特集 2014年7月25日

山手線駅恋愛相関図

山手線駅にシンパシー
山手線駅にシンパシー
以前「山手線はどこ行きなのか?」という記事を書いた。東京の山手線は環状線なので、走っていくうちに行き先表示・アナウンスが変わっていく。山手線全駅をめぐり、どのように行き先が変わるかを調べたものだ。

まとめていくうちになぜだか最終的に恋愛模様が見えてきた。今回はその恋愛相関図の完全版をお届けしよう。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。(動画インタビュー

前の記事:大阪/東京・マンションポエム対決!

> 個人サイト 住宅都市整理公団

外回りも制覇

なにがどうなって恋愛模様が見えてきたりするのかというと「行き先表示」を「想っている相手」と見立てることによる。品川駅に「駒込方面行き」とあったら「品川くんは駒込さんが好き」と解釈するわけだ。(なんで品川が男性で駒込が女性なのかは自分でも分かりません)

なぜこんなふうに見立てたかというと、予想以上に行き先表示にイレギュラーがたくさんあったから。もっとシステマチックに順繰りに主要駅が示されるかと思いきや、いきなり「なんでその駅を行き先にした?」という例がけっこうあったのだ。前述の品川における駒込表示もそのひとつだ。なんで品川で駒込。

この唐突さは、恋だ。思いがなければこんなへんな風になるわけがない。

というわけです。

しかし前回は、全駅めぐったものの内回りの表示しか調べなかった。だってこんな恋愛模様調査になると思わなかったからさ。

なので、今回外回りも全駅調べた。
ホームにあるこういう行き先表示のことです。
ホームにあるこういう行き先表示のことです。
いまこれを読んでくださっている方々の中に、山手線の全駅で降りてみる、というのをやったことがある人がいると思う。けっこう地味にたいへんだよねこれ。

それにしてもこうやって並べると表示内容もさることながら、表示装置にもいろいろな種類があるのだなあ、と気づく。有楽町、五反田、新大久保の白地に黒のやつはなんかなつかしい。

さて、これをまとめますよ。
いったん広告です

イレギュラーに物語が見える

まず単純に表にしてみよう。
!
これは各駅における外回りの行き先表示。気になるものを強調表示し右側にコメントしてみた。

たとえば田町はなぜか早々に品川表示をやめて渋谷を見据えてしまう。隣駅だからもういいかってことなのかとおもいきや、恵比寿における渋谷表示や、目白における池袋表示などと比べると、これは妙だ。田町の「品川嫌い」がわかる。何かあったのか。

あるいは西日暮里における唐突な五反他表示も謎だ。内回り、外回り合わせても行き先に五反田が出てくるのは西日暮里だけだ。何かあったのか。

ほら、だんだん駅同士の関係に物語を見出したくなってきたでしょ?こういうことです。

前回記事でまとめた内回りは下のようになっている。
!
内回りで特徴的なのは、田端の扱いである。御徒町、上野、と田端を行き先に掲げてきたのが、鶯谷、日暮里で消える。田端まだなのに。それが西日暮里で復活。

棟の田端は田端で気まぐれに巣鴨を表示。次の駒込では巣鴨は登場しない。

どうも内回り、外回り含め、上野~田端間では妙なことが起こりがちだ。新宿あたりのシステマチックさと比べるとこのエリアの奔放さが際立つ。なんなのかしら。

東側の駅が変

また、今回外回りも見てみて面白かったのは、内回りと比較すると登場する駅に違いがある点だ。
!
外回りだと目黒はけっこう人気なのに、内回りだと1駅しか目黒を行き先として表示していない(恵比寿だけ)。

また、原宿なんて人気がありそうなのに、あまり登場せず、そればかりか外回りでは1つも表示されないのだ。なんだろう、品川から原宿に行く人とかいないのか。みんな新宿からやってくるのか?

さて、で、このような不規則さを人間関係にたとえてみようというわけだ。ただ、上の表だと分かりづらいので「思い・思われ」を別の形で図示しよう。
!
分かりやすくしよう、と意気込んだものの、これがベストな表示の仕方かどうかわからない。すごく悩んだんだが。

ややこしいので見方を説明すると、下のようになる。
!
青い■は各駅における外回りの行き先表示を示していて、その行き先の駅は左の緑色の駅名になる。

それのちょうど90度逆が内回りの行き先だ。つまり、緑色の■が内回りの行き先を示していて、その行き先駅名は上の青の駅名になる。

うん、ぜんぜん分かりやすくないなこれ。もっといい示し方があったら教えてほしい。

ともあれ、これで分かってほしいのは2つのポイントで、ひとつは「青と緑が重なるマスは『相思相愛』」ということ。このようなケースはピンク色とハートで示してある。

もうひとつは、全体を見た時、パターンが崩れている場所にイレギュラーな表示があるということだ。ひとマスだけ孤立しているようなところがそういう事例だ。そう思って見ると、やはり右下のほう、西日暮里から神田あたりが変だ。
!

両思いは「恋愛強者」のもの

さて、ハートマークの位置を見てみると、青い帯と緑の帯の交差点にあることがわかる。

これはつまり、両思いは強者のもの、ということだ。
いったん広告です
!
山手線ネタとしては「オバマが決めた!東京の主要駅」という記事も書いたことがある。オバマ来日の際にテロ対策として山手線駅の中で11の駅でコインロッカーが使えなくなったが、その11駅とはどの駅か?という調査だ。

で、今回の行き先表示調査では6つの駅が「恋愛強者」の主要駅ということになる。これはつまり「多く行き先として表示される駅」のことだ。上の表でいうと帯になっている駅だ。
!
抜き出すと上のようになる。東京、品川、渋谷、新宿、池袋、上野、の6つだ。まあ、いわゆる山手線主要駅だ。乗り換えも多く、これらが行き先として多く表示されるのはよくわかる。

行き先としてよく表示されると言うことは、両思いになる確率が高いということだ。この6強で恋愛相関図を作ってみよう。
!
表では分からなかったが、なんと強者の間にも微妙な関係があることが分かった。

まず東京と新宿の間だけ線が引かれない。たぶん「東京・上野・品川」の東京グループと「新宿・渋谷・池袋」の新宿グループとに別れているのではないか。他のメンバーは結局グループを越えていちゃいちゃしているが、ボス同士は反目し合っている。

そしてきになるのが「渋谷→上野」の片思い。渋谷なんて大人気だと思っていたら、なんと上野からは好かれていない。これは意外だ。ちょっと渋谷が好きになった。

唯一の両思いにちょっかいを出す神田

この6強をのぞくと、他の駅間では恋愛模様の数が減る。結局一部の人気者同士でキャッキャするんだなあ、と高校時代のクラスを思い出した。じつにいやな気分だ。

そんななか、6強意外で唯一両思いになっているのが田端と巣鴨である。
!
田端は6強入りはできないものの、けっこう人気者だ。その彼(って書いたけど男性なのか?)が思いを寄せ、それに答えてくれたのが巣鴨さんである。

2駅しか離れていない昔からの知り合い。熟年の相思相愛カップルといったところか。

しかし油断できないのが同じく熟年の雰囲気漂わす神田である。なんと巣鴨にも田端にもラブコールを送っている。いまのところふたりは神田を気にも留めていないようだが、今後の展開が気になるところだ。

隣の家の幼なじみ問題

幼なじみ関係はほかにもある。隣の家の腐れ縁のあの子だ。
!
6強以外で隣の駅を行き先として示す例はあまりなく、上の図にある4例だけだ。

マンガだと2階の窓から往き来をしちゃうような隣の家の同級生といったところか。

ただ切ないのは、いずれも片思いだという点だ。特に西日暮里ちゃんの田端くんへの片思いは切ない。彼は目下巣鴨に夢中だ。

あと、人気者かと思いきやそれほど思われていない原宿が、隣の代々木くんから思いを寄せられていることに気がついていないのも歯がゆい。彼女が憧れているのは6強。おしゃれタウンとしてのプライドも手伝ってか、高望みの片思いをしているように思える。

きっと新宿あたりにもてあそばれ、最後はずっと見てくれていた隣の家の幼なじみ代々木くんのやさしさに気づくんだろうと思う。がんばれ代々木くん!

遠距離恋愛にはドラマが多い

最後は対岸の駅を見つめる遠距離恋愛模様だ。
!
実際の恋愛と同様、山手線の遠距離にはドラマチックなものが多い。

まず品川くんだ。6強のひとりに数えられる彼が、なぜか遠く人気者でもない駒込さんに思いを寄せているのだ。しかも片思いだ。

これはたぶん以前恋人同士だったのではないか。品川くんのあまりの放蕩ぶりに駒込さんは嫌気が差したのではないか。

しかしそれでも品川は彼女を忘れることができない。モテることにいい気になっているとこういう目に合うのだざまあみろ。

似たような遠距離でも応援したくなるのが、西日暮里さんの五反田くんへの片思いだ。内回り、外回り含めて五反田へ思いを寄せているのは西日暮里だけだ。ほんとこの距離でなんでだ。

駅前の雰囲気から察するに、たぶん五反田くんは誤解されがちな人物なのではないか。それを「彼は本当はいい人なの」と理解を寄せるのが西日暮里さんというわけだ。気づいて!五反田くん!

あと前回衝撃的だったのが田町の池袋への思い。完全に対岸なので行き先表示として意味がないんじゃないかと思うのだが。

この不可解さはもう恋愛というより犯罪の臭いがする。

そして恋愛強者ながらしぶい趣味でしかも両思い、というのが渋谷ちゃんと浜松町くんである。彼に思いを寄せているのは、外回り、内回り含めて渋谷ちゃんだけ。渋すぎる。渋谷だけに。

モテモテの彼女だが、ほんとうは年上のビジネスマンが好みなのではないか。世のおじさまがたに夢を与えるシチュエーションだ。ただ、渋谷ちゃんはほかに4人と両思いで、かつ前述したように上野くんにもラブコールを送っているので、ただのお金目当ての尻軽女かもしれない。やっぱり渋谷こわい。浜松町くん、だいじょうぶかしら。

大阪環状線でもやってみようかな

自分でも思っていたより面白かった。これだれか各駅のキャラクター作ってくれないかな。そしてマンガ化したい。

あとそれぞれの駅の性別をどっちにするかはけっこう議論になるところだ。渋谷は女の子じゃないかなー?

【告知:DPZ記事『現代の「ドラえもんの空き地」は屋上である』が載りました!】


おかげさまでとても好評だった先日の記事『現代の「ドラえもんの空き地」は屋上である』が中の人の目にとまり、うれしいことにドラえもん&藤子・F・不二雄公式ファンブック「Fライフ」の2号に掲載されました。

記事よりさらに先を論じてます。土管は未来なのだ!という趣旨です。みなさんぜひ読んでみてください!詳しくはこちら
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓