特集 2015年8月19日

バスをとろーりとさせてみたかった

とろーり?
とろーり?
まだまだ暑い。お盆を過ぎてちょっと雨も降り、暑さも和らいだかと思ったがまだまだ夏だ。ちょっと和らいだと思った分、また余計に暑い気がする。

こういうときは立山あたりに行ってみたい。立山黒部アルペンルート。といえば、あれだ。トロリーバスだ。
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。(動画インタビュー)

前の記事:妄想をモビールにしてみた

> 個人サイト 妄想工作所

暑さは人の思考をとろりとさせる

トロリーバスとは「道路上に張られた架線から取った電気を動力として走る」(Wikipediaより)、いまや大変珍しいバスだ。日本では立山黒部アルペンルートに2路線を残すのみ。私の、一度は乗ってみたい乗り物である。

トロリー。とろりー。とろーり。もうろうとした頭に「とろーりバス」という言葉が浮かんできた。これはもうやるしかないなと思った。
amazonの箱の奥底に厳重に梱包されてきた。
amazonの箱の奥底に厳重に梱包されてきた。
バスの模型は停留所キット付きだ!大きさは…
バスの模型は停留所キット付きだ!大きさは…
極小!
極小!
でも付いてた以上、せっかくなので組み立てたい。
でも付いてた以上、せっかくなので組み立てたい。
ブッブゥー…と、こういうことをやってる場合ではない。
ブッブゥー…と、こういうことをやってる場合ではない。
今から何をやろうとしているかというと、シリコーンでこのバスの型をとって、そこにチョコやチーズを流して固め、温めてとろーりとさせてトロリーバス、つまり立山黒部アルペンルートを連想し避暑に励もうというのである。さすがに何を言ってるのかわからなくなってきた。が続ける。
粘土を平らに伸ばして土台に。
粘土を平らに伸ばして土台に。
そこにボディの下辺を密着させ、地面に固定させる。
そこにボディの下辺を密着させ、地面に固定させる。
シリコーンと硬化剤を混ぜる。夏なので早めに固まるだろう。
シリコーンと硬化剤を混ぜる。夏なので早めに固まるだろう。
さっき土台に固定したバスにブロックで生け垣を作って、そこに流し込んだ。写真撮る暇なし。
さっき土台に固定したバスにブロックで生け垣を作って、そこに流し込んだ。写真撮る暇なし。
固まった。ハン・ソロみたいになっている。
固まった。ハン・ソロみたいになっている。
バスを抜き取って洗剤で洗う。
バスを抜き取って洗剤で洗う。
バスのメス型と言えよう。けっこう細かいところまで写し取れている。
バスのメス型と言えよう。けっこう細かいところまで写し取れている。
ここにチョコやチーズを溶かし入れて、冷蔵庫で固める。この型は医療用とかではなく単なる造型用なので、洗剤でよく洗ったとはいえ食べるのはおおっぴらにオススメしたりはできない。自己責任ということでひとつ。
絵だけ見ればバレンタイン前夜だ。
絵だけ見ればバレンタイン前夜だ。
絵だけ見ればどんなご馳走イタリアンができるかと思うだろう。思わないか。
絵だけ見ればどんなご馳走イタリアンができるかと思うだろう。思わないか。
ところでこのバス模型はガーナチョコきっちり3列分の体積とほぼ同じである、ということがわかった。参考にされたい。
ところでこのバス模型はガーナチョコきっちり3列分の体積とほぼ同じである、ということがわかった。参考にされたい。
冷蔵庫にしばらく入れて固め、そののちに取り出して温めてとろりとさせよう。これも避暑のためである。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓