広告企画♪ 2016年5月18日

夢のゼロ・グラヴィティをセメダインで実現する3つの方法

無重力絵巻。
無重力絵巻。
ゼロ・グラヴィティ。ここでは、あの偉大なるキング・オブ・ポップの驚異的なダンスパフォーマンスのことである。足元を軸にして角度の急な前傾姿勢になり、また元の直立姿勢に戻るというアレだ。

誰しも一度はやってみたい、あの超前傾姿勢。特訓なしで、手っ取り早くできる方法はないものか。あった。接着剤を使えばいいんだ!
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。(動画インタビュー)

前の記事:餃子に羽根を「生やして」みた

> 個人サイト 妄想工作所

接着につぐ接着

先日、担当の石川さんから妙な相談があった。

「住さんにゼロ・グラヴィティをやってもらう企画をお願いできませんか。セメダインで靴を床につけてゼロ・グラヴィティができるかっていうのと、心配なのであと2パターンほど用意したくて。」

さて何から理解したらいいのか。と思う間に、石川さんの手によるイメージ画が3つ送られてきた。
肝心の接合部に「?」が書いてあるね。
肝心の接合部に「?」が書いてあるね。
これはわかる。ディスイズ・ゼロ・グラヴィティ!
これはわかる。ディスイズ・ゼロ・グラヴィティ!
これもある意味わかる。もはや王道コントですな。
これもある意味わかる。もはや王道コントですな。
わかりました、やりましょう。と答えたはいいが、さてどうしたものか。いや、考えるな、感じろ。イメージ画を見るに、手探りなのは皆同じだ。この画から自分のカンを頼りに展開しろ。

とにかく必要と思われるものを買い集め、準備にかかった。もちろん「セメダイン スーパーXゴールド」も手に入れた。

ところでこの「セメダイン スーパーXゴールド」だが、実に多用途なんである。金属、硬質プラスチック、軟質塩化ビニル、コンクリート・タイル、陶磁器・石材、合成ゴム、皮革・布、木材などを強力に接着できる。乾いてもやわらかい「弾性接着剤」のため、衝撃に強い。接着後にグイッと引っ張ったりしても、粘りでもって吸い付く感じで、頼りになる。

しかし今回は「靴」や「リュック」「紐」など未知の物体を接着するのだ。失敗は許されない。できる限り慎重にモノを選んだ。
住さんにメールで靴のサイズを聞いて、私が店で買うという稀有な体験をした。
住さんにメールで靴のサイズを聞いて、私が店で買うという稀有な体験をした。
ちなみに本物のゼロ・グラヴィティにはやはり仕掛けがあって、床に打った金属の突起に特殊な靴の溝を嵌めて行うものらしい。そして足首も、サポーターでがっちりガードしてあるとのこと。

サポーター云々は難しそうなので、深めのスニーカーで行くことにした。そして何より、丈夫なものを。あとは演者さん(住さん)が頑張ってくれるだろう。
なるべく裏側が反り返っていないものを選んだつもりだ。
なるべく裏側が反り返っていないものを選んだつもりだ。
靴底は合成ゴムだから、問題ないはず。裏側はほぼ平らだが、網目状に凹凸があるのでそのあたりどうだろうか。

問題は、その下の板である。撮影場所の床に接着するわけにいかないので、前もって板に接着し、板ごと靴を持ち込むわけだが、問題はそのサイズである。想像もつかん。
厚み、これくらいあれば・・・ねぇ?
厚み、これくらいあれば・・・ねぇ?
横幅はたぶんギリギリでいい。縦は、長ければ長いほど安心だろう。しかしこれで十分、という長さってきっとあるよな・・・と頭の中でさんざんシミュレーションを重ねて(しかしなにぶん経験も計算力もないから最後は希望的観測で)、60cmくらいの板にしてみた。あとは演者さんが頑張ってくれるだろう。
  接着前に位置のシミュレーションを重ねるが、これも想像の域を超えないのだった。
接着前に位置のシミュレーションを重ねるが、これも想像の域を超えないのだった。
そしてこれ!スーパーXゴーーールド!
そしてこれ!スーパーXゴーーールド!
接着する物の両方に塗って1分ほど置き、そのあとくっつけるという接着方式である。タイムラグが発生しないよう、片足づつ素早く塗っていこう。
付属のヘラでサッササッサと塗っていく。
付属のヘラでサッササッサと塗っていく。
両方に塗ったら1分そのまま待つ。
両方に塗ったら1分そのまま待つ。
ガッと接着。
ガッと接着。
撮影場所の床を想像しながら色を合わせる。
撮影場所の床を想像しながら色を合わせる。
接着後、2分で動かなくなり・・・と書いてあったが、本当に動かなくなった。おお・・・。しかし実用強度までは1日置かねばならない。そのための、各自の宿題だったのだ。
接着後24時間以上経った。実用強度に達しているかと思われる。
接着後24時間以上経った。実用強度に達しているかと思われる。
というわけでこの実験の直前に実家に帰る用事があったので、資材ごと持っていった。
というわけでこの実験の直前に実家に帰る用事があったので、資材ごと持っていった。
ホームセンターで買ったこういう部品に紐を通す所存。
ホームセンターで買ったこういう部品に紐を通す所存。
リュックの表面は軟質塩化ビニルだったので、付くはず。
リュックの表面は軟質塩化ビニルだったので、付くはず。
これはこれで、ありそうなデザインに見える。
これはこれで、ありそうなデザインに見える。
そして、ゴールデンウィーク真っ最中の或る日、各自準備を整え資材を携え、撮影場所である東京カルチャーカルチャーに集合したのだった。

考えてみりゃ唐突

私以上に手探りな様子の住さんがやってきた。とにかく衣装に着替える。さすが演者さん、緊張感がみなぎっている、ということもなく、ぼやいてばかりいる。
「絶対おかしいって!」。なぜゼロ・グラヴィティ演じるためだけに俺が呼ばれてんだ、ということです。
「絶対おかしいって!」。なぜゼロ・グラヴィティ演じるためだけに俺が呼ばれてんだ、ということです。
編集部の面々もこの不思議な気分でいる様子。なんだこのイベントは。

まだ最初のページなのでそういう雰囲気になるのも当たり前といえば当たり前なのだが、安心してください、最後まで終えてもなお不思議ですから。
ガッチリくっついてる、すげー、と広告担当の安藤さん。住さんはこのユニットを見て「できないって!」とまた嘆く。
ガッチリくっついてる、すげー、と広告担当の安藤さん。住さんはこのユニットを見て「できないって!」とまた嘆く。
第3案「地面自体を斜めに」の担当・石川さんはインフラから準備のため大掛かりな荷物に。
第3案「地面自体を斜めに」の担当・石川さんはインフラから準備のため大掛かりな荷物に。
そういえば住さんは腰を痛めていたはずだが、大丈夫なんだろうか。一番遠ざけたほうがいい仕事のような・・・。

そんな心配をよそに、きっちり仕上がってきた。
自前の衣装だそうです。キング・オブ・ポップ感ある。
自前の衣装だそうです。キング・オブ・ポップ感ある。
「おかしいって!」とまだぼやき続ける住さんにはまずリュックを背負ってもらう。第1案、「リュックを紐で引っ張って均衡を保つ」方式だ。
何ですかこの格好にリュックって!
何ですかこの格好にリュックって!
とにかく進める裏方スタッフ。丈夫な紐も用意してきましたよ
とにかく進める裏方スタッフ。丈夫な紐も用意してきましたよ
「だからおかしいって!」
「だからおかしいって!」
わかったわかった。じゃ始めましょう。


セメダインでキング・オブ・ポップになれるのか。

いったん広告です

リュック背負って踊る人

「セメダイン スーパーXゴールド」でリュックにつけた金具に紐をぐるっと通し、石川さんが紐を引っ張って支えることになった。

リュックはドイツブランドの丈夫なものを買ったし、金具もガッチリ接着されている。その一方で、腰痛だった住さんと、かたや細めな石川さん、これ以上不安な組み合わせはない。

チェーンの強度は、一番弱い輪の強度で決まる。さあ成功するか?!
両者の表情の差。
両者の表情の差。
石川さんの笑顔は住さんの絶え間ないぼやきに寄るもので、悪意の笑いではない。
石川さんの笑顔は住さんの絶え間ないぼやきに寄るもので、悪意の笑いではない。
どこまで行けるかテスト。
どこまで行けるかテスト。
バランス崩壊の瞬間。
バランス崩壊の瞬間。
上の写真での石川さんの重心の高さと、接着部があの2点のみというところで、これ、当人はとても怖かっただろう。今になって伝わってきた。ヘラヘラ笑っててすみません住さん。
ストレッチはしておこう。そして紐を支えるほうも改善点を見つけた様子。
ストレッチはしておこう。そして紐を支えるほうも改善点を見つけた様子。
腰を一回りさせて紐を支えることに。乙幡はスタイリストのごとく、接着部に駆け寄っては確認。
腰を一回りさせて紐を支えることに。乙幡はスタイリストのごとく、接着部に駆け寄っては確認。
これは!けっこういい線行ってる。
これは!けっこういい線行ってる。
本物のあのゼロ・グラヴィティは時に30度近くまで傾くこともあったが、今回はとりあえず45度を目標に据える。もう少しじゃないか?いきなりゴールが見えた!
「今、メキッて言わなかった?」 リュックの外皮が摺れる音にも戦々恐々。接着部は大丈夫だ!
「今、メキッて言わなかった?」 リュックの外皮が摺れる音にも戦々恐々。接着部は大丈夫だ!
パースをつけてみると、またなかなかのもんだ。今思えば各ポイントの重心が高めだったか。
パースをつけてみると、またなかなかのもんだ。今思えば各ポイントの重心が高めだったか。
リュック+紐のベストショットだ。
リュック+紐のベストショットだ。
これをもって、ゼロ・グラヴィティ第1案目を成功とする。あの小さい接着部で数度の試験に耐えたわけだ。広告的にも成功だ。

セメダインの方からコメント

柔らかいものと硬いものの異素材接合となる、軟質塩化ビニルと金属の接着はスーパーXの得意とするところですが、正直、考えたこともない用途でしたので成功して本当に良かったと思います。住さんの勇気とリュックの頑張りにも喝采を送りたいですね。

支え係を動員して踊る人

さあ次は石川さんいわく本命の案、「板に靴を貼り付ける」方式である。さあ住さん、お願いします!
どうすかね。
どうすかね。

ところで住さんは、ある番組の企画で本物のゼロ・グラヴィティを体験したことがあるそうだ。経験者の方でしたか。

それによると、相当大きな鉄板を土台にしてあったそうだ。こんな、合板60cmほどの板では、決してないとのこと。

それさー経験者なんだからさー事前に教えてよー住ちゃーん、と業界人っぽく茶化してぼやきたいところをグッとこらえて「まぁ、なんとかなりますよ」で済ませた。住さんの筋肉量にかけるしかない。

さあお願いします!
さすがにこれは前に支え人がいないと、鼻骨折のおそれが非常にある(「折れたらこれで接着すればいいんですよ」と広告担当安藤さんがこのとき確かに言った)。
さすがにこれは前に支え人がいないと、鼻骨折のおそれが非常にある(「折れたらこれで接着すればいいんですよ」と広告担当安藤さんがこのとき確かに言った)。
接着以外の部分で大きな不安をかかえつつスタンバイ。
接着以外の部分で大きな不安をかかえつつスタンバイ。
さあ、もってくれよ接着面の面々よ。
さあ、もってくれよ接着面の面々よ。
!!!
!!!
・・・っ!
・・・っ!
本命が!

接着後1日以上あけたはずなんだが・・・。
成人男子の重量めいっぱいには耐えられなかったか。
成人男子の重量めいっぱいには耐えられなかったか。
足裏にまだ乾いてない部分があるといけない!ってんでこんな格好になっています。
足裏にまだ乾いてない部分があるといけない!ってんでこんな格好になっています。
乗る前は板にガッチリ付着していた靴だが、靴裏の穴がけっこうな原因かもしれない。そこにも接着剤を塗りこんでいたが、穴の分だけ厚塗りになり、乾ききらなかった感じ。そこへ全体重でもって、しかも「てこの原理」でいい感じに力がかかっちゃった、ということか。
分析中。
分析中。

セメダインの方からコメント

靴底の凹みがだいぶ深いように見えますので、奥まで充分にゆきわたる塗布量であったとして、内部硬化には3~4日、強度発現には1週間程度必要だったかも知れません。また、平らな靴底にサンドペーパーをかけた方が接合設計としてはプラスに働きますね。剥がれたことは残念ですが、素晴らしいトライに感謝です!
住さんの懸念事項だった「板の規格」以前に、この力のかかり方は想定外だったに違いない。次は必ず成功させます!またこの面々でゼロ・グラヴィティを!(記事はまだ続きます)


次でいよいよセメダインが威力を発揮する。

いったん広告です

コントのように踊る人

気を取り直して・・・最後の案は「斜面に家具で錯覚」方式だ。すのこを使って斜面を出現させ、その上に斜めにテーブルや静物を接着して、すのこに普通に立っているだけでゼロ・グラヴィティが可能になるというもの。

小道具だけでなく大道具も投入で、さすが大人という雰囲気になってきたが、やってることはドリフである。
地元のホームセンターからすのこ2枚と角材数本、テーブルなど調達してきた石川さんが主導する。
地元のホームセンターからすのこ2枚と角材数本、テーブルなど調達してきた石川さんが主導する。
その間にダンスの練習に余念のない人。今日のためにDVD見まくったそうだ。
その間にダンスの練習に余念のない人。今日のためにDVD見まくったそうだ。
腰痛は本当に全快したのだろうか。
腰痛は本当に全快したのだろうか。
さすがに今回は、体当たりでテストを繰り返すというわけに行かず、ひととおりプランを練る。
といっても基本的には「画角が斜めだからこう歩いてきて・・・」「すのこの耐荷重がどうの・・・」という内容である。
といっても基本的には「画角が斜めだからこう歩いてきて・・・」「すのこの耐荷重がどうの・・・」という内容である。
ステージに上がる階段を使って斜面を作る。クロマキーまでレンタルしてくる気合、この案が本命でもおかしくない。
ステージに上がる階段を使って斜面を作る。クロマキーまでレンタルしてくる気合、この案が本命でもおかしくない。
ひとつここでまた懸念事項である。今日調達した資材なので、すのこへのテーブル接着と、テーブルへの静物接着がまだなのだ!あと1時間ほどでこの場所は明け渡さねばならない、大丈夫かスーパーXゴールド!頼むぞスーパーXゴールド!!
と焦る間にも地味にガラス瓶に塗り広げる。
と焦る間にも地味にガラス瓶に塗り広げる。
1分待つ間に、いったんCMです。
1分待つ間に、いったんCMです。
ぐっと押しつけ、とりあえず2分待つことに。
ぐっと押しつけ、とりあえず2分待つことに。
石川氏による「静物のある風景」。
石川氏による「静物のある風景」。
テーブルの足裏にもスーパーXゴールドを塗るため、そっとひっくり返す・・・すると!
おー!もうしっかり付いていた。
おー!もうしっかり付いていた。
もう自分が体を張らなくていいので気が楽になったと見える住さん。
もう自分が体を張らなくていいので気が楽になったと見える住さん。
足元にも両面塗って、接着・・・と。これは10分くらい置いておくことに。
足元にも両面塗って、接着・・・と。これは10分くらい置いておくことに。
まずはこの角度でテストしてみる。問題はなさそうだ。
まずはこの角度でテストしてみる。問題はなさそうだ。
「やっぱりもう1段上に置きましょう」 心なしか不安そうな住さん。
「やっぱりもう1段上に置きましょう」 心なしか不安そうな住さん。
おおー、接着からまだ15分くらいでもうテスト可能になった。テーブルを支えきっている・・・
おおー、接着からまだ15分くらいでもうテスト可能になった。テーブルを支えきっている・・・
「では行きます」・・・何を思っていることだろう。
「では行きます」・・・何を思っていることだろう。
はいっ。
はいっ。
舞台装置の割にはあっさりと達成。すのこの傾きを基準にして撮影し、クロマキーの足りない部分をCGで補うと、見事にゼロ・グラヴィティの完成である。
グィーンと傾けた軌跡が見えてくるようではないか。
グィーンと傾けた軌跡が見えてくるようではないか。
あとはこの舞台装置で住さんをいじって遊ぶことに。いろいろなポーズでやってもらう。もうスーパーXゴールド、ほとんど関係ないぞ。
「逆ゼロ・グラヴィティもできますね」と誰かが言った。一瞬何のことかわからなかった。
「逆ゼロ・グラヴィティもできますね」と誰かが言った。一瞬何のことかわからなかった。
まあ、こういうことですけどね。腰!腰!
まあ、こういうことですけどね。腰!腰!
横向き。
横向き。
まあ、こうですわね。
まあ、こうですわね。
終始首がこんな感じの面々。
終始首がこんな感じの面々。
このまままったりと終わるかと思いきや、動画を撮り始めたところ大変面白かったので、ぜひご覧ください。
すのこを基準にすると左方に斜面ができるが、普通に歩いてきてしまうと違和感があるため、その“斜面”を這い降りてきてもらったりした。どっちにしても違和感である。

最後安藤さんが「すごい・・・」とつぶやいているが、確かにほほぅと唸る出来であるけれど、正気に戻ればだから何だという気持ちにもなる。なんか支えられてるし。

あとときどき聞こえる吠え声は「ポウ!」と言っているのだたぶん。
終了するころにはガッチリくっついて、このとおり(すのこも浮いてる)。
終了するころにはガッチリくっついて、このとおり(すのこも浮いてる)。
撤収時、分解しようとするも、接着が強くてパイプのほうが折れた。
撤収時、分解しようとするも、接着が強くてパイプのほうが折れた。

セメダインの方からコメント

もはやセメダインがコメントしてよいものかどうかわからなくなってきましたが、住さんのダンスと演技力が素晴らしいと思います。また、写真や動画からあふれ出るスタッフの皆さんの熱意に心が温まりました。PR記事になっているのかどうかよくわかりませんが、私は感動しました。本当に有り難うございます!

いかがでしたでしょうか「ゼロ・グラヴィティ3本勝負」。超絶ダンスパフォーマンスの再現というより、ほとんどトリックアートの世界でしたね。

要は、用途にあった接着剤を正しく使って、脅威の接着力をぜひ体験していただきたいと、このように思っておる次第ですポウ!
お知らせ

・5月21日(土曜) は物販イベント・工作トークイベントに連続で参加します。

【ときわ台つ・つ・つGARDEN】

平成28年5月21日(土)10時から16時 ときわ台天祖神社 にて 雨天決行

(雑貨物販、飲食ブース、ワークショップ、ライブ )

http://t3garden.blog.fc2.com/blog-category-13.html

・同日18時半カルカルにて開演のこちら!

『また、つまらぬ物を作ってしまったアワード~お題:お酒を楽しく飲める作品。~』 supported byいいちこ

今回3回目にして「アワード」付きました。

腕に覚えのある方はぜひ、上記リンクより工作出品をエントリーしてくださいませ(もちろん観覧のみでもOKです)。


君もセメダインでキング・オブ・ポップになろう。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ