特集 2015年7月23日

街で見かける形をストローでつくる

手で支えてるのはストローです
手で支えてるのはストローです
ストローとクリップで模型をつくる方法があるらしい。

「ストローハウス」と呼ばれるその方法で、街で見かけるものの形を作ってみました。
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。(動画インタビュー)

前の記事:エスカレーターは何階までならエレベーターより速いか

> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

ストローとクリップで形を作る

まずはこれを見てください。
ストローで作りました
ストローで作りました
ストローとクリップだけを使って、接着剤とかは使わずにこういう構造を作ることができる。

面白いですよね。ストローハウスと呼ばれているんだそうです。

組み方はこう。
まずストローが一本あります
まずストローが一本あります
これにクリップを差し込む
これにクリップを差し込む
そこにもう1つクリップを絡めて
そこにもう1つクリップを絡めて
ストローを挿す
ストローを挿す
これが基本形。あとはこれを繰り返すと、たとえば三角形ができる。
三角形になった
三角形になった
もちろん四角形もできる。
はい四角形
はい四角形
立方体にすれば自分で立つ。筋交いは必要だけど。
立方体にすれば自分で立つ。筋交いは必要だけど。
こんなふうに、ストローとクリップだけで形を作ることができる。なので、外に出て街で見かけるものの形を再現したいと思った。

たまに、外でキャンバスを置いて風景を描いてる人がいるでしょう。あんな感じで、ものの形をスケッチするように作りたいのだ。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓