パンの日曜日 2015年5月3日

パンのグラビアを撮る

どうかしちゃったんだな、と思ってくれていいです。
どうかしちゃったんだな、と思ってくれていいです。
男性誌の巻頭によくグラビア写真が載っているだろう。

あれ必要あるのかって思っていたのだが(もちろんあれば見るけど)、いったん冷静になって考えてみると、グラビアってポイントさえ踏まえておけばモデルが女性じゃなくても成り立つのではないかと思うんだ。

極端な話、パンでもいいと思う。
1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。(動画インタビュー)

前の記事:飛べ!ホームセンタードローン

> 個人サイト むかない安藤 Twitter

パンのグラビアを撮る

説明するよりまず見てほしい。
こんにちは、パンです。
こんにちは、パンです。
今回はグラビア写真の女性をパンに置き換えて、それでも成り立つのかどうかを確かめたい。

パターン1「階段」

好きで見ているうちにグラビア写真にはいくつかの典型的なシチュエーションというか撮り方があることがわかった。

たとえば階段に座っている女性を少しアオリ気味に(下から)撮影した写真が多い。
そんなところに座っていたら通れないだろう。
そんなところに座っていたら通れないだろう。
これをパンに変えてみる。
おぅ。
おぅ。
どうだろう。

どうだろう、とか聞かれても困ると思うのだけれど、撮り方によってはパンもぐっと魅力的になるのがわかるだろう。

パンはそのままでも焼いても美味しいのですでに魅力的ではあるのだけれど、より一層という意味である。

あとグラビアにはモデルさんのデータと共にひとこと入っていることもある。
見えた。
見えた。
振り返らずに先を急ぐ。

パターン2「線路」

前にライターの大山さんも集めて言及していたが、グラビアには女性を線路に立たせて撮影している場合が多い。
ヒールだと危ない。
ヒールだと危ない。
線路は電車が走るところであって女性を立たせて写真を撮るところではないのだが、このタイプのグラビア写真が多いということはそこに確かな需要が存在するのだろう。もしかしたら前進してくる女性が列車に見えてきて興奮するのかもしれない。

それならばパンでも興奮できよう。
やばい。
やばい。
どうだ、君はどう思う。少なくとも僕は興奮している。この写真を撮るためにちょうどいい駅を探しまわった苦労も興奮を倍増させる。

駅の待合室で電車を待っているようなグラビアもよくある。つまりはみんな旅情が好きなのかもしれない。
横に置くと忘れものっぽいけど立たせるとグラビア感でることもわかった。
横に置くと忘れものっぽいけど立たせるとグラビア感でることもわかった。
黄色い線の内側で待つパン(パン、は語尾)。
黄色い線の内側で待つパン(パン、は語尾)。
この写真、天気のいい日を狙って移動したりと、もろもろ撮り直し含めて2日かけている。グラビア撮影もきっとこうやって苦労しているんだろう。相手がきれいな女性だったらなおさら神経を使うはずだ。パンで本当によかった。

いくつか狙ったカットが撮れたのでそろそろ撤収しようと思ってパンを見ると
上気しているじゃないか。
上気しているじゃないか。
この日は温かかったので袋の中に水蒸気がたまり、パンも外に出たがっているように見えた。まったくせっかちなやつである。
巻頭カラーを独占。
巻頭カラーを独占。
※見通しのいい踏切内で撮影しています。興奮して線路に入るのは危ないのでやめましょう。

パターン3「縁側」

なぜか縁側で撮影されたグラビアも多い。その大半が水着か浴衣である。

浴衣はわかる、縁側で涼んでいるのだろう。だが水着はどうだ。雑巾がけしていて暑くなったのか。それともプール帰りに迷い込んだか。
絵がうまくないことにはここでは触れない。
絵がうまくないことにはここでは触れない。
パンに置き換えてみるとその謎も解けるかもしれない。
縁側あんぱん。
縁側あんぱん。

縁側にあわせて栗あんぱんにしてみた。

それはともかく、縁側にあんぱんが置いてあると、おじいさんが食べようとして持ってきたけど食べるの忘れて散歩に行っちゃった。そんなストーリーが見えてきて興味深い。

残念ながらそこにセクシーはなく縁側水着の謎も解けぬままではあるが。

パターン4「大切な部分を隠す」

次のパターンはロケーションの話ではないが、グラビアではよく大切な部分を意図的に隠して撮影していることがある。

たとえばこんな感じである。
カーテンが風に揺れている。
カーテンが風に揺れている。
めくれるたびちらりと見えるパン。
めくれるたびちらりと見えるパン。
これはまずい。

この「いつでも見られるわけじゃない」というレアさ具合に興奮するのだろう。わかるよ。見えない物を想像する喜びはそれが一瞬見えた時に昇華するのだ。
せっかくなのでポエムも入れた。
せっかくなのでポエムも入れた。
大切な部分の隠し方にもいろいろある。

たとえば前に何かを置いて隠すパターン。
ケシの花で大切な部分が隠されているおかげで何パンなのかわからなく興奮する。
ケシの花で大切な部分が隠されているおかげで何パンなのかわからなく興奮する。
こちらは葉っぱに隠されているパターン。たぶんあんぱんじゃないかなと思うのだが、最後の最後で確信が持てないのだ。ひらがなで「めろんぱん」もありえなくはないだろう。
こちらは葉っぱに隠されているパターン。たぶんあんぱんじゃないかなと思うのだが、最後の最後で確信が持てないのだ。ひらがなで「めろんぱん」もありえなくはないだろう。
もっと過激なグラビアだと極小のピンクのドットで隠してあったりする。それ意味あるのか、といつも思っていたが、パンに適用するとなんとなくわかる。
うわー、おれもう絶対メロンパンだと思うんだけどなー。
うわー、おれもう絶対メロンパンだと思うんだけどなー。

おまけ

ここまでグラビアの手法でパンを撮影してきたわけだが、盛り上がったテンションのままもう一つだけ見ていってほしい。

チョココロネである。
開けようとして失敗して破れた袋も艶めかしい。
開けようとして失敗して破れた袋も艶めかしい。
出した。これはやばい。
出した。これはやばい。
袋から出して全体を見て迷った。これは載せていいのだろうか。
グラスで隠すのは往年のテクニックである。
グラスで隠すのは往年のテクニックである。
食べる前ににぎってみた。
Oh
Oh
YES
YES
現場からは以上です。

パンでいい

グラビアの手法でパンを撮ってみてわかった、もう女性ではなくパンでいい。

近い将来、これに気づいた男性誌の編集がパンのグラビアを巻頭に持ってくることを願ってやまない。
また来年のゴールデンウィークに会いましょう。
また来年のゴールデンウィークに会いましょう。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓