コラボ企画 2014年2月13日

悲劇・UULAなんかなくても生きていける~無人島編

!
気がつくと、僕は浜に打ち上げられていた。無人島で一人、生き抜いていかなければいけない状況。

十分な道具もなければ、手持ちの知恵と勇気も今ひとつ頼りない。はたしてこの島を脱出し、無事に帰ることができるのか。
インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。(動画インタビュー)

前の記事:GIFアニメの作り方 全力まとめ 2014

> 個人サイト nomoonwalk

まえおき

!
!
……
……
あれ…
あれ…
ここは…
ここは…
無人島だ!
無人島だ!
僕は東京でウェブサイトの編集の仕事をしていて、この日は船に乗って離島に取材にいくつもりだった。珍しく船での移動であることを除けばふつうの一泊出張。いつもと変わらない調子で家を出た。

いつもと違うことと言えば、出がけに、いつもあまり話しかけてこない父が珍しく声をかけてきたことくらいだ。父はただ一言「UULA見ていけよ」とぶっきらぼうに言った(何のことだかよくわからなかったので無視した)。

その後、乗っていた船が突然の暴風雨に巻き込まれ難破、僕はこうして一人無人島に漂着した。
どうすんだこれ…
どうすんだこれ…
父は漁師だ。僕が編集者の仕事に就いたのは、自分のあとを継がせようとする父に反抗してのことだ。

父は海と共に生きてきた。海のことを誰よりもよく知る男である。彼の忠告どおり、UULAとかいうのを見ておけばこんなことにはならなかったのだろうか。いや、そんなことないだろ。UULAがなんだか知らないが、あの暴風雨に太刀打ちできる方法など存在しなかったはずだ。
とにかく、ここから脱出しなければ……。
とにかく、ここから脱出しなければ……。

企画説明

さあみなさん、突然のことで面食らったと思う。この企画はいつものデイリーの記事と違って、ストーリーものなのだ。

でも、我々ライターはただ台本をこなせばいいわけではない。用意されているのは台本ではなく、4つのミッションだ。
食料を探せ
食料を探せ
飲み水を確保せよ
飲み水を確保せよ
防寒具を手に入れろ!
防寒具を手に入れろ!
帰る方法を探せ!
帰る方法を探せ!
さあ、正直に言おう。ここは無人島は無人島でも、横須賀から10分で来れる無人島である。船も1時間に1本ある。
しかし、この4つのミッションをすべて自力で達成するまで、僕は東京に帰ることができない。なぜなら、そういうストーリーになっているからである。
ばっちり売店が写っていても、ここは無人島である。
ばっちり売店が写っていても、ここは無人島である。
以上がルール説明。シリーズ「UULAがなくても生きていける」第一話、ここ無人島よりお送りします。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓