特集 2015年6月24日

俳人・歌人のたたずまいなスマホケース

是は何ぞ?
是は何ぞ?
電車内や街角で、ケータイ、あるいはスマホに見入る人の数は相当なものである。自分も含めて。

ヘタをすれば車内全員スマホ中ということもある。そんな現代の風俗の中、ひとり涼しく立ち振る舞えないものだろうか。

(これは去る6月5日に東京カルチャーカルチャーで開催された「おバカ創作研究所vol6」にて披露したお題工作「スマホケース」を、読み物記事として構成したものです)
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。(動画インタビュー)

前の記事:市販薬の豪華パッケージでアクセサリーはできるか

> 個人サイト 妄想工作所

制作理由はぜんぜん涼しくない

一概に「現代人はスマホばっかいじりやがって」とかそういうことではない。私だってスマホ一本で本日の仕事全部済ませるときもあるし。

しかし他の人がいっせいに下を向いてスマホをいじっていると「あぁ、現代って」とか嘆いちゃったりして、誠に勝手なものである。
こんな感じでいじられるとなおのこと。
こんな感じでいじられるとなおのこと。
皆、用事があるからスマホをいじっている。当たり前の光景なのだが、その中にあってせめて自分だけは、理知的な佇まいをキープできないものだろうか(皆がバカっぽいという意味ではない。ああ何を言ってもカドがたちそうだ。わかってネ)。
そこで、芭蕉ですよ!
そこで、芭蕉ですよ!
せわしい世間の波に飲み込まれないようにありたい、すなわちひとり涼しく、茶室で一服しているような、風通る縁側で鹿威しに耳を傾けているような。コーン・・・サワサワサワ。という感じでスマホをいじりたい。そんなスマホケースを作れないもんじゃろか。

というわけで、いろいろ買ってきたで候。
100円ショップで太い筆、電器店でスタイラスペンを購入。
100円ショップで太い筆、電器店でスタイラスペンを購入。
これから何をするかというと、「太い筆の中にスタイラスペンをねじこむ」のだ。BoAか。何を言っているのか。
やにわに筆を切断す。
やにわに筆を切断す。
入らなかったら一から考え直し・・・!
入らなかったら一から考え直し・・・!
あな、ピッタシなりや。
あな、ピッタシなりや。
太い筆の中は空洞に違いなく、必ずやペンが入るものと予測はしていたのだが、実際入るのがわかってホッとしました。

それでも、ペンの途中から断面が三角形になって入らなくなったので、切断および削る必要があった。
先っちょだけ必要なので、もったいないが切断!
先っちょだけ必要なので、もったいないが切断!
入りきらない部分を削る!私は今スタイラスペンを削っている!最先端のガジェットを!
入りきらない部分を削る!私は今スタイラスペンを削っている!最先端のガジェットを!
最先端のガジェット、断面はいたって原材料そのものチック!なんか普通!まあそうだよね。
最先端のガジェット、断面はいたって原材料そのものチック!なんか普通!まあそうだよね。
つまり今、筆風のスタイラスペンを作っているのである。

となれば、先端を筆に忍び込ませねばならぬ。
ペン先を出すには、先っちょはカットだ。
ペン先を出すには、先っちょはカットだ。
そして引っこ抜く。
そして引っこ抜く。
ボリュームダウン。
ボリュームダウン。
ペン先に巻き付けてカモフラ。
ペン先に巻き付けてカモフラ。
より筆らしくカット。
より筆らしくカット。
広がらないよう、スタイリング剤(木工用ボンド)で固める。
広がらないよう、スタイリング剤(木工用ボンド)で固める。
美容室風に筆先を固めている間に、今度は本体を制作しよう。芭蕉と来て筆と来たら、材料はアレしかあるまい。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓