特集 2017年5月16日

ロボットアームがかわいい

いかにもロボット
いかにもロボット
家にDHLから荷物が届いた。
開けてみるとロボットアームだった。そういえば今年のはじめに海外のクラウドファンディングで注文してた。
1年ぐらい来ないと思っていたら思ったよりも早く来た。

しかしこれは何に使おう。
1971年東京生まれ。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと世田谷区で活動。
編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。(動画インタビュー)

前の記事:僕には磁界が見える

> 個人サイト webやぎの目

約2万2000円でロボットが来る

発表当時はネットで話題になっていた商品である。クラウドファンディングとはいえロボットアームが209ドルだったのだ(日本で売られているものは10万円ぐらいする)。

Facebookでシェアされまくっていたのだが、実際に届いたという話は僕以外に聞かないのでシェアはするけど注文してなかったのかもしれない。

テスト前にぜんぜん勉強してないよーと言っていたクラスメイトは本当に勉強してなかったのだ。
箱に名前が書いてある
箱に名前が書いてある
いちばん安いセットを買ったのでアームの先は吸盤である
いちばん安いセットを買ったのでアームの先は吸盤である
少し高いセットだとロボットハンドがついているのだが、最安値セットは吸盤である。ドラえもんの手もマジックハンド的なものらしいのできっとロボットあるあるなのだろう。
ただ、すごくうるさい。
ドラえもんの手もこんな音がしているのだろう。
パソコンで動く順番を指定して、動く位置は手で覚えさせる
パソコンで動く順番を指定して、動く位置は手で覚えさせる
動く位置は手で覚えさせるので座標を意識しなくてよい。(座標で指示することもできる)。そのほか、クレーンキャッチャーのようにリアルタイムで操作することもできる。
ちなみに上のアニメGIFは紅茶を入れさせようとして設定しているところである。
期待通りの動き
ちょっとアームの動きが長くて速かったが概ね期待通りである。むしろこういうのが見たかった。
僕がテーブルを拭けばいいだけの話だ
僕がテーブルを拭けばいいだけの話だ
いったん広告です

スクリーンセーバー回避

いきなり愛玩目的みたいな使い方をしてしまったが、仕事に使うこともできる。

会社のパソコンはセキュリティ上、すぐに画面ロックがかかる。しかし一瞬席を立っただけでロックされると復帰の動作が面倒である。
マウスかキーボードを定期的に触っていれば防げるのだが。

ロボットアームにそれを頼もう。
スクリーンセーバー回避ロボ
スクリーンセーバーを物理的に回避してくれる。スクリーンセーバー回避ソフトを入れてパソコンが不安定になることもない。

もちろんマウスの位置を検出して…なんて高度なことはしてなくて、ロボットアームの手が届くところにマウスを置いてやる必要がある。
ずれると何もないところを動かし続ける。健気!
ずれると何もないところを動かし続ける。健気!

カップラーメンタイマー

カップラーメンにお湯を入れるとフタがクルッとなるだろう。あれを抑えるためにセロテープを貼ったりするが、たまたまテープ手許にないときどうするか。
たまたまロボットアームがあればこんな使い方ができる。
ラーメンができるとフタをはなす
カップラーメンのフタを3分間押さえてくれるのだ。
もちろんこれもカップラーメンを置く位置が大事である。スキルのある人はカップラーメンの位置をセンサーで検出してロボットアームを制御したりするかもしれない。
だが、スキルはないが原稿の締切だけはある僕はガムテを使う
だが、スキルはないが原稿の締切だけはある僕はガムテを使う
置く位置が3面指定してあるところに試行錯誤の過程を感じて欲しい。位置指定だけでカップラーメンを10個ぐらい作れる時間が過ぎた。
置くときだって慎重である
置くときだって慎重である
ここに至るまでのロボットアームの萌え萌え動画である。
猫動画みたいなジャンルが生まれるんじゃないかと思った
猫動画みたいなジャンルが生まれるんじゃないかと思った
多少押さえかたが雑でもいい
多少押さえかたが雑でもいい
犬を飼ったことがある人はわかると思うが、頭の悪い犬が手伝ってくれたものをどうして非難できよう。犬を飼ったことがない僕でも分かる。

ロボット計算機

次はすごい。計算機だ。
難問の繰り上がりの足し算もらくらくクリア
どんなに旧型の電卓でも対応可能だ。ただしボタンが大きいタイプがいいだろう。ユニバーサルデザインはロボットのためでもある。

ボタンを押す位置がずれてはいけないのでロボットをしっかり固定する必要がある。
このロボット、自らの反動で少し動いてしまうことがあるのだ。
だから動画に写ってないところでしっかりと押さえる。
だから動画に写ってないところでしっかりと押さえる。
ロボットを手でおさえているとき、愛情以外の感情を感じない。
いったん広告です

かたい瓶のキャップを開ける

瓶のキャップがかたいときだってロボットが手伝ってくれる。
小芝居の動画を撮るぐらい気に入っている
ロボットアームはふたを開けるほどの力はないので、トントンと叩いて開けやすくしてもらうのだ。

フタをとんとん叩くのがどれほど効果があるのかは、知らない

失敗動画

さっきから薄々気づいていたが、うまく行ってないロボットのほうが愛らしく感じる。そういったシーンである。
落胆したりイラついているのを感じる
おにぎりのセロファンを剥がそうとしてシールに拒まれ。ルマンドを砕こうとして断念する。

ルマンド砕きは先端の吸盤がネックになったかもしれない。あと、なぜルマンドを砕こうと思ったかは忘れた。なにかロボットアームにできることを探していてやってみただけである。
しかしルマンドが意外に堅いことを教えてくれた。

猫動画を全部猫でやってみよう

なにに使えばいいだろうと思っていたが、わかった。何にも使えない。その代わり妙に愛着が出た。顔がないぶんしぐさで感情を感じる、まではいいすぎかもしれないけど。
ブリックパックを溢れさせることはできる
ブリックパックを溢れさせることはできる
▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ