特集 2014年2月16日

ウソの泣ける話

泣ける話をあつめてます
泣ける話をあつめてます
泣ける話が好きなんです。もっともっと泣きたいな~と思います。

でもちまたにイイ話があふれすぎてて感動のインフレが起こってるんですよ。『本当にあったちょっとイイ話』くらいじゃ物足りない。やっぱり佐村河内さんに泣いてきたぼくらからしたらもっともっと盛ってもらいたいんですよ。

は~っ、スッキリした! めしくって屁ぇこいて寝よ! って一時のカタルシスを味わいたいだけなんだから、ウソでもなんでもいいんです。もっと泣かせてほしい。
1980年生。明日のアーというコントのユニットをはじめました。動画コーナープープーテレビも担当。記事はまじめに書いてます(動画インタビュー)

前の記事:一皮むけたいあなた!まず水のりをご用意ください

> 個人サイト Twitter(@ohkitashigeto) 明日のアー

たとえばですよ、これはウソの話なんですけどちょっときいてくれますかね。
ぼくの妹、もうずっと長い間病気をしてるんですよ。白血病のひどいやつでもう治らないんです。病名はスーパー白血病っていうんですけど。99%死ぬらしいんです。

その妹が今度また病院に入ることになってその前にぼくにプレゼントがあるっていってね、サボテンをくれたんです。私の代わりにいっぱい太陽浴びていっぱい外の空気吸っててほしいって。でもなんでサボテンなの?ってきいたら「お兄ちゃん植物の世話するの苦手でしょ」って。それきいたらもう涙が止まらなくなって、一生懸命育てるよ、っていって送りだしてね。その後しばらくして妹の主治医から電話がかかってきて「妹さん、本当の病名をお兄さんに隠してました」って。妹はハイパー白血病だったっていうんです。えっ!しかも死ぬ確率は99.999999999%!?

そのときハッと思って外に出しておいたサボテンを見たら……どっかのオバハンが勝手に持っていってました。
もちろん妹なんていないですが、こんなふうにモリモリに盛ったウソの泣ける話を募集します。

400字以内でウソの泣ける話をテキトーに書きなぐって送ってください。あ、400字ってけっこう長いので短ければ短いほどありがたいです。長過ぎたら勝手に短くするかも。

あと注文がひとつだけあって「これはウソの話なんですけど」とかはっきりウソだとわかるように最初に書いといてください。勘違いさせたらこれに限っては怒られそうな気がする!

まとめます
・ウソの泣ける話を募集
・400字以内(短い方がいい)
・「ウソなんですが」とかウソだとわかる書き出しで

それじゃああともう一ついいですか。
これはウソなうえにパクってきた話なんですけど。戦時中の日本のとある動物園でゾウを毒のエサで殺処分することにしました。でもゾウは賢くて毒のエサを食べませんでした。そしていつものエサをくれ、エサをくれ、ってふだんどおりの芸をしてエサをねだるんです。それがもう悲しくてみんな泣きながら叫びました。

「やめてくれ、もうこんな戦争はやめてくれ。ゾウを救ってやってくれ」と。

でもやがてゾウは死んでしまいます。真夏の暑い日にゾウの足元がぐらっとゆらいだかと思うとそばでずっとゾウをいたわってきた飼育員の吉元さんを押し倒すような形で倒れたんです。あ~っ!吉元さん危ない!みんなが思った瞬間に、吉元さんもつぶれてあっけなく死んでしまいました……ウウッ。
あ~、スッキリした! めしくって屁ぇこいて骨盤ダイエットして寝よ! ふくらはぎを~♪もみなさい~♪ ふくらはぎを~♪もみなさい~♪ んじゃ送ってくれや~
こちらはうちの祖母のちょっといい話
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ