がスチーム(蒸し)、オーブン焼き、スパイス焼き、黄金焼き、豆板醤、チリソースと6種類ある。

これも事前にあつめたレコメンドに従いミディアムサイズで基本の「スチーム」を、レギュラーサイズで黄金焼き(マヨネーズをかけて焼いたもの)をオーダー。
オーダーすると調理前のロブスターを見ますか? というサービスがある。見ます!
オーダーすると調理前のロブスターを見ますか? というサービスがある。見ます!
一同、ひとしきり見るも、愛着がわく前に調理してもらいましょうということで意見一致。しかし十二分に写真は撮影して大盛り上がりである。
数分後の未来
「スチーム」、数分後の未来

コト消費ってこれか

「爪に挟まれたら痛いですか?」「はい、ボールペンが折れることもあるそうです」という店員さんとのやりとりもありすっかり観光客気分だ。

スチームは蒸し上がりを目の前で解体までしてくれる。食事から得る体験の量が普通のレストランの5倍はある。
このようにまるまる一匹でやってきて
このようにまるまる一匹でやってきて
かっこいい!
かっこいい!
手際よく解体
手際よく解体
完全に観光
完全に観光
サーブされる状態がまたかっこいい
サーブされる状態がまたかっこいい
食べやすく切ってはあるのだが、そこから先に自分でもハサミを使って解体すべき部分がかなりある。

伊藤さんは「こっち(すでに解体されていて食べやすい部分)がモノ消費で、こっち(自力で解体しないと食べられない部分)がコト消費ですね」といっていた。エンタメとしてバランス感が完璧なのだ。
でかい部分が殻から掘り出されると一同から喝さいがあがる
でかい部分が殻から掘り出されると一同から喝さいがあがる
ロブスターという食べつけない食材なだけにどこまで解体して、どこまで食べられるのかも手探りであった。とことんまで体験である。
どこまでほじれるのかわからないので真剣になる
どこまでほじれるのかわからないので真剣になる
で、この体験がめちゃめちゃにフィジカルなのだ。やりなれないので妙に体を使う。そもそも殻がかなり硬いのでかける力が全力だ。

「なんかサスケに出てきそう」という声まで出た。なかなか殻から身がでない箇所があり「脱出ゲームでは」とも。
ほっそい殻にも食べられる部分がある
ほっそい殻にも食べられる部分があるので油断できない
吸うと出てくる部位があることが発明されたり、ほじっているあいだに目に汁が飛んでギャッとなるシーンもあった。

硬いカラをハサミで割りながらかけらが飛んでぶつかってよけるというよくわからない瞬発力も発揮されるなどなかなかない食事体験である。

さらに味もなにやらカニっぽい部分もあればエビっぽい部分もあって口も頭も翻弄されるのだ。
こちら、黄金焼きは全体的に不思議とエビっぽさが強かった
こちら、黄金焼きは全体的に不思議とエビっぽさが強かった
よくわからないのだが「タコみたいな味がする部位があります」という報告もあった。一体どういうことなんだ。

おいしいかった。おいしかったが、うまいものを食べたという喜び以上に食べつくし感じ取ったことへの達成感がすごい。
カラ入れがみるみる満杯になっていった
カラ入れがみるみる満杯になっていった
カニを食べると食卓が静かになるとは言う。個人戦だ。しかしロブスターは食の体験として稀なこともあってみんなよくしゃべるのだ。発見の共有でずっとうるさい。いわば食の団体戦というおもむきである。

レッドロブスターの記事を書くので一緒に食べに来てもらえませんか? と誘っておいて実はGoogleの入社試験だったというオチでもいいくらい我々は団結した。
全員Google合格です!入社!
全員Google合格です!入社!

幻のレストランはおもしろレストランだった

「レ~ッドロブスタ~♪」という音の記憶しかなかったレッドロブスターは実在し、そしておもしろいレストランであった。

軽快なCMのイメージは完全に上書きされ、いまやレッドロブスターは私にとってサスケであり脱出ゲームでありそしてGoogle入社試験である。

伯方の塩が「は・か・た・のぉ~、しお!」という音の記憶といっしょに味としてしょっぱさが同居しているだけなのに比べるとレッドロブスターは音以外の要素がこれでもかと多かった。
非売品のグッズがかわいすぎる
非売品のグッズがかわいすぎる

ちなみに今回食べてきたメニューのほか、あさりの白ワイン蒸し、ロブスタービスクのパイ包み、ポップコーンシュリンプ、カラマリガーリックフリット、カニピラフ、マグロとアボカドのタルタル、トマホークステーキ、ワタリガニのパスタ、シーフードカレーもおいしいという情報をいただきました。ありがとうございました!

それにしてもトマホークステーキ…肉も肉で体験が迫ってきそうである。
記事は終わりましたがどこに載せるかタイミングを見計らいそこねた、あと食べた2品をご紹介します。
ソフトシェルクラブ。そのまま食べられるという素直な喜び
ソフトシェルクラブ。そのまま食べられるという素直な喜び
なんか手だけのやつがあったから頼んだ。よくわからないタイプのインスタ映え
なんか手だけのやつがあったから頼んだ。よくわからないタイプのインスタ映え
インスタで映やしておきました
あとは、そうだデザートはアップルコブラが人気なんだそうだがこれも完全に食べそびれた! また行かねば…
あとは、そうだデザートはアップルコブラが人気なんだそうだがこれも完全に食べそびれた! また行かねば…
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓