特集 2017年3月28日

愛しの箱根そばには店舗限定メニューがある

立ち食いそば店の箱根そばには店舗限定メニューがあるのだ。
立ち食いそば店の箱根そばには店舗限定メニューがあるのだ。
小田急線沿線を中心に展開する立ち食いそば店である箱根そば。ぶっとんだメニューはないが、他店に比べて冷やしそばがおいしいと思う。そんな箱根そばが好きである。地味ながらも魅力的なその姿に恋心を抱いていた。そう、あの日までは。
1988年神奈川県生まれ。普通の会社員です。運だけで何とか生きてきました。好きな言葉は「半熟卵はトッピングしますか?」です。もちろんトッピングします。(動画インタビュー)

前の記事:「それ、どこで書いているの?」問題を様々な人に聞いてみた


出会いは偶然だった

出会いは、高校生の頃である。部活の帰りに何かを食べたくなり、たまたま入ったお店が箱根そばだった。
はじめては冷やしたぬきだった。
はじめては冷やしたぬきだった。
入った理由は目に入り、値段が安かったから。そんな単純な理由ではあるが、食べてみると、そのおいしさに驚いた。こんなに「おいしいのか」と。麺にコシがあり、かつおだしの効いた少し甘めのつゆがおいしい。地味な娘ではあるが、気立てがよく、芯がある。
たぬきそばとカレーをセットで食べることもあった。
たぬきそばとカレーをセットで食べることもあった。
それから1週間に1度は食べるほどになり、家のご飯よりもたぬきそばを食べたい衝動にかられていた。ぞっこんである。恋という字を辞書で引いて、箱根そばと書きたい気持ちだったと思う。箱根そばとそこに書いておいたことは秘密だ。

長年連れそったカップルのように、いることが普通になってなり、あるときからばったり行かなくなった。こちらからも相手側からも別れを言い出すこともなく、自然消滅となりなんとなく離れた。

それから月日が流れ、社会人となり都内で働きだすと、目に入るのは富士そばである。富士そばもおいしいが、食べると、どこかで箱根そばのことを思い出す自分がいることに気づいた。
でも、カレーカツ丼や肉がたっぷり乗っている肉富士があるので富士そばも好きだ。
でも、カレーカツ丼や肉がたっぷり乗っている肉富士があるので富士そばも好きだ。

久しぶりに会った君に僕は目を合わせられない

あの娘はどうしているのだろう。そんな気持ちが少し頭の片すみにあったのか、ある時ふと箱根そばに立ち寄った。思い出のたぬきそばを食べる為である。
この和風の外観。昔と変わらないなー。
この和風の外観。昔と変わらないなー。
遠くから見る箱根そばはいつもと変わらない様子だった。「君はいつも変わらないな」と心の中で思った瞬間、目を疑った。
え、本当に君なのか?
え、本当に君なのか?
僕の知らない彼女がそこにはいた。地味だった姿はそこにはいない。
しかし、写真でも見るのと、実物では違うことがある。Photoshopで加工をされているかもしれない。とりあえず、声をかけてみる。2分ほどで彼女がやってきた。
地味なあの娘が肉食系女子になっていた。
地味なあの娘が肉食系女子になっていた。
我々が生きている現代社会では、楽しいこともつらいこともある。その中で彼女はどのように生きて来たのかわからない。しかし、昔と変わらないグレーのそばに彼女のおもかげを感じていた。
グレーのそばの色は昔と変わらない
グレーのそばの色は昔と変わらない
世の中、ローストビーフだらけである。ローストビーフ丼、ローストビーフ寿司、ローストビーフ油そば。たくさんのローストビーフを使ったメニューがある。

彼女も「周りが乗せているから」、「乗せている方が可愛い」という理由かもしれない。人間の女性が髪を染めるのと同じである。

だが、彼女の本質、元々持っていた魅力は変わらないだろう。食べてみよう、そう思った。
彼女を目の前に部活で大変だったことや、学校の裏にある草むらに青春(エロい本)を探しに行ったことを思い出した。
彼女を目の前に部活で大変だったことや、学校の裏にある草むらに青春(エロい本)を探しに行ったことを思い出した。
おいしい!パスタっぽくも感じるがそばつゆが「そばだよ」と語りかけてくる。
おいしい!パスタっぽくも感じるがそばつゆが「そばだよ」と語りかけてくる。
どんなに外見が変わっていても、彼女は彼女だった。部活でつらいとき、カンニングが見つかって怒られたとき、いつも優しくはげましてくれた優しい彼女はまだここにいた。外見の変化は時代を必死に生きてきた彼女のなりの生きざまを表しているのだろう。そんなこと思っていると目にそばつゆが入ったのか涙が出てきた。
このことをきっかけに2人は付き合い始めるのだった。
このことをきっかけに2人は付き合い始めるのだった。

なんだか話が込み合ってきたので通常に戻ります

感動しているところ申し訳ないが、変わった箱根そばメニューはまだあるのでここからは普通に紹介したい。箱根そばは気をぬくとびっくりするメニューを出してくる。

もちろん、地に足が着いた季節の物を使ったメニューなどもある。
2017年3月頃のメニュー。桜えびを使用したかき揚げが乗っている。
2017年3月頃のメニュー。桜えびを使用したかき揚げが乗っている。
昔、豆腐一丁乗ったそばが出てきたときには「こいつはすごいことになる予感がする!」とわくわくしながら食べたものだ。
チェーン店なので基本は同じメニューなのだが、最近、店舗限定メニューがあることを発見した。
新宿の箱根そば本陣では店舗限定メニューで大きなメンチカツが乗ったそばがある。思わず食べてしまいたくなるフォトジェニック。
新宿の箱根そば本陣では店舗限定メニューで大きなメンチカツが乗ったそばがある。思わず食べてしまいたくなるフォトジェニック。
「そういえば、このメンチカツのそば、他のお店で見ないな」と思って色々と他店舗をまわってみたが全然ない。このとき「どうやら店舗限定のようだぞ」と気づいたのは、まだ寒さが残る2月の中旬であった。近所の梅の花が咲いていたのを覚えている。梅味のガムを食べたいと思った。

上のローストビーフのそばも置いてある店と置いてないお店がある。小田急線の乗り換えにある箱根そばには置いてあることが多い。覚え方は「箱根そばで海苔(乗り換え)をロスト(ローストビーフ)」と覚えて下さい。

そんな箱根そばの店舗限定メニューがあるのでまだまだ紹介したい。

鴨そばがある新百合ヶ丘駅

小田急線ユーザーには快速急行を下北沢で乗ると、次の駅でおなじみの新百合ヶ丘駅(間違えて乗ったらあまりの停まらなさに泣いてしまうでもおなじみ)。個人的には映画館ある駅だ。

そんな新百合ヶ丘に限定メニューであるのが鴨そばだ。
鴨が5枚も乗っている鴨そば。
鴨が5枚も乗っている鴨そば。
現在、他の店では鴨せいろを期間限定で提供しているが、それとは違う鴨そば。注文してみよう。
「鴨せいろのお客様~」と呼ばれ2人ふり向いたが、自分は鴨そばだし、おじさんはかきあげそばだった。2人とも不正解なので、ボッシュートです。具材がなくなります。
「鴨せいろのお客様~」と呼ばれ2人ふり向いたが、自分は鴨そばだし、おじさんはかきあげそばだった。2人とも不正解なので、ボッシュートです。具材がなくなります。
鴨そばがやってきた。今回は冷たいそばを注文。
鴨そばがやってきた。今回は冷たいそばを注文。
歯ごたえと程よい脂が乗っているおいしい鴨。おいしいかも?というダジャレになっていることに今、気づいた。恥ずかしい。
歯ごたえと程よい脂が乗っているおいしい鴨。おいしいかも?というダジャレになっていることに今、気づいた。恥ずかしい。
普通のそばよりも甘さがより感じられ、鴨の出汁と脂がそばつゆへと混ざりあってかなりおいしいそばだ。今まで食べた箱根そばのそばで1番好きかもしれない。
無限に食べられるな。これは無限そばだな。
無限に食べられるな。これは無限そばだな。
限定は鴨そばだけではない、他にもあるのだ。まだまだ紹介していこう。

どうやら味噌とコーンポタージュのラーメンがあるらしい

六会日大前にある箱根そばをと通ったときのことである。気になる看板を見つけた。
味噌とコーンポタージュ。想像はつかないが、よだれが出たのできっとおいしいと思う。
味噌とコーンポタージュ。想像はつかないが、よだれが出たのできっとおいしいと思う。
他店舗ではなかったのだが、店舗をしぼって置いてある冬季限定メニューだ。この日は別件で食べられなかったので別日に置いてあると噂の小田急線の多摩センターに行ってみた。普段行かない場所に行った方がなにかあるかもしれないと思ったので。
今日は多摩センターに来ています!ここにコンポタ味噌ラーメンがあるらしいので食べてみようと思います!
今日は多摩センターに来ています!ここにコンポタ味噌ラーメンがあるらしいので食べてみようと思います!
ここはラーメンメニューが充実しているんですね。早速、中に入ってみましょう。
ここはラーメンメニューが充実しているんですね。早速、中に入ってみましょう。
ありました!コンポタ味噌ラーメン。あれ? でも、ボタンがないです。店員の方に聞いてましょう。
ありました!コンポタ味噌ラーメン。あれ? でも、ボタンがないです。店員の方に聞いてましょう。
ここまでテレビのレポーターのようにテンション高く書いてきたが、残念なお知らせがある。コンポタ味噌、もう、置いてないです。

先ほども書いたが、コンポタ味噌ラーメンは冬季限定のメニューである。六会日大前のお店では3月18日に置いてあったので1週間ぐらいならあるだろうと思ったが甘かった。
代わりにチャーシュー麺を食べた。
代わりにチャーシュー麺を食べた。
スープが目に飛んだ。ここまで来ると泣きっ面に蜂感があるな。
スープが目に飛んだ。ここまで来ると泣きっ面に蜂感があるな。
しょうゆと背脂で昔ながらのラーメンという印象だ。スープで汚れたメモ用紙には「会社の社員旅行に行きたくない」、「自然と共に生きていきたい」と書いてあったので、色々な嫌なこと思い出したのだろう。ラーメンのおいしさが心を癒してくれないことだってある。年度末だもの。
そうか、ないのか。
そうか、ないのか。
この日は帰って寝た。「え、食べてないの?どんなのか知りたい!」という皆さん、安心してほしい。一度食べたときの写真がある。なので味の感想も伝えられる。あの時の自分に感謝したい。
これがコンポタ味噌ラーメンだ!
これがコンポタ味噌ラーメンだ!
最初、食べたときに味噌の風味が来るのだが、その中にコーンポタージュのまろやかな風味がやってくる。ただ、上品という感じではなく、ジャンクなおいしさだ。今度、カップラーメンの味噌にコーンポタージュスープを入れてみようと思う。

ラーメンに天ぷらが乗っている「六会ラーメン」

そういえば、六会日大前でコンポタ味噌ラーメンを見つけたときに、もう1つ限定メニューを見つけた。
まさかのご当地限定メニューが我が地元、藤沢市にある。
まさかのご当地限定メニューが我が地元、藤沢市にある。
チャーシュー麺を食べた後にやってきたのは小田急江ノ島線の六会日大前駅。昔は六会という駅だったが、急に六会日大前になった。日大は昔からあるのにと子ども心ながら思ったことも記憶に新しい。
外を眺めながら待つ。
外を眺めながら待つ。
どうやら今日はこの近くにある大学の卒業式があるらしく、駅には多くのスーツ姿や卒業袴の男女を見かける。そして、店内にも卒業を迎える大学生たちが談笑し、多くが六会ラーメンを食べているようだった。

聞いてみると、元々「湘南ラーメン」と名づけられていたそうだが、最近、六会ラーメンになったそうだ。大学生たちのソウルフードとなっている。そうこうしていると、六会ラーメンがやってきた。
これが六会ラーメン。見た目はラーメンっぽくない。
これが六会ラーメン。見た目はラーメンっぽくない。
乗っているのはたっぷりの焼き海女海苔。その下にはボリュームのある野菜のかき揚げがある。スープにはラー油が入っており、刺激的な辛さのあるラーメンだ。

ピリッとした辛さがさわやかさと、磯の香りがまさしく湘南の海を連想させ、そこから藤沢駅を経由して、各停で15分ぐらいで六会日大前なので、六会ラーメンをよろしくお願いしますという感じだ。
要するにおいしいということです。
要するにおいしいということです。
箱根そばはいつだってどこにでもあるし、おいしい。変わらない良さと変わることの素晴らしさが見事に融合した素晴らしいお店だ。
社会に出ても頑張れ! 外見は変わっても心は変わるなよ!(最初のエピソードと結びついた)
社会に出ても頑張れ! 外見は変わっても心は変わるなよ!(最初のエピソードと結びついた)

箱根そばは箱根にはない

昔、個人的な趣味で箱根そばが箱根にあるのか調べに行ったらなかった。そんな箱根そばだが、職場の近くにないのが悲しい。冷たいそばがおいしいのでぜひ、見かけたら食べてみて下さい。おいしいですよ。
このロゴのTシャツが欲しい。
このロゴのTシャツが欲しい。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ