特集 2017年3月14日

「それ、どこで書いているの?」問題を様々な人に聞いてみた

ノマドワーカーの最初のステップ「外で書く」を学べる記事です。
ノマドワーカーの最初のステップ「外で書く」を学べる記事です。
集中して原稿を書こうとしたはいいが、家には誘惑がありすぎる。ネットをしたり、マンガを読んだりして原稿が進まない。もう締め切り直前である。(この原稿もそうです。)書き物をしている人たちはどこで書いているのか様々な人に聞いてみた。
1988年神奈川県生まれ。普通の会社員です。運だけで何とか生きてきました。好きな言葉は「半熟卵はトッピングしますか?」です。もちろんトッピングします。(動画インタビュー)

前の記事:ウニ欲が満たされる1万円のウニ丼


デイリーポータルZの人たちに聞いてみる

まずは近いところからどこで原稿を書いているのかを聞いてみた。すると「外で書く派」と「家で書く派」にわかれたが、外で書く派の場所が全然かぶらなかった。
ちなみに公園で書いている人は1人もいませんでした。
ちなみに公園で書いている人は1人もいませんでした。
虫が多くて気が散るからかもしれない。
虫が多くて気が散るからかもしれない。
順に紹介していこう。

外で書く派の人々

家かコワーキングスペースです。ノートPCを使ってると視線が下がり、すぐ肩こり頭痛に襲われるので、デスクトップもしくは、ノートPCの場合は垂直に立てかける台が必須です。カフェ(タリーズ)も好きなのですが、さすがに立てかけられないので、根を詰めるときはコワーキングにこもっています。
斎藤 公輔
エアコン配管観察家である斎藤さんはコワーキングスペースで書いているという。今回、回答を頂いた意外にもコワーキングスペースで書いている方はいなかった。
漫画喫茶でたまにやります。
囲まれてるしwifi飛んでるし静だかだし椅子がリクライニングだし飲み放題だし休憩に漫画読めるし最高です。ただ半日で1500円くらいかかるので、連続で行きづらいのが悩みどころです。
megaya
megayaさんは漫画喫茶で書くらしい。誰もいない個室だと、はかどることがある。パソコンが壊れたときに漫画喫茶で書いていたときははかどっていた。そこはソフトクリームが無料で食べられるので延々と食べていたら、お腹を壊したことも懐かしい。
家でなければ、喫茶室ルノアールです。長居しても居づらく無いどころか熱いお茶まで出るというホスピタリティ。打ち合わせから原稿書きまで対応できるほどほど静かな店内。Wi-Fiも飛んで電源も使える。自宅の最寄駅周辺にはルノアールが3店あるので、気分によって選び放題です。
きだて たく
ルノアールは北海道でよく飲まれるガラナが飲めるのでいい。
ルノアールは北海道でよく飲まれるガラナが飲めるのでいい。
ルノアールが近くに3店舗もあると家賃が高くならないのかと心配になるがよくルノアールで仕事をしている人がいるので空気的にもコンセントなどの設備的にも仕事がしやすい環境だと言える。ガラナもおいしい。
近所の無印カフェです。家だと無限に遊んでしまって進まないからです。外なら「こんなところに来てまで何あそんでんだろ」と思って遊ぶ心が萎えます。デメリットは、よく分からない音楽を無限ループで聞くはめになることです。
三土 たつお
無印良品でおなじみな良品計画が展開するmujiカフェは都内に数店舗ある。そこで書いている三土さんだが、理由がもう本当にそうだと納得してしまう。家は遊んでしまうから原稿がすすまない。外で書くとせっかく来たのだから進めなければと思う。そして、聞いたことないBGMを聞くはめになるのもわかる。(今、書いている場所では何の曲かはわからないけど、アコースティックバージョンだということだけがわかる曲が流れている。)
取材したその足でマクドナルドかドトールに入って写真を整理して、時間があったら勢いでおおすじを書いちゃうこともあります。そのあと持ち帰って家で書きます。
安藤 昌教
広告記事を月に何本書いている安藤さん。取材したその日に書いてしまうらしい。しかも、家で書くときには寝ないで書くこともあるというのだからすごい。
近所のマクドナルドにあるコンセントがかわいい。
近所のマクドナルドにあるコンセントがかわいい。
次は外ではあるが、変わった場所で書いている人たちを紹介します。

電車の中で書く人々

基本的には家で書いていますが、一番集中できるのは新幹線です。トンネルが多くネット環境は悪いのが逆にいいのかもしれません。また揺れが集中力をますのかもと思っています。さらに新幹線で仕事してたら、仕事のできる人に見える気がしていいです!
地主 恵亮
新幹線で書くとできる男になるというライフハックを地主さんが教えてくれたのでみんな使おう!
新幹線で書くとできる男になるというライフハックを地主さんが教えてくれたのでみんな使おう!
家か通勤電車です。最近座って通勤するようになったので、集中してガーッと書いてます。
ゆとり世代みたいですがスマホで荒く書いて、帰ってから推敲しています。
爲房 新太朗
地主さん、爲房さんは電車(新幹線)で書いていると言う。到着時間が分かっているのでそれまでに仕上げるという意気込みがが出てくるのでいいかもしれない。


次は外で書く派だが、かなり地域的な話の人たちを紹介します。

ベトナム、群馬のカフェ事情

カフェです。ベトナムは日本のコンビニよりも断然カフェが多いので種類が豊富ということと、多少うるさくてもベトナム語で何言ってるのか分からないので何の問題もありません。地主さんのコメントにかぶせる形では、以前豪華夜行バスを使ったところめちゃくちゃ集中できました。横で夜景が流れてるっていうのはいいです、集中するためにプロジェクターで夜景だけ流してもいいくらい。
ネルソン水嶋
ベトナム在住のネルソンさん。カフェがコンビニにより多いというのは驚いた。向かい合ってカフェがあったり、カフェの隣がカフェというのがあるかもしれない。
基本は家ですが、追い込まれてる時は近所のガストにモーニング(8:00~10:30)の時間帯に行ってます。
ガストはモーニングが好きなのと、その時間だと混雑を避けられるので集中して出来ます。
この時間に終わらなかったら、近所にあるケンタッキーの空いてる時間帯(14:00~16:30)に行きます。ケンタッキーはコーヒーの味が好きなので。

余談ですが、群馬はカフェに電源がなく、充電ができないため、ノマドワーカーがほとんどいないです。他にパソコンを使っている人がいないため、かなりいづらく、時間を決めて書いてます。
ぬっきぃ
群馬、電源コンセントがない問題。地方格差をここで知ることになるとは思わなかった。でも、群馬はいいところなので、電源コンセントがなくてもプラマイゼロだ。(フォローになってないかもしれない。)

家で書く人々

常に気が急き追い立てられるように(たいして忙しくもないのに)仕事をしているのでとにかく早く仕事を上げたい一心でどこでもすぐに集中できます。こだわりがないので場所もイスもガジェットもなんでも全く問題ありません。崖の上で原稿用紙と鉛筆渡されたらそれで十分です。
普段は会社か家で原稿書いてます。
古賀 及子
家以外で書いたことはありません。昔から図書館で勉強するというのは落ち着かないので、外で仕事や勉強をやった事がほぼありません。やったことはないですが全裸でも仕事出来る家最高です。
馬場 吉成
ほぼ家です。家だと遊んでしまうという意見がありますが、遊びつつ、家です。集中できると聞き喫茶店等でやってみようとしたことありますが、家と同じくらい別のことしちゃうので同じなんですよね。こんなに外派がいて驚きました。かっこいいなー。
小堺 丸子
家です!
マクドナルドで書いたほうが捗りそうだという漠然とした思いもあるのですが、「歩くのがめんどくさいな」と、何度となく諦めています。

先日、知人がいらなくなったノートパソコンを壊れるまで貸してくれるという最高な提案を切り出してくれたため、最近は家の中でも特に布団の上などで書く機会が増えています。好きな格好で書くの、意外と捗ります……!
ネッシー あやこ
家なんですけど少数派みたいですね…。ノマドワーカーに憧れ、カフェとかコワーキングスペース利用してみたこともあるんですけど家が1番捗ります。
井口エリ
家派の人は外に憧れる人たち、どこでもいい人たち、家が1番な人たちがいる。きっと散らかっていないんだろう。
今はこんなに汚くないです。「用もないけど行ってみる</a>」より
今はこんなに汚くないです。「用もないけど行ってみる」より
いったん広告です

ミステリー作家はどうなのか

緻密なロジックが必要なミステリー作家はどこで書いているのか、そして、ネタはどうやって作っているのか。知り合いにミステリー小説を書いている人がいるので聞いてみた。
知り合いのミステリー作家。能登さん、いや篠澤寄夫さん。
知り合いのミステリー作家。能登さん、いや篠澤寄夫さん。
ミステリーズに載っている。面白いと評判。身近にミステリー作家がいた。
ミステリーズに載っている。面白いと評判。身近にミステリー作家がいた。
早速、いつもどこで原稿をやるか聞いてみた。

---ミステリー小説の原稿って組み立てとか大変だと思うのですが、どこで書いています?

「家だと集中ができないので外で書くことが多いです。あと、寝ちゃうので。だいたい近くのマクドナルドの3階で書いてます。男子トイレが3階にあるので。仕事終わりの10時から書くので、他のお店で書こうと思っても閉まっているのでマクドナルドですね。」

---マクドナルドだと学生がうるさくないですか?

「書いていると自分の世界に入るのであまり気にならないです。1~2時間集中して書きますね。」
確定申告が終わって安心したというエピソードも聞いた。
確定申告が終わって安心したというエピソードも聞いた。
---ミステリー小説って難しいイメージがあるのですが、トリックなどはどうやって思いつくのですか?

「個人的にはふと降りてくるということはなくて、考えようと意気込んでトリックを出してます。1つトリックが思いついたらそこから、そのトリックが成立する場所、そのトリックが成立する状況などを当てはめながら、作りあげていきます。クロスワードを完成させるような感覚です。」
サイゼリヤでも原稿を書くことがあり、ドリンクバーとミラノ風ドリアを食べることが多いらしい。(写真は食べ終わったあとの写真。撮り忘れた。)
サイゼリヤでも原稿を書くことがあり、ドリンクバーとミラノ風ドリアを食べることが多いらしい。(写真は食べ終わったあとの写真。撮り忘れた。)

漫画家に聞いてみる

次に聞いたのは、漫画家の加藤真一さん。
「HELLSING」、「ドリフターズ」などの代表作で知られる平野耕太さんに憧れて漫画を書き始めたそうだ。
「HELLSING」、「ドリフターズ」などの代表作で知られる平野耕太さんに憧れて漫画を書き始めたそうだ。
加藤さんは「トキワ荘プロジェクト」という若手漫画家を支援するプロジェクトに参加して、一軒家にシェアハウスで住んでいる。
スタッフとして参加した本。
スタッフとして参加した本。
---原稿はどこで書いてますか?

「昔は高円寺にあった漫画空間という店長が漫画家の方で漫画を書くための道具が揃っている漫画喫茶があり、そこで書いてました。ただ、つぶれてしまったので今は家で書いています。」

---家って気が散りません?

「私は外よりも落ち着いて書けます。漫画家たちのシェアハウスという雰囲気が多分、いいんだと思います。締め切りがやばい時には、住んでいる人たちに「やってるー?」と声をかけてもらいながらやってます。お母さんが部屋を開けて様子を見にくる感じです。」
シェアハウスは意外と居心地が良いそうだ。
シェアハウスは意外と居心地が良いそうだ。
---実家みたいですね。

「ネタだしやネームをやるために図書館へ行って漫画を書いていたこともあるんですけど、知らないおばあちゃんに「漫画を書いているのかい?」と声をかけられて以来、図書館では書いてないです。ネタ探しに行くぐらいですね。」


声をかけられると心が折れる経験はわかる。撮影していると、おじさんやおばちゃんが声をかけてくることは日常茶飯事だ。

変わったネタだし方法

加藤さんはネタだしについて、仲間に聞いてくれた。特に面白いと思ったのは下記のエピソードである。
僕は大体実家の自分の部屋でネタを考えることが多いですが、クリスチャンなので教会の礼拝中に思いつくこともたまにありますね。


3回以上見る夢(不条理系かポエミー系)、をネタにしてます。
思いがけない組み合わせが多く、面白くて絵にしたい、自分にとって大事な暗示ではだと思うからです。
また、面白い、魅力的だなと思った人をネタにすることがあります。
自分が魅力を感じた方は読者の方にも愛してもらえるかなと思うので。
具体的には
・新聞の勧誘を断る為に初めて文字に触れた人のふりをする
・神社の御浄財で真剣にSuicaを洗う
というのを聞いて、漫画にしたいと思ったのがきっかけです。
ネタだしの方法を聞いただけだが、ものすごく読んでみたい。原稿は家がほとんどだそう。
いったん広告です

ハガキ職人はどうなのか

ラジオで読まれることに命をかける人たち、通称ハガキ職人。ハガキやメールを何十、何百も書く彼らはどこで書いているのか。
今回、元ハガキ職人のラジオネーム「たまに大阪」さんこと、大沢さんに話を聞いた。
大沢さんは現在、ニフティ運営の東京カルチャーカルチャーというイベントハウスでイベントプロデューサーをしている。
大沢さんは現在、ニフティ運営の東京カルチャーカルチャーというイベントハウスでイベントプロデューサーをしている。
---大沢さんはどんなラジオに投稿されてました?

「aikoさんやオリエンタルラジオさんのオールナイトニッポンに投稿していました。でも、今は大喜利とかネタを書くなんてことをしてないので、書けなくなりましたね。」

---投稿脳や大喜利脳みたいなのがあるんですかね?

「ずっと書いていないと、書けなくなりますね。昔は30通ぐらいは投稿してましたが、今書けるかというと不安です。」


---投稿していたときはどこで書いてましたか?

「家でも書いていましたが、一番多かったのは大学かもしれません。講義中や休み時間にハガキやメールを書いてました。」

---講義中にメール? 怒られなかったんですか?

「通っていた大学がパソコンを使用する授業が多かったので、隠れて投稿メールを考えたりしてました。講義中に考えるのが一番思いついたような気がします(笑)」

---あの講義中や授業中に他のことに集中できるの何なんですかね(笑)

「不思議ですよね。もしかしたら、授業で頭を使うからいい感じにウォーミングアップになるのかもしれません。」

---じゃあ、最後にハガキ職人あるあるをお願いします

「え、あ、近所の郵便ポストの回収時間を把握している」
大沢さんありがとうございました。ちなみにカルカルはお台場から渋谷に移動してから連日、イベントがあって忙しいそうです。
大沢さんありがとうございました。ちなみにカルカルはお台場から渋谷に移動してから連日、イベントがあって忙しいそうです。

ヨッピーさんに聞いてみた

突然だが、こんな伝説を聞いたことないか。「スーパー銭湯で原稿を書くWebライターがいる」と。伝説というより、誰かいた気がするとfacebookに書き込んで見たら、本人からコメントが来た。
本人から来たよね。
本人から来たよね。
朝見たら、林さん、ヨッピーさんからコメントがついていた。こんなにドキドキした目覚めは久しぶりだ。
そこで後日、チャットでインタビューをすることになった。どうなるのか。今回のインタビューで一番緊張した。


---ヨッピーさんがスーパー銭湯で原稿を書いていると聞いたのですが、本当でしょうか?

「本当です!
鶴見区のRAKUSPA、新宿のテルマー湯あたりでは良く仕事してます!
Wi-Fiが通ってて電源があるところがポイントですね!ただしテルマー湯は最近土日は混んでてWi-Fi繋がりにくかったりするから平日の方が良いかもしれません。」


---僕も原稿を書いた後に行くことはあるのですが、そこで書いているとリラックスしすぎて眠くなってしまうことはないですか?


「そういう時は遠慮なく寝ます。んで仮眠取ってまた書くっていう。」

---遠慮なく寝るんですね。

「家だとゲームとかの誘惑に負けてしまうし、「せっかくお金払って来てるんだから書かなきゃ」っていうプレッシャーをかける戦法です。寝るけど原稿仕上げるまでは帰らんぞ!って」

---すごい気合! 色々な人に聞くと、ファミレスやマクドナルドで書く人が多いんですけど、スーパー銭湯で書くのとでは効率が違いますか?


「詰まった時にお風呂入れるのが良いんすよ。
構成どうしようかなぁって悩んだ時に、とりあえずお風呂入りながら考えるっていう。
銭湯とか好きなんですけど湯船に浸かってる間ってけっこう暇なので、
そういうの考えながらリフレッシュ出来たら一石二鳥なんすよ。
あとはご飯食べるところもあるから、原稿2.3本溜まってて丸一日空いてたりする日なんかは良く行きます。
マックで書いてる、っていう人は大変申し訳ないけど「知能が無いのかな?」って思ってしまいますね。

---安藤さんはマックで書いているらしいです。

「ああ、あの筋肉ゴリラ」
「ゴリラより進化しています!」と言いたかったが僕にはどうすることもできなかった。
「ゴリラより進化しています!」と言いたかったが僕にはどうすることもできなかった。
--担当編集がののしられている。バナナが好きだときいたことがありますが、多分、ゴリラじゃないです。

「マックとかファミレスで原稿書く人は、「食べ物」っていうご褒美を自分に与えないと書けないんですよ。
自分で自分をパブロフの犬に仕立てあげてる。ご飯美味しい→原稿書く!みたいな。
知性の敗北だと思います。」

---僕も外で書く派なんですが、原稿メインではなく、おいしいものメインです。

「でしょう。林さんがジョギングすると脳が活性化されるっておっしゃってたじゃないですか。
あれと同じで血流を上げると活性化されます。科学に基づいてるんですよ、知性があるから。」

---あの「あの林さんがジョギングを!?」と関係者全員が驚いたジョギングですね。

「そうそう。脳を活性化させるっていう林さんや僕には知性があって、マックで自分をパブロフの犬に仕立て上げてる人達には知性がない、そういうことだと思います。」


---フルスロットルなコメントありがとうございます。ウェブメディア業界内ではヨッピーさんの原稿を仕上げるのが早いと評判だと聞いたことがあるのですが、秘密は風呂なんですね。

「そうです! 」
このやりとりをマクドナルドで書いているなんて言えやしなかった。
このやりとりをマクドナルドで書いているなんて言えやしなかった。
明日から、スーパー銭湯で書くライターが増えるかもしれない。みなさんもお気に入り場所を見つけよう!(ライフハック記事の最後みたいになった。)

外はあまり長い時間をいられない

色々な場所が出てきたが、スターバックスで書いている人たちはいなかった。なんかよかったです。
この記事をスタバで書こうと思ったが、恥ずかしくてホットコーヒーを早く飲んですぐ帰った。
この記事をスタバで書こうと思ったが、恥ずかしくてホットコーヒーを早く飲んですぐ帰った。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ