特集 2015年7月14日

大都会・大阪の川でフグを釣って食べた

自分で釣って、プロに捌いてもらいます。
自分で釣って、プロに捌いてもらいます。
大阪のど真ん中を流れる川で、食べ頃サイズの立派なフグがたくさん釣れると聞いた。海ではなく川でフグとは面白い。

でも、フグなんてせっかく釣っても素人じゃ解体もできないし…。
いや、待てよ。じゃあプロの元へ持ち込めばいいんじゃないか。

「大都市を流れる川でフグを釣る」そして「自分で釣ったフグを食べる」という非日常的な行為を体験してきた。
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。

前の記事:「雑魚」という学名をつけられた魚と「かなりおいしい魚」という学名をつけられた魚

> 個人サイト 平坂寛のフィールドノート

舞台は大阪、都市河川

フグがたくさんいると噂の川は大阪市街地を流れる旧淀川の下流域にあたる安治川だという。大阪中央卸売市場などで賑わう、まさに「天下の台所の台所」。梅田からほど近いエリアである。
街中を流れる安治川。ポイントまでは梅田から車で10分足らずの距離。
街中を流れる安治川。ポイントまでは梅田から車で10分足らずの距離。
そんな街中に食べられるサイズのフグが!というのも驚きだが、多くの人にとってはまず「フグって海の魚でしょ?なんで川に?」という点の方が疑問に思えるはずだ。

フグは漢字では「河豚」と書く。名前に河ってついちゃってるんだから、河川にいたって何ら不思議でない(豚というのは丸っこい容姿と、水から揚げるとクウクウ鳴き声を上げるところから来ているのだろう)。

実際、クサフグやオキナワフグなど、汽水域であれば平気で河川に侵入する種類もある。海外では完全な真水に暮らす種類もそう珍しくない。

つまり、川にフグがいること自体は別に変な現象ではないのだ。
典型的な都市河川といった雰囲気。多少潮の影響があるエリアで、足元にはコイやボラやスズキが泳いでいるのが見える。
典型的な都市河川といった雰囲気。多少潮の影響があるエリアで、足元にはコイやボラやスズキが泳いでいるのが見える。
地元の釣り人が言うには、安治川でフグがまとまって釣れ始めたのは5年ほど前からであるという。

時季は毎年梅雨入り前後から夏と短く、しかも年々釣れる数が減っているという噂もある。それはマズい。急いで釣りに行かねば。

さらには尻を叩くように、大阪在住の知人から釣れたフグの写真が送られてきたため、僕は慌てて大阪へと飛んだ。
地元の釣り人もちらほら。スズキ釣りではよく知られたポイントなのだとか。
地元の釣り人もちらほら。スズキ釣りではよく知られたポイントなのだとか。
とはいえ、釣り人らのほとんどはフグを釣りたくて釣っているわけではないらしい。スズキを狙ってルアーを投げていると、意図せずして掛かってしまうそうだ。

多い時には半日で数十匹釣れてしまうこともあるとか。
そんなに釣れるのか! じゃあ試食する分2~3匹くらいなら楽勝だな。一時間もかからないかもしれないぞ。

そう思っていた。
こういうギラギラ、ピカピカしたルアーを投げているとよく釣れるらしい。
こういうギラギラ、ピカピカしたルアーを投げているとよく釣れるらしい。
だが、現実はそんなに甘くない。
例年ならそろそろフグフィーバーが始まってもいい頃なのだが、まったく気配が無い。一日釣りをしてみたが、一匹も姿を見せない。

どうやら時期を外したらしい。今年の関西地方は海も川も例年より季節の進行がいくらか遅れているようなのだ。写真を送ってくれた友人も結局、後にも先にもその一匹しか釣っていないと言うではないか。

…非常にマズい事態だが現に一匹釣れている以上、可能性はある。もうちょっと頑張ってみよう。

正体は「シマフグ」

本当に釣れた! 意外と苦戦したけど!
本当に釣れた! 意外と苦戦したけど!
もうちょっと、と言いつつ頑張ること三日目。ついに目当てのフグが釣れてくれた。一匹釣れて狂喜していたが、なんとその後も立て続けに二匹をゲット。昨日までの苦労がウソのようにあっけない。

どうやらこの魚は群れを作って川の中を移動しているため、一度釣れ出すとバタバタと後が続くらしい。
これがシマフグ。綺麗な魚だ。大きさは口から尾ビレの先まででだいたい40センチくらい。
これがシマフグ。綺麗な魚だ。大きさは口から尾ビレの先まででだいたい40センチくらい。
それにしても、派手なフグである。
鮮やかに黄色く染まったヒレもさることながら、背中に乗った縞模様がなんともトロピカルな印象を与える。
背側から。
背側から。
シマウマ…ともちょっと違う独特の縞模様。黄色いヒレと相まって、南方系の魚っぽい印象。多少毒々しくもある。
シマウマ…ともちょっと違う独特の縞模様。黄色いヒレと相まって、南方系の魚っぽい印象。多少毒々しくもある。

空き缶もスッパリ!

お店に持ち込むには締めておく必要があるが、せっかくだからもう少し生きている姿を観察しておきたい。そう考えて、海水を汲んだバケツにシマフグを放り込む。もちろん、エアポンプも取り付ける。

ところが中を泳ぐ姿を見ているうち、不意にのブクブク音が止まった。故障か?とポンプを取り上げてみると…。
あれ、エアーポンプのチューブが切れてる…?
あれ、エアーポンプのチューブが切れてる…?
空気を送るチューブが切れていた。シマフグが咬み切ったのだ。
歯が恐ろしい。釣り針を噛み切られることあるらしい。ニッパーだな。
歯が恐ろしい。釣り針を噛み切られることあるらしい。ニッパーだな。
ご存知の方も多いだろうが、フグは硬い貝やカニを食べるため、歯がとても鋭い上に咬合力も非常に強い。
非常にデンジャラスなので、取り扱いには十分な注意が必要である。
全国20万の魚の歯フェチのために。ほら、上の歯も。フグの歯は大部分が歯茎に隠れているから、そのデンジャラスさが見て取りにくいのだ。
全国20万の魚の歯フェチのために。ほら、上の歯も。フグの歯は大部分が歯茎に隠れているから、そのデンジャラスさが見て取りにくいのだ。
試しにアルミ缶を咬ませてみるとこの通り、ポンチでくりぬいたように切り落とされてしまう。
アルミ缶もスッパリ…。フグが釣れても不用意に素手で掴まないようにしよう。
アルミ缶もスッパリ…。フグが釣れても不用意に素手で掴まないようにしよう。
ちなみにこんな具合なので、フグを養殖する際は定期的に歯を切ってやらなければ生簀内でお互いの体を噛み合ってボロボロになってしまうそうだ。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓