特集 2014年1月5日

西部劇の馬を作る

西部劇を作ることになった。馬が要る。
西部劇を作ることになった。馬が要る。
デイリーポータルZの1分動画コーナー・プープーテレビで西部劇を撮ることになった。

今までにも特別企画として時代劇とSFをやってきたのだが、長編は制作が大変なので以降無視していた。

「西部劇なら人が入る馬でいいんじゃない。あれおもしろいからやろうよ」

テレビのかくし芸大会の馬だ。それならやってみるかと思ったらやっぱり大変だった。
1980年生。明日のアーというコントのユニットをはじめました。動画コーナープープーテレビも担当。記事はまじめに書いてます

前の記事:今や自由研究となったねるねるねるね

> 個人サイト Twitter(@ohkitashigeto) 明日のアー

かくし芸大会とか演劇とかでつかわれる馬
かくし芸大会とか演劇とかでつかわれる馬

馬の頭はリアルに、体は丈夫に

イメージはある。おみこしの体に着ぐるみの頭がついたものだ。頭と体、2つのものをつくり合体させればいいわけだ。

この2つは求められることもべつだ。体には大人1人が乗る丈夫さ、頭には馬に見えるリアルさ。

と同時に今回の西部劇制作において「負担にならないようにやること」という大きなテーマがあった。

リアルな仕上がりを求めるのはいきなりこのテーマをなしにしそうな気配がある。
図鑑をかりてきてイメージ図をつくる
図鑑をかりてきてイメージ図をつくる

着ぐるみなんてできるのか?

制作に入ったのは12月10日。撮影初日の10日前だ。

まずはじめにやったことは図書館で図鑑をかりてくること。寸法をはかって大体の設計図にかきこむ。人のおみこしが体高となるため、ふつうの馬よりでかいくらいだ。

そして「着ぐるみ 作り方」で検索。スチロールで中身をつくってその上で型紙をとり、布でぬいあわせるらしい。できそうにない。

とりあえず新聞紙まるめて形をつくってみる。
新聞紙をぐしゃぐしゃにあつめる
新聞紙をぐしゃぐしゃにあつめる
大体の形でテープでぐるぐるに巻いて張り子みたいにする
大体の形でテープでぐるぐるに巻いて張り子みたいにする

馬の頭の中身はできた

新聞紙を集めてテープでまくとそれっぽい頭の形はできた、が……でかすぎる。これに紙粘土で張り子にしようかなと思ったがすごい重さになる。

紙でいいか、紙で。裁縫ができないので紙を貼ることにした。どんどんさがるクオリティ。
紙でやろうと思ったが……これはやばいクオリティになりそうだな
紙でやろうと思ったが……これはやばいクオリティになりそうだな

やはり布でやらないといけないか

紙をためしにあててみた。

今まで新聞紙をぐしゃぐしゃにしたりしてずっと『クイズ!ゴミ or NOT』をやっていたようなものだが、ここで大きなヒントが出て正解がゴミにちかづいた。

いや、ちかづいてはダメだ。こうなったら布だ……これ、ほんものの着ぐるみ制作じゃないのか。
フリースの生地を購入。そのままでもわりといい感じだ。
フリースの生地を購入。そのままでもわりといい感じだ。
安全ピンでとめてたが……針いってみるか
安全ピンでとめてたが……針いってみるか

意外と裁縫がいけた

苦手だと思っていた裁縫だが、かんたんなことならできることがわかった。

思い出した。その苦手意識は酔ったいきおいでボタンのぬいつけをしようとして針に糸がとおらず発狂した記憶からきてるのだった。

なぜ酔っておしゃれをしようとしたのかはよく思い出せない。アルコールの薬理作用はふくざつである。
耳はダンボールを芯にして
耳はダンボールを芯にして
かなり重いので中の新聞紙を少なくし、芯に木をいれた
かなり重いので中の新聞紙を少なくし、芯に木をいれた
目にする半球状のものがなかったので丸いゼリーを買ってきて、マジックでぬった
目にする半球状のものがなかったので丸いゼリーを買ってきて、マジックでぬった
BS漫画夜話『弥次喜多inDEEP』の回で「動物の目はだいたい真っ黒」と言ってたのをなぜかおぼえていて真っ黒にしたらリアルに。
BS漫画夜話『弥次喜多inDEEP』の回で「動物の目はだいたい真っ黒」と言ってたのをなぜかおぼえていて真っ黒にしたらリアルに。

撮影2日前になっていた

馬の頭ばかり作っているが長編フィクションはやることが多すぎる。スケジュールをきいて衣装を手配して西部劇とはそもそも何かDVD見たり……気づけば撮影2日前。ここまで話を作ったりクリエイティブな作業はない。

話はてきとうでいいや、と思っていたものの、実際に脚本がない状態で二日前までくると発狂しそうになる。

曲を一切知らないのにLUNA SEAのボーカルとしてステージにあがる悪い夢をかつて見たが(夢の中ですごくおこられた)、現実はそんな感じだ。

しかし撮影場所がないことには撮れないので今日は場所探し。西部劇なので東京西部の八王子などで。
二日前。撮影場所をさがしにきた
二日前。撮影場所をさがしにきた
口はフェルトをボンドでとめて。首はボール紙をガムテープで丸め、上から布をかぶせる。あと一日。脚本はない。
口はフェルトをボンドでとめて。首はボール紙をガムテープで丸め、上から布をかぶせる。あと一日。脚本はない。

撮影前日、台本作りはあきらめる

台本をつくるのは時間的にあきらめ、話の流れをメモにしておく。

撮影は2日あり初日は主演の安藤さんと「だれか撮影用のマイクもってくれないか」の募集に手を挙げてくれた歌手のひよせさんの二人が参加。

二人しかいないのでみこしタイプの馬はどのみちむりだ。

頭だけでのぞむことにして、馬になってくれる人をさがす話にしよう。それに明日は雨だというので橋の下で話をしてるだけにしよう。

ずるずる話がかんたんになっていく。妥協こそがクリエイティビティだと思い込んで撮影にのぞむ。
撮影前日に皮ひもを買ってきて手綱づくり。これを縫うのが大変だった…
撮影前日に皮ひもを買ってきて手綱づくり。これを縫うのが大変だった…
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓