特集 2016年5月4日

じっちゃんの名に自分の記録を打ち破る

!
俺の名前は江ノ島茂道。どこにでもいる普通の会社員だ。だけど、俺のじっちゃんはあの某東電で集金をやっていた春義って言うんだ。俺にはじっちゃんの血が流れているんだ。どんな困難にも立ち向かって見せる!じっちゃんの名にかけて!

(この記事はとくべつ企画「生きてるからにはやっておきたいこと」シリーズのうちの1本です。)
1988年神奈川県生まれ。普通の会社員です。運だけで何とか生きてきました。好きな言葉は「半熟卵はトッピングしますか?」です。もちろんトッピングします。(動画インタビュー)

前の記事:バーベキューにやかんを持っていくと3倍楽しい


整理をしていたら色々と写真が出てきた

言いたいことはもう言い終わったので満足している。最近、金田一少年の事件簿にはまっていて、それでなにかやれるといいなと思っていたところで、GWのやってみたいことである。
サイズが合っていないのはしょうがないです。
サイズが合っていないのはしょうがないです。
じっちゃんを写真立てに入れて、見守ってもらえれば普段できないことでもやってみれば謎の力でできるようになるかもしれない。そういうことをやる2016年にしたい。

50m走で速く走りたい

太ってた学生時代でも7秒台で走ることができた。調子が悪くても8秒前半である。しかし、社会人になり体重が100kg以上ある今ではそれは無理かもしれない。働いてからなにかの気まぐれに50m走を計ったときは9秒だったこともある。
7秒台で走って見せる。じっちゃんの名(春義)にかけて!
7秒台で走って見せる。じっちゃんの名(春義)にかけて!
ゴールではじっちゃんが待っている!行くぜじっちゃん!
ゴールではじっちゃんが待っている!行くぜじっちゃん!
遠くに見えるじっちゃんの姿。「孫よ、待ってるぞ!」という声が聞こえてくるようだ。
早く走るには遠くを見て走るといい。5月が終われば、運動会をやる学校も多いという。ちょうどいいのではないだろうか。
思っていたよりも走れる!
思っていたよりも走れる!
6秒66。早い!早すぎる!
6秒66。早い!早すぎる!
早いと浮かれていたら、友人に「ごめん、緊張していてかなり早く押しちゃった」と言われた。そうか、早く押しちゃったか。
じっちゃんが「うちの家系、こういうこと結構あるよ」と言ってきた気がした。こういうの月に1回ぐらいはある。ぬか喜びをする家系である。
じっちゃんが「うちの家系、こういうこと結構あるよ」と言ってきた気がした。こういうの月に1回ぐらいはある。ぬか喜びをする家系である。
練習から数えて3本目。
練習から数えて3本目。
会場でサライを歌いだしてしまっても走れないぐらいの疲労。
会場でサライを歌いだしてしまっても走れないぐらいの疲労。
8秒18。太っていてこのタイムだったらかなり速い! やったぜじっちゃん!
8秒18。太っていてこのタイムだったらかなり速い! やったぜじっちゃん!
友人が言うには、「ちょっと押すのが遅かったから多分、7秒台だよ。」とさらっと言った。結構な快挙であるが、ここっちはリアクションができないくらい息が荒くなってしまっている。そして、歩いているときに足がつった。足のつりと引き換えの7秒台。

試しに逆上がり

次の場所に行く途中、公園を見つけた。幼少時代はじっちゃんとよく遊んだものだ。鉄棒を教えてもらったりもした。あれから20年以上が経ち、逆上がりなどやらなくなって久しい。業務で逆上がりをする仕事についていないので、できるだろうか。ちょっとやってみた。
こういう鉄棒でよく遊んでケガをしまくった。
こういう鉄棒でよく遊んでケガをしまくった。
今考えられる中で一番かっこいいと思うポーズ。謎を解くときに積極的に使いたい。
今考えられる中で一番かっこいいと思うポーズ。謎を解くときに積極的に使いたい。
見守ってもらいながら、10年以上ぶりの逆上がり。できなすぎて笑う。
見守ってもらいながら、10年以上ぶりの逆上がり。できなすぎて笑う。
大人になるとできなくなることが多くなるなと思った。

見守られながらバッティングをする

場面は変わってバッティング場である。昔から野球ができなかった。全然ルールがわからず(特にインフィールドフライ)、速い球に、細いバットで当たるわけもないと今でも思っている。

ホームランなんかできるわけもない。しかし、じっちゃんの名を汚すわけにもいかない。野球なんてやっていることもなく、別に野球選手でもなかったが、絶対にホームランを打ってみせる。そう、じっちゃん(春義、晩年は農家をしていた)の名にかけて!
山田太郎っぽい。
山田太郎っぽい。
じっちゃんが見守られながら、バットを振るもホームランには遠い。
じっちゃんが見守られながら、バットを振るもホームランには遠い。
いい球がきた!
いい球がきた!
空振りしてこけた。
空振りしてこけた。
後ろを振り返ると、
後ろを振り返ると、
ネット越しのじっちゃんがいた。
ネット越しのじっちゃんがいた。
負けてらんねぇ…。じっちゃんが見ているんだ!!
負けてらんねぇ…。じっちゃんが見ているんだ!!
ツーベースヒットが打てた。じっちゃん、俺やったよ!
ツーベースヒットが打てた。じっちゃん、俺やったよ!
どんな困難にも絶対に負けない! じっちゃんの名(春義)にかけて!
どんな困難にも絶対に負けない! じっちゃんの名(春義)にかけて!

じっちゃんの見守られながらやる恥ずかしさがそこにはある

写真だけでも見られている感覚になり、少し恥ずかしい気持ちがある。
小さい時の自分、頭がでかすぎて笑った。
小さい時の自分、頭がでかすぎて笑った。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ