特集 2015年3月18日

周期表を居酒屋メニュー風にしてみる

こうして比べて見ると、方向は間違ってない気がする。
こうして比べて見ると、方向は間違ってない気がする。
唐突な話だが、大阪の派手な飲み屋看板は元素周期表に似ていると思う。なので作ってみたい、居酒屋看板風の周期表を。
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。

前の記事:寝台列車個室にマイ食堂車を作る試み

> 個人サイト 妄想工作所

魅惑のメニューと困惑の周期表との相似

2年ほど前、大阪・新世界をぶらぶらしていたときにいくつかの派手な看板に出会った。いや、いくつかどころじゃない、なんだかもうどこへ行っても派手な看板だった記憶がある。写真に思わず収めたくらいだ、その派手さがなかなかに心に響いたのだろう。
香港の夜景と熱量は一緒。夜景は見たことないが。
香港の夜景と熱量は一緒。夜景は見たことないが。
店に入る前の不安を全て払拭してくれるかのような一挙掲載ぶり。
店に入る前の不安を全て払拭してくれるかのような一挙掲載ぶり。
全てのメニューが串かつフォーマットなのでリズムの良いデザイン。
全てのメニューが串かつフォーマットなのでリズムの良いデザイン。
当時すぐ店を選んで飲み始めてしまい、あまり資料写真がなくて申し訳ない。とにかく串かつ屋を初めとして、ド派手な看板が道路にひしめいていた。

この感じ、何かに似ている・・・と心のどこかに引っかかったまま、2年が経った。そうだあれだ。周期表だ。
記事に臨むにあたり資料を買おうと思ったらすでに手元にあった。オレ偉い(2010年発行のこちらを参考にしたので、それ以後認定された2つは今回含んでいません。オレやっぱり偉くない)。
記事に臨むにあたり資料を買おうと思ったらすでに手元にあった。オレ偉い(2010年発行のこちらを参考にしたので、それ以後認定された2つは今回含んでいません。オレやっぱり偉くない)。
理系では断じてないのに突如として脳裏に浮かび上がったのが周期表。「水兵リーベ僕の船・・・」である。「ななまがりシップス クラークか」とまでは覚えているがそれが何を意味するのかは霧の中、そんな周期表。
なぜ買ってたかといえば、たぶんこの付録に惹かれたのであろう。この手の紙モノに弱い性質である。
なぜ買ってたかといえば、たぶんこの付録に惹かれたのであろう。この手の紙モノに弱い性質である。
ほら、この勢揃い感。串かつ屋の看板にそっくりではないか。こうなったら作らないわけにはいかないな。じゃ作るか。

・・・と軽く取り掛かろうとしていたのだが、なんとなく考えたデザインプランを実現するにはけっこう手間がかかる気がしてきた。
さすがNewton、元素ごとの背景や用途を詳しく記載していて読み応えあり。
さすがNewton、元素ごとの背景や用途を詳しく記載していて読み応えあり。
居酒屋の看板、すなわちメニュー風に見せるには、1個1個に写真がないと格好がつかない。元素の姿や用途、背景がわかる写真を載せたいわけだ。その写真を、Newtonのページにいちいち指を添えて「引用」が成り立つ程度に引っ張ってくる、などというのは具合が悪いわけ。かといって自分の身近に「コペルニシウム」や「シーボーギウム」の見本などないわけで。

よって、できるだけ多くの写真をフリー素材からダウンロードし、足りないものはうちの中から探してくることにした。

これより先、どんどん完成が遠くなっていくこと、膨張宇宙のごとし。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓