特集 2015年3月13日

神社で一万円を賽銭箱に入れて領収書をもらう

賽銭箱にお金を入れて領収書をもらいます!
賽銭箱にお金を入れて領収書をもらいます!
神社に行くと賽銭箱がある。そこにお賽銭を入れる。入れる金額は人それぞれだが、始終ご縁がありますようにと45円や、十分にご縁がありますようにと15円を入れたりするのではないだろうか。

そこで「1万円」を賽銭箱に入れてみようと思う。語呂合わせよりも、結局は世の中、金だ。より願いが叶うのではないだろうか。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。(動画インタビュー)

前の記事:スーツを着てジャンプをすればフレッシュマン

> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

一万円の衝撃

賽銭箱に一万円を入れる。考えただけでその衝撃は凄まじい。一万円である。牛肉のステーキもお腹いっぱいに食べられる金額であり、チョコボールを一万円分も買えば、金のエンゼルもおそらく当たる金額だ。
それが一万円です!
それが一万円です!
この一万円を賽銭箱に入れようと思う。自分が神だとすれば、やはり5円や10円ではなく、1万円を入れた人の願いを優先的に叶えてあげたいと思う。神とて金なのではないだろうか。そのためにも1万円だと思うのだ。
ということで、神社に来ました!
ということで、神社に来ました!

一万円の葛藤

賽銭箱に一万円を入れるべく、神社にやって来た。いま私が持っている一万円は数分後には、私の一万円ではなくなる。賽銭箱の中へと入って行き、神の一万円となるのだ。神の一万円と言えば聞こえこそいいが、私の一万円でなくなることに違いはない。
ありえないくらいドキドキした!
ありえないくらいドキドキした!
以前から一度は賽銭箱に一万円を入れてみたいと思っていた。やはり成功者は賽銭箱に塩少々くらいのテンションで一万円を入れるはず。成功者は一万円なのだ。私は成功者ではないが、その一歩が賽銭箱に一万円だと思うのだ。
5分悩んで無理だと分かった!
5分悩んで無理だと分かった!

そうだ、領収書だ!

一万円を賽銭箱に入れるのは、難しかった。一万円が私の手から離れないのだ。だって、一万円だ。一万円を賽銭箱に入れるという心意気が大切なわけで、本当に一万円を入れる必要があるのか、という壁を越えることができない。
手を合わせた後も、
手を合わせた後も、
一万円は私の手元にございます!
一万円は私の手元にございます!
待てよ、と思う。一万円を賽銭箱に入れるのだから、「領収書」をもらえないだろうか。やはり領収書の有無は大切である。一万円をただ入れるだけでは、手元に何も残らない。しかし、領収書があれば、確定申告の時に役に立つはずだ。
領収書がもらえるか聞く
領収書がもらえるか聞く
気持ちであるお賽銭に「領収書ってもらえないですか?」という質問は、かわいがっている犬に噛まれるような感じがした。でも、一万円なのだ。領収書が欲しいのだ。神社の方の答えは「これはお気持ちなので、領収書は無理です」というものだった。
無理なら仕方がない! 領収書をもらえたら入れたのに、入れたのになぁ!
無理なら仕方がない! 領収書をもらえたら入れたのに、入れたのになぁ!

領収書探し!

領収書は無理だった。「お気持ちなので」と言われると、その通り過ぎてなにも言えない。気持ちに領収書をくれ、はもう気持ちでもなんでもない。汚さが渦を巻いて、タコが美味しくなりそうである。
次の神社でも、
次の神社でも、
聞く!
聞く!
もう領収書という存在に気づいてからは、拝殿には行かず、神社の方がいる場所に直行である。

拝みたいという気持ちはもちろんあるが、まずは領収書だ。一万円を入れたいけれど、領収書がもらえないとお賽銭できない。そういう決まりなのだ。私の中では。

もっとも多くの神社で「お賽銭はお気持ちなので」と言われて、領収書はもらえなかった。
ご祈願ならもらえると教えてもらった
ご祈願ならもらえると教えてもらった
いくつかの神社を巡ったけれど、「一万円をお賽銭箱に入れるので領収書を」と言うと、その金額ならご祈願をと言われることも多かった。ご祈願ならば領収書も可能だそうだ。

しかし、私は賽銭箱に入れたいのだ。断られた後は、どの神社でも、5円を入れ、「領収書が欲しい」と願った。いろいろと見失っている。
領収書が欲しいとお願いした
領収書が欲しいとお願いした

領収書をもらいました!

やはり願いは叶うものだ。それを多くの人に知っていただきたい。領収書を断られた神社で「領収書が欲しい」と拝み倒した結果、ついに領収書をくれる神社があったのだ。これでお賽銭できてしまう。
新橋にある愛宕神社で、
新橋にある愛宕神社で、
領収書がもらえました!
領収書がもらえました!
他の神社では領収書がもらえないので、一万円をお賽銭箱に入れずに済んだ。領収書がもらえないことは悲しいが、同時に一万円を守ることもできて嬉しかった。その感じで新橋の「愛宕神社」で領収書がもらえるか聞いたら、すんなりくれた。
ということで、
ということで、
一万円をお賽銭箱に!
一万円をお賽銭箱に!
領収書がその証明です!
領収書がその証明です!
ついに一万円を賽銭箱に入れた。領収書は先にもらうので、もらったからには入れなければならない。一万円を入れた直後から、異様にテンションがあがり、なんだか震えた。だって一万円である。震える金額なのだ。
なんか老けた
なんか老けた

震えた

お賽銭箱に入れるお金も領収書がもらえることもあるようだ。過去にもありましたか? と聞いたら、私は初めてです、と巫女さんは言っていた。私もお賽銭箱に一万円を入れたのは初めてだ。お賽銭のご利益なのか、直後から眠気が飛んだ。一万円はすごい。
愛宕神社は階段もすごかった!
愛宕神社は階段もすごかった!
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓