特集 2016年10月10日

かたいプリン復活の時は近い!

表面をスプーンで押すと反発してくる確かなかたさ!プリンはプルンとしているからプリンだ!かたくなければプリンではない!かたいプリンが大好きだ!
表面をスプーンで押すと反発してくる確かなかたさ!プリンはプルンとしているからプリンだ!かたくなければプリンではない!かたいプリンが大好きだ!
プリン好きですか?好きですよね。もちろんそのプリンはかたいプリンですよね。

なに!なめらかプリンだと!

あんな物はクリームだ!プリンはプルンとしているからプリンなんだよ!

そんな事を以前書いた記事でいいました。絶滅危惧種であるかたいプリン。今、徐々に復活しつつあります。色々食べ比べてみました。
1972年生まれ。元機械設計屋の工業製造業系ライター。普段は工業、製造業関係、テクノロジー全般の記事を多く書いています。元プロボクサーでウルトラマラソンを走ります。日本酒利き酒師の資格があり、ライター以外に日本酒と発酵食品をメインにした飲み屋も経営しているので、体力実践系、各種料理、日本酒関係の記事も多く書いています。(動画インタビュー

前の記事:トクホで酒を飲む

> 個人サイト 酒と醸し料理 BY 工業製造業系ライター 馬場吉成 website

かたいプリンが大好きだ。その後。

世の中にはプリンに限らず「なめらか」や「とろける」とうたった食べ物があふれ、日本人のアゴはいつからそんなに弱くなったんだ!と憂う日々は今も続いています。

プリンはプルンとしているからプリン。肉は噛みしめるから味が出る。口の中でとけるなんて肉じゃなくて脂だ!

そんな悲しい思いをしている人は多くいるのではないでしょうか?
こんなあふれ出すようなもの、プリンとは思いたくない。「かたいプリンが大好きだ」より。
こんなあふれ出すようなもの、プリンとは思いたくない。「かたいプリンが大好きだ」より。
いや、別になめらかプリンが消えて無くなれとは言いません。味そのものは悪くはないです。ただ、物足りないのです。そして、世の中がそればかりになってしまっては選択のしようがない。

商品棚になめらか、とろけるばかりでは、かたいプリンを好む人はどうしようもありません。

では、どうするか。無い物なら作ればいい。
店で売る事にしました。
で売る事にしました。
ということで、作ってしまいました。かたいプリン。黄身、白身などの材料の配分、撹拌回数、濾す回数、焼く温度や時間など様々なパラメータを変えながら数十回試作を繰り返し、自分の理想とする硬さ、甘さ、バニラの風味、しっとりとした食感のプリンとしました。
スプーンを弾ませる確かなかたさ!
スプーンを弾ませる確かなかたさ!
横にしても流れ出さない確かな硬さ!
横にしても流れ出さない確かな硬さ!
スプーンの上でも形を崩す事のない確かな硬さ!
スプーンの上でも形を崩す事のない確かな硬さ!
皿の上で直立する確かな硬さ!
皿の上で直立する確かな硬さ!
もちろん容器の底にはほろ苦いカラメルが入っている。子供には不評だが、昭和の菓子はこうなんだよ!
もちろん容器の底にはほろ苦いカラメルが入っている。子供には不評だが、昭和の菓子はこうなんだよ!
ヒャッハー!うまいぜ、かたいプリン!
ヒャッハー!うまいぜ、かたいプリン!
スイマセン。つい浮かれて大き目の写真と「!」を多用してしまいました。

そう、かたいプリンはテンションが上がるお菓子なのです。昭和生まれの人間にとって、プリンといったらかたいプリン。生まれた時からなめらかプリンばかりのネイティブナメラカンな平成生まれには分かるまい。

かたいプリンが大好きだ!

コンビニやスーパーでも出始めている

さて、無い物なら作ればいいと言ったものの、やはり自分で作るとなると面倒。作る技術や道具が無いという方も多い。先に書いた通り、購入してくると言っても絶滅危惧種。簡単には見つかりません。
かたいプリン派には有名なマーロウのプリン。横浜あたりに住んでいる人なら気軽に買える。
かたいプリン派には有名なマーロウのプリン。横浜あたりに住んでいる人なら気軽に買える。
と、思っていたら実は最近徐々にかたい系のプリンが出回り始めているのです。それもコンビニなどに並ぶプリンでもかたい物がでています。

例えばこちらの商品。
「かため」と書かれている安心感。
「かため」と書かれている安心感。
コンビニチェーンのミニストップで販売されている「なつかしのたまごプリンかため」です。

時々「昔ながら」とか、「懐かしの」とうたっていながら、食べてみるとなめらかタイプで「これを作った奴は平成生まれのネイティブナメラカンだな!お前らの昔なんてつい最近だ!」と、ナチュラルボーンかたいプリンの昭和生まれはガッカリすることがあります。しかし、これは確かにかたいプリンです。
重さに負けない確かなかたさ。
重さに負けない確かなかたさ。
かたいプリンが大好きだ!」の記事の時と同様に250gの鉄の球を乗せ、デジタルノギスを使って沈み込んだ深さを計測して硬さを確認します。
大変いい硬さです。
大変いい硬さです。
結果は13.81mmと十分な硬さがありました。食べてみると、しっかりとした硬さはありますが、やや粘りがありプッチンプリン寄りな硬さとなっています。

ちなみに、かたいプリンと言うと、プッチンプリンは?と言う方がいますが、プッチンプリンはかたいでもなめらかでもなく、あの独特の粘りある食感でプッチンプリンとしての世界を築いているので別物と考えてください。
スプーンの上でも形を保つ確かなかたさ。
スプーンの上でも形を保つ確かなかたさ。
いずれにしろ、コンビニでは珍しいしっかりかたさのあるプリン。卵やバニラの風味が十分に感じられ、甘さも程よくあります。コンビニプリンの中では一番かたいプリン派にオススメ出来るものだと思います。

かたいプリン復活の時は近い!

では、続けて他のかたいプリン情報も紹介していきます。
いったん広告です

コンビニのかたいプリンは他にもある

コンビニで売られているかたいプリンをもう一つ。こちらのプリン。
ピシッとした表面がかたいプリンであることをアピールしている。
ピシッとした表面がかたいプリンであることをアピールしている。
ファミリーマートの「濃厚卵のカスタードプリン」です。濃厚とありますが、卵の風味は比較的あっさりしていて甘さも控えめのプリンです。
この測定方法だとカップの径などで数値に差が出てしまいますが、大体の目安と言うことでご了承ください。
この測定方法だとカップの径などで数値に差が出てしまいますが、大体の目安と言うことでご了承ください。
同様の方法で硬さを測定してみます。鉄の球がしっかり乗る確かな硬さ。
ミニストップの物よりもやや柔らかいが十分な硬さ。
ミニストップの物よりもやや柔らかいが十分な硬さ。
14.53mm。かたいプリンと言えるしっかりとした硬さがあります。先に紹介したミニストップのプリン同様に、後からプッチンプリン的な粘りが感じられます。

カラメルはほろ苦くなく甘めです。しっかり甘さが感じられるプリンならばほろ苦い方がいいですが、あっさり控えめの甘さなのでこういうカラメルの方が合うのでしょう。
個人的にちょっと甘さが物足りないですが、しっかりかたいプリンです。
個人的にちょっと甘さが物足りないですが、しっかりかたいプリンです。
この他にも、コンビニではセブンイレブン「たまごぷりん」、サークルKサンクス「窯出し卵を味わうプリン」、スリーエフ「美味しい卵でつくった たまごプリン」などがかたいプリンと言われています。

商品開発の方が潜在的な需要に気付いてくれたのか、決定権のある立場の人がかたいプリンを望むようになったのか。とにかく、コンビニでもかたいプリンが徐々に復活しつつあります。

高級スーパーのかたいプリン

つづいては、高級スーパーで売られているかたいプリン。この手のスーパーは利用者の年齢層が高め目の為か、昭和な味の商品に出会える確率が高い。

まずはこちらのプリン。
容器がアルミカップなあたりでポイント高い。
容器がアルミカップなあたりでポイント高い。
成城石井の「特製焼プリン」です。高級スーパー系のプリンは手作り感が高く、材料が卵、砂糖、牛乳、バニラとシンプルな事も特徴と言えます。
家庭でも手軽に作れるお菓子ですからね。材料はシンプル。
家庭でも手軽に作れるお菓子ですからね。材料はシンプル。
成城石井のプリンは、卵感は軽く甘さは控え目です。硬さは十分にあるが、しっとりとした舌触り。卵プリンというよりも牛乳プリンと言った感じです。カラメルはやや苦めの昔風。
味はアッサリですが、硬さは十分にあります。
味はアッサリですが、硬さは十分にあります。
個人的な感想としては、お菓子はお菓子としてしっかり甘さを感じられる方がいいので、成城石井のプリンはちょっと物足りません。しかし、間違いなくかたいプリンです。
いつまでもその硬さを保っていただきたい。
いつまでもその硬さを保っていただきたい。
高級スーパーのプリンでもう一つ。こちらのプリン。
ここのスーパーで野菜とか見ると値段に驚くよね。
ここのスーパーで野菜とか見ると値段に驚くよね。
紀ノ国屋の「カスタードプリン」です。成城石井は都内近郊の主要駅などで見かける事が多くなりました。しかし、こちらはまだ青山や吉祥寺、国立、新宿などにしかなく気軽に購入とはいきませんが、かたいプリンファンには割りと知られた商品なので紹介します。
表面の張りは一番。中はしっとりしています。
表面の張りは一番。中はしっとりしています。
紀ノ国屋のプリンは比較的高温で焼いているのか、表面がピシッと張りがあります。しかし中はしっとり食感。卵、バニラの風味がしっかり感じられ、甘さも抑えすぎず丁度良いです。カラメルもほろ苦くバランスがいい。
表面付近が若干ボソつく感じで甘い卵焼き風ですが、中はしっとりとかたいプリンです。
表面付近が若干ボソつく感じで甘い卵焼き風ですが、中はしっとりとかたいプリンです。
先に紹介したコンビニ、スーパーなどのプリンの中では、この紀ノ国屋のプリンが一番かたさ、甘さなどのバランスがいいと思います。

では、続いて飲食店、専門店で買えるかたいプリン情報の紹介です。
いったん広告です

意外な店にかたいプリン

続いては、飲食店で購入出来るかたいプリン。古い喫茶店などに行くと、まだ昔ながらのかたいプリンの乗ったプリンアラモードが生き残っていたりしますが、今回は全く違うタイプの店。こちらです。
すし屋だけどかたいプリンでも知られています。
すし屋だけどかたいプリンでも知られています。
千葉、東京、神奈川、埼玉に店舗を展開している回転すしチェーンの銚子丸です。かたいプリンファンの間では、こちらのプリンはよく知られた存在。しかも、プリンだけの持ち帰り購入も可能です。
こんな感じの容器に入れて持ち帰れます。
こんな感じの容器に入れて持ち帰れます。
そして、こちらが銚子丸の「塩プリン」。実は、9月末にプリンを購入しに行ったところ、従来売られていた「特製プリン」は一部店舗のみでの販売となり、こちらの商品に切り替わっていました。
硬さは変わらないけれど、味は変わってしまった。
硬さは変わらないけれど、味は変わってしまった。
しかし、商品が変わってもしっかり確かな硬さがありました。後味にフワッとクリーミーな卵の風味が残ります。
カップに入っていないながら十分な硬さを示す。
カップに入っていないながら十分な硬さを示す。
バニラの風味は控え目です。ちゃんと甘いが、塩の効果なのか甘さが引き締められてさっぱりとしています。寿司の後に食べる事を想定したら、この引き締め具合の甘さが丁度良いかもしれません。
角がしっかり立っている。でも、お菓子はスタンダードが好み。「特製プリン」全店復活を望みます。
角がしっかり立っている。でも、お菓子はスタンダードが好み。「特製プリン」全店復活を望みます。
飲食店系のプリンでは、材料の手間等で元々かたいプリンは多いと思われます。探せばまだ残された宝が沢山眠っている可能性を感じます。

元サッカー日本代表も絶賛のかたいプリン

最後はかたいプリンファンには非常に有名なプリン専門店。こちらのお店。
住宅街の路地を入ったところ。2階部分の窓口のみのお店です。
住宅街の路地を入ったところ。2階部分の窓口のみのお店です。
東京都渋谷区の代々木八幡。駅から歩いて5分ほどの住宅街の中にある「プリン専門店 POPOCATE(ポポカテ)」です。
扉を開けると階下から店の人がとんできます。夕方行ったのでほぼすべての商品が売り切れ。取り置きしてもらっていたので無事購入。
扉を開けると階下から店の人がとんできます。夕方行ったのでほぼすべての商品が売り切れ。取り置きしてもらっていたので無事購入。
1日1プリンのプリンマニア。元サッカー日本代表の前園真聖さんがここのプリンのファンということで知られています。オフィシャルブログにもよくこの店のプリンが登場します。

この店の「POPOかた」は、かたいプリンファンが遠方からも買いに来る人気商品です。
容器がかわいい。
容器がかわいい。
小ぶりなガラスの容器に入ったプリンはしっかりと弾力があり、硬さを感じた後はしっとり滑らかに口の中で崩れていきます。
この張り具合。いいねー。
この張り具合。いいねー。
卵の味が濃く、甘さは抑え過ぎず甘過ぎず丁度いい。バニラビーンズを使い、上品なバニラの香りが穏やかに広がります。
しっかり角が保たれる。いいぞー。
しっかり角が保たれる。いいぞー。
カラメルも程よくほろ苦く、硬さ、卵の風味、甘さ。非常に理想のバランスに近いプリンです。これはうまい。
うまいぞポポカテのプリン。小さめなので何個も食べたくなってしまう。
うまいぞポポカテのプリン。小さめなので何個も食べたくなってしまう。
遅い時間に行くと売り切れ確実なので、買に行く際は予約してから行くのがおススメ。「POPOかた」は、かたいプリン好きなら是非食べるべき1品です。
POPOCATE
〒151-0062
東京都渋谷区元代々木町23-4
定休日:月曜日
営業時間:12:00~19:00
(日祝 11:00~18:00)
03-5738-8533
http://popocate.com/
詳細はホームページで確認してください。

かたいプリン復活の時は近い!

ちなみに、なめらかプリンで有名なパステルが、なめらかプリンを販売開始したのが1993年。平成5年のこと。そこから一気に世のプリンなめらか化が始まりました。

個人的な分析として、なめらかプリンが増えたのにはプリンの材料のシンプルさにあると考えています。材料がシンプルなので差別化が難しい。そこに「なめらか」という、食感はもちろん、インパクトのある特性を示す言葉が頭についたことが大きな差別化につながりました。そして人気が出ると追従する者が現れる。その流れは止められず、一気になめらかプリン時代へと世は動きます。そして、かたいプリンは過去の遺物として一部の継承者により細々と受け継がれ、絶滅危惧種と言われながら生きながらえてきました。

しかし、今こうしてかたいプリンが徐々に世に戻りつつあります。いずれ近いうちに、プリンをくださいと言ったら「かたいのですか?なめらかですか?」と聞き返されることになるでしょう。かたいプリン復活の時は近い!

フワフワ、トロトロばかりの時代はもう終わりだ!かたいプリン派よ、蜂起せよ!もっと歯ごたえを!甘さを!かたいプリンを!かたいプリンが大好きだ!
自分で作ったかたいプリンの硬さはこのぐらいです。低温の湯煎焼きで1時間半ぐらいかけて焼いているので、中はしっとり仕上がっています。
自分で作ったかたいプリンの硬さはこのぐらいです。低温の湯煎焼きで1時間半ぐらいかけて焼いているので、中はしっとり仕上がっています。

エキスポでかたいプリン振る舞います

10月16日のデイリーポータルZエキスポでかたいプリンの振る舞いやります。あまり数は無いので先着順になるかと思います。

かたいプリン好きの方。是非食べてみてください。かたいです。

10/16(日)はサイトを上げての全力祭り「デイリーポータルZエキスポ」!
http://dpz.cocolog-nifty.com/q/2016/09/1016z-171e.html


プレゼンもやります。凄くて面白い特許出願を紹介します。こんな感じです。

「技術立国日本 面白特許出願」
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ