特集 2013年10月23日

神戸は「三国志のまち」なのだ

三国志要素満載の「三国志のまち」が存在した! ……神戸に
三国志要素満載の「三国志のまち」が存在した! ……神戸に
人気観光スポットのひとつに「歴史物」というジャンルがあります。たとえば、戦国時代のお城だったり、幕末の志士たちが泊まった宿だったり……。

そんな中、兵庫県神戸市の長田区では、歴史は歴史でも「三国志」を全面に押し出した町おこしをしてるんです。

でも、三国志って中国のアレでしょ……なんで神戸に!?
1975年群馬生まれ。ライター&イラストレーター。
犯罪者からアイドルちゃんまで興味の幅は広範囲。仕事のジャンルも幅が広過ぎて、他人に何の仕事をしている人なのか説明するのが非常に苦痛です。変なスポット、変なおっちゃんなど、どーしてこんなことに……というようなものに関する記事をよく書きます。(動画インタビュー)

前の記事:敷地内にSLが走るホテル!

> 個人サイト Web人生

!
!
!
!
!
!

あくまで横山光輝先生の出身地ですからね

水木しげるロードをはじめとして、漫画を町おこしに使っている例は数あれど、漫画をテーマに祭りまでやっちゃってるケースは少ないんじゃないでしょうか。……まあ、神戸の場合は横山光輝先生の漫画『三国志』なんだか中国の三国志なんだか、ごっちゃになっているフシはありますけど。

でも冷静に考えてみたら、中国の三国志とは特に関係ないですからね、神戸。

ということで、現時点でも鉄人28号がズドーンと建っている場所で三国志キャラがパレードを……というカオスなことにはなっていますが、さらに発展させて三国志キャラたちと『魔法使いサリー』や『バビル2世』が一緒に歩いている、ますます横山光輝ワールド全開なお祭りになっていくといいなぁー……と思っております。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓