特集 2016年9月17日

26歳の男だけど盛れた自撮りが撮りたい

!
自撮りという行為を26年間生きてきてやったことがない。自撮りをする文化に生きてきていない。

ただ、イケてる自撮りの写真は一枚欲しい。カッコイイ写真が欲しい。なぜならモテたいから。
大学中退→ニート→ママチャリ日本一周→webプログラマという経歴で、趣味でブログをやっていたら「おもしろ記事大賞」で賞をいただき、デイリーポータルZで記事を書かせてもらえるようになりました。嫌いな食べ物はプラスチック。(動画インタビュー

前の記事:ダイソーの商品だけでかっこよく洋服を着こなす

> 個人サイト ジャーニーとモアイとめがね

とりあえず一枚撮ってみる

「盛れる」というのは、「素の自分よりも美しく、カッコよく写る」ということ。盛れる自撮りの流儀は知らないが、とりあえず一枚撮ってみる。

最初の写真を見て記事を見るのをやめたくなるのもわかる。でも、まだ閉じないで欲しい。最終的には、バンドでベース弾いていそうなくらいには進化するからから、少しだけ付き合って欲しい。
目が死んでいるし、肌は汚い。
目が死んでいるし、肌は汚い。
自撮りをやってみてわかった。自撮りをすること自体がものすごく恥ずかしい。普段やらない人はためしに自撮りしてみて欲しい。ものすごい気恥ずかしさが全身を襲ってくるはず。

あと予想以上に自分の顔が不快だ。人間は鏡で自分を見ているときは、何割か良く見ているという話は本当らしい。今まで自分の顔は多少マシに見えていたらしい。

自分なりにどこが不快だと感じたのか分析してみた。
自分で書いていて落ち込んだ
自分で書いていて落ち込んだ
とりあえず自分で書いておいてなんだけど、精神的ダメージがすごい。

何枚か自撮りをしてみたけど、同じような不快な写真しか撮れなかった。
「やっぱりイケメンじゃないと自撮りは無理だ」そう結論づけようかと思ったが、諦めるにはまだ早い。

自撮りはやはり女性にアドバイスをもらうのが良いと思った。
その中でも極めて自撮りをする機会の多そうな、「アイドル」と「ギャル」にそれぞれ話を聞くことにした。

自撮りのコツを地下アイドルに聞いてみた

僕は高校時代の後輩に、地下アイドルをやっている女の子がいる。(そのあたりは記事にもなっているので、よかったら読んでください

その後輩の地下アイドルに連絡して聞いてみたところ、色々と自撮りについて教えてくれた。
地下アイドルの自撮り講座その1
地下アイドルの自撮り講座その1
やっぱりカメラアプリは必須らしい。今のカメラアプリは、美白、美肌、ニキビ消しは当たり前で、自撮りをするときにアプリを使わない人はほぼいないという。

その中でも、今もっとも使用されているのは、Beauty PlusとCamera360というものらしい。
こんなキラキラしたアプリ入れるのは初めて。
こんなキラキラしたアプリ入れるのは初めて。
このアプリはもともと撮ってある写真も加工することができるので、試しに冒頭に自分で撮った写真にBeauty Plusを使ってみることにした。
一番最初の不快な写真をBeauty Plusアプリで加工すると、、、
一番最初の不快な写真をBeauty Plusアプリで加工すると、、、
一気に美白になる!なにこれすげぇ、、、
一気に美白になる!なにこれすげぇ、、、
すごい!肌が一気にキレイになった。ニキビ跡のゴツゴツが消えた。毛穴が消えた。そしてその代償にアゴ髭も少し消えた。

Beauty Plusは特殊な操作がいるわけでなく、写真を撮ったあとはアプリが顔を判別して自動で美白にしてくれるようだ。これはすごいわ、、、

Camera360の方も使ってみたけど、こっちのアプリはもっと細かいことができる。黒目を大きくすることもできるし、なんと「涙袋」もつけたりできるようだ。
加工の種類がかなり豊富。
加工の種類がかなり豊富。
ためしに「鼻」を高くしようと思って、鼻のボタンを何回もいじっていたら新種のマントヒヒみたいになった。
あんまりやりすぎるのもよくないらしい。
鼻の上をデロリアンでも走ったような焦げ跡ができた。
鼻の上をデロリアンでも走ったような焦げ跡ができた。
自撮り講座その2
自撮り講座その2
カメラは真正面から撮るのでなく、少し斜め上に構えて撮るのが基本。わざわざイラストまで付けてくれた。わかりやすい。
少し上にもつと小顔効果があるらしい。
少し上にもつと小顔効果があるらしい。
ただすごい疑問だったのが、自撮りするときにどうやってカメラ持てば良いのかわからなかった。
試行錯誤した結果、大魔神佐々木ばりのフォークボール投げそうな手でカメラを持つのが一番安定した。体勢も腕もかなり辛い。自撮りって大変だな。
良いフォーク投げそう。でもこれが一番安定した。
良いフォーク投げそう。でもこれが一番安定した。
自撮りの体勢はかなりつらい。これで可愛い顔をして撮っていると思うと女の子の努力はすごい。
自撮りの体勢はかなりつらい。これで可愛い顔をして撮っていると思うと女の子の努力はすごい。
あとはカメラを縦でも横でもなくナナメにすると良いことや、人間は左右で顔が良く見える方向があるとかも教えてもらった。

自分が思っていた数倍奥が深いな、自撮り。
さすが現役で地下アイドルやっているだけはあって、撮り慣れている感がある。
さすが現役で地下アイドルやっているだけはあって、撮り慣れている感がある。
アプリのすごさと、自撮りの難しさはわかった。だけどまだ情報不足で、とてもじゃないけど、まだ盛った写真が撮れる気がしない。

ということで今度は自撮りの代名詞と言っても過言ではない「ギャル」に聞いてみることにした。

自撮りのコツをギャルに聞いてみた

僕の友人のギャルに連絡して聞いてみた。やっぱり自撮りと言えばギャルっしょ↑↑(空元気)。
ギャルの自撮り講座その1
ギャルの自撮り講座その1
先ほどでてきたBeauty PlusやCamera360というカメラアプリもすごいが、スナップチャットというアプリもすごいらしい。
このアプリを使うと、人物にフィルターをかけることができる。最近よく犬や猫のフィルターをかけている、こういった写真を見たことある人も多いと思う。
それはこういったアプリを使って撮っているのである。
さっきのアイドルの子がアプリでフィルターを使った写真。
さっきのアイドルの子がアプリでフィルターを使った写真。
スナップチャットにも複数そういったフィルターがあり、その中の一つに「一瞬で顔が激ヤセして美肌になる」フィルターがあるらしい。

使って見たら確かにすごかった。スナップチャットの場合、このまま動画を撮ることもできるので、「肌がキレイな動いている自分」を撮ることもできる。
こんなに肌がボロボロの僕でも、、
こんなに肌がボロボロの僕でも、、
一瞬でほっそり美肌。そしてなぜか髭が濃くなる。
一瞬でほっそり美肌。そしてなぜか髭が濃くなる。
スナップチャットは顔を認識している間だけ、顔をかっこ良くしてくれるのである。ということは、スマホから顔の認識が外れた場合は、自分の本当の顔がうつる。

ということでこちらのgifを見て欲しい。
おわかりだろうか?顔を横に向けて、顔の認証が外れたときに、顔が肥大化して肌が汚くなる。
そして再び正面にもどったときに「カッコイイ」自分になる。
ここまでくると技術の進歩に感嘆するだけである。
ここまでくると技術の進歩に感嘆するだけである。
ギャルの自撮り講座その2
ギャルの自撮り講座その2
「晴れている日に自然光を窓から取り入れて、レースカーテンを一枚挟むと光が柔らかくなって毛穴やクマが消えて目に光が綺麗に入って盛れるよ」

というアドバイスをもらった。日の光が大事らしい。というか自撮りって本当に奥が深いな。

このテクニックはすぐに家でできそうなんだけど、困ったことに「レースカーテン」というものが我が家には存在しない。

ということで、レースカーテンの代わりに、ティッシュペーパーをガムテープでつなげて、即席のカーテンを作った。
ゴミを作っただけのように思える。
ゴミを作っただけのように思える。
これを窓につけて、光を遮ってアプリを使って写真を撮ってみた。たしかにアプリを単体で使うより、自然に撮れている気がする。
自分で見ても腹が立つ顔。
自分で見ても腹が立つ顔。
でもやっぱり冷静になって窓を見てみると、一体何をやっているんだろうという虚しい気持ちがこみ上げてくる。
もはや狂気すら感じる
もはや狂気すら感じる

色々と試した結果、、、

光を取り入れれば、少しはキレイに撮れるということがわった。ならば、照明に近づけば、もっと盛った写真が撮れるのではないのか?
これ家族に見られたら、なんて言い訳すれば言いのだろうか。
これ家族に見られたら、なんて言い訳すれば言いのだろうか。
ただこれは完全に失敗だった。
電気に近づいてやってみたけど、光りすぎた。もう全身が光りすぎて明日から「人間発光ダイオード」を名乗ろうか迷うレベル。
自ら光を発しているようにしか見えない。「さよなら、、、天さん、、、、」と言って自爆しそうな雰囲気もある。
自ら光を発しているようにしか見えない。「さよなら、、、天さん、、、、」と言って自爆しそうな雰囲気もある。
結局色々と試した結果、僕の顔面レベルでは「鼻から下を隠す」という行為でしか、盛った写真を撮ることができなかった。
やはり自撮りするにも、ある程度の顔面レベルがないと難しいようだ。特に目が二重じゃないと、致命傷に自撮りが上手く撮れないのかもしれない。
美白、小顔、美肌、ニキビ消し、黒目を大きくすると、かなり加工した。
美白、小顔、美肌、ニキビ消し、黒目を大きくすると、かなり加工した。
やはり僕には自撮り無理なのか。カッコよくうつることは無理なのか、、、

いやまだだ!僕にはまだ「最終兵器」がある。

Photoshopで加工しよう

人類の最終兵器であるphotoshopを使用することにした。Photoshopとは写真や、画像を加工するパソコンのソフト。写真家や、デザイナーのような画像に関わるプロが愛用して仕事で使っている。

僕は普段webのプログラマをやっているので、会社にはデザイナーの人がいる。
ということで、会社のデザイナーの先輩に「僕の顔を最高にかっこよくしてください!」と言うわけのわからないお願いをし、写真を送りつけて編集してもらうことにした。
自分の顔が編集されていくのは変な気分。
自分の顔が編集されていくのは変な気分。
10分もしないうちにカッコよくなった僕の写真は完成した。

まずは初めに元画像から見てみよう。何回も見ているので飽き飽きしていると思うが、これが普段の僕。
やっぱり何度見ても不快さは拭えない。
やっぱり何度見ても不快さは拭えない。
次はレベル2。
肌をキレイにし、ほうれい線をなくしている。それだけじゃなく、顔を短くし、さらにスリムにもしている。Photoshopすげぇ、、、
この時点でもう別人になってきた。
この時点でもう別人になってきた。
そしてレベル3。
先ほどの写真から肌の色を明るくして、さらに肌をキレイにしている。目と目の間の距離も少し話している。整形レベルの話ではない。顔面大陸移動である。
だいぶ顔がよくなってきた。ただもうこれは自分ではない誰か。
だいぶ顔がよくなってきた。ただもうこれは自分ではない誰か。
変化をまとめると以下の通りである。人類の進化過程のように劇的に良くなっていくのがわかる。Photoshopってすごい。あと自分の本来の顔の長さに驚く。
一番左が現実の自分だと思うと悲しくなってくる。
一番左が現実の自分だと思うと悲しくなってくる。

もはや原型がない最終レベル

そして最後のレベルMAX。
もう僕の要素はほぼない。あるとすれば髪型と眼鏡だけだ。顔面の要素から、僕はいなくなった。さよなら自分。こんにちは本当の自分。

口も修正してあるし、目は二重になっている。目と目の距離はさらに離れたし、輪郭も整えている。美容整形だとしても、頭蓋骨を他の人と入れ替える改造手術をしないとこの顔にはなれない。
この顔で生まれたかった。
この顔で生まれたかった。
変化がわかりやすいように変化図を作った。
これを見ると、元の自分の顔がかわいそうになる。現実っていつも残酷だ。
「photoshopってすごい!」っていうのと「本当の顔ブスだな~」っていうのが両方わかる稀有な画像。
「photoshopってすごい!」っていうのと「本当の顔ブスだな~」っていうのが両方わかる稀有な画像。

自撮りは難しい、そしてphotoshopはすごい。
自撮りはめちゃくちゃ奥が深いと思った。良い写真一枚撮るために色々な知識とか、努力があるのだと知った。女の子の自撮りは色々な努力が詰まっている。

記事を見直して、加工写真のあとに自分の本当の顔を見るとやっぱりヘコむ。ブスはブスだ。
カメラのフォルダ見たらめちゃくちゃ自分が好きな人みたいになっていた。
カメラのフォルダ見たらめちゃくちゃ自分が好きな人みたいになっていた。
あと、僕の写真ばかりのこの苦行のような記事を最後まで見てもらえて、本当にありがとうございました。これ見て耐えられるって、精神力が相当ありますよ。本当に。

SNS系の写メはこれからすべてレベルMAXの写真でいきたいと思います。本当の私デビュー。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓