特集 2016年5月18日

全国各地の「地図キーホルダー」は金沢で作られていた

キーホルダーがどっさり
キーホルダーがどっさり
日本各地の観光地の土産物屋で、県の形をしたキーホルダーをよく見かけるとおもう。買ったことがあるひとはぼくだけではないだろう。

このキーホルダーは「地図キーホルダー」と呼ばれており、収集しているマニアもいるほどで、地味だが人気のあるアイテムだ。

これらのキーホルダー、いったいどこでどんなふうに作られているのか?
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。(動画インタビュー)

前の記事:ぶら下がり取材されたい

> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

ものすごい量のキーホルダーに圧倒される

石川県金沢市にやってきた。
金沢駅です
金沢駅です
日本全国で売られている観光地のキーホルダーのほとんどを作る会社が金沢にあるらしいのだ。
桂記章の澤田さん
桂記章の澤田さん
その会社は、金沢市郊外にある桂記章株式会社だ。
ここで日本全国のを作ってるのか?
ここで日本全国のを作ってるのか?
日本各地と言われてもちょっとピンとこないかもしれない。まずはこれを見て欲しい。
はいズドーン
はいズドーン
このキーホルダーの山っていうか壁。過去に桂記章で製造されたキーホルダーの数々だ。とにかく見ていただきたいので撮ってきた写真を並べます。
北海道の横に沖縄のキーホルダー
北海道の横に沖縄のキーホルダー
鳥取、石川、埼玉、福井、淡路島
鳥取、石川、埼玉、福井、淡路島
男鹿半島だけのキーホルダーなんてのがあるのか
男鹿半島だけのキーホルダーなんてのがあるのか
北は北海道から南は九州沖縄まで。日本各地のありとあらゆる観光地の名前が入ったキーホルダーが保管されている。

そして、地図だけじゃなく、観光地で売ってそうなありとあらゆるキーホルダーが掛けてあるのだ。
ファンシー絵みやげだ
ファンシー絵みやげだ
阿蘇山と能登半島のちょうちんキーホルダー
阿蘇山と能登半島のちょうちんキーホルダー
ファンシー水戸黄門
ファンシー水戸黄門
でけえ通行手形
でけえ通行手形
これ、わらじキーホルダーですね
これ、わらじキーホルダーですね
伊達政宗、なまはげ、琉球花笠……
伊達政宗、なまはげ、琉球花笠……
あぁ、無くなってしまった施設のキーホルダー……
あぁ、無くなってしまった施設のキーホルダー……
高速道路の看板と盃
高速道路の看板と盃
あー、ヘッドマークだ!
あー、ヘッドマークだ!
圧倒的な物量をまのあたりにすると、言葉を失う。ぼくは、ただ「うっわぁー」といいながら写真を撮ることしかできなかった。

この部屋、キーホルダーコレクターのみならず、キーホルダーにたいして興味ないひとでも数時間は時間が潰せるんじゃないだろうか。できれば、酒を飲みながらこのキーホルダーをひとつづつ鑑賞したい。

マルコポーロのいう黄金の国ジパングって、金沢だったかもしれない。
ダメ押しにもうひとつ
ダメ押しにもうひとつ

捨てようと思ってた(!)

ところで、澤田さんの話によると、この壁にかけてあるキーホルダー。実は廃棄するつもりだったらしい。

桂記章では、キーホルダーを受注すると、注文を受けた分だけ在庫が残らないように作る。

したがって、この残っているキーホルダーは、色の見本でひとつづつ残していたものがたまっていき、この量になったのだという。

事務所を整理して片付けるときに、もう必要ないので廃棄しようという話になった。
しかし、さすがにすべて捨ててしまうのはなんだかもったいないということで、資材置き場の壁に掛けてそのまま10数年たっているらしい。
倉庫の壁にどっさりあるキーホルダー
倉庫の壁にどっさりあるキーホルダー
この貴重なキーホルダーの山、危うく捨てられちゃうところだったけれど、間一髪でなんとか残ってくれた。

工場の人たちにとっては、キーホルダーは場所をとるだけで、まったく役に立たないわけだけど、ぼくたちのような部外者にとってはこれがいちばんおもしろい。

おもしろいのだけど、ながめておもしろがって終わるわけにはいかない。なぜ桂記章は日本各地の観光地のキーホルダーを作るようになったのだろうか?
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓