特集 2013年9月23日

ベロフォーってなんだ?渋谷、奇跡の24時間中華

!
9月15日に、渋谷ヒカリエのデイリーポータルZ編集部にて、イベントをした(ご来場の皆様、本当にありがとうございました)。
撤収後、ヘロヘロになりながらも、一杯飲みたかった。「打ち上げしましょう、山家(渋谷で有名な24時間焼き鳥屋)に行きましょう!」と言うと、当日トークゲストで来場していた、山下陽光さんがニヤリと笑った。
「山家じゃなくて、他に面白い店がありますよ。そっち行きましょう!」
109をぬけて、ドンキホーテの手前に、その店はあった。
や、やすい。そして、何かシステムが独特…。つまみも美味い。すごく美味い。なんだこりゃ。
その日はベロベロになっていたので、どんな店だったのか、よく分からなかった。
「すぐに再訪しよう」と、誓った。
埼玉生まれ。電子書籍『初恋と座間のヒマワリ』(リイド社刊)発売中。最近、ほぼ毎日ブログを更新していますので、良かったら読んでください。

前の記事:青くする実験2

> 個人サイト 日々の凧あげ通信アネックス


そんなわけで9月某日、渋谷。
私と友人Tさん、Kくんが集合。
TさんとKくんに「で、どんな店なの?」ときかれ、
「なんかスゲー中華なんだよ…」としか答えられない私。
!
人並みをかきわけて、午後3時くらいに行きました。
なぜならば、24時間営業のお店だから、すいている時間をねらったのです。
あった、あった。渋谷J(ジェイ)! なんとH&Mの向かいにあります。好立地。
あった、あった。渋谷J(ジェイ)! なんとH&Mの向かいにあります。好立地。
で、看板が出てるんですが…。
で、看板が出てるんですが…。
「ベロ生」って。まあ、なんとなく、意味は分かるのですが。
「ベロ生」って。まあ、なんとなく、意味は分かるのですが。
うん、ベロフォー…。ベロフォーって言われても。
うん、ベロフォー…。ベロフォーって言われても。
……なんだかよくわからない。
……なんだかよくわからない。
「なんか得なんだろうな~ということは分かるんだけど、イマイチ頭に入ってこない看板だね…。」とKくん。

いわゆる「ほろ酔いセット」もあるんだけど、これもイマイチよく分からない。
いわゆる「ほろ酔いセット」もあるんだけど、これもイマイチよく分からない。
お店の入り口。酒オーケーって言われなくても…飲みますよ?
お店の入り口。酒オーケーって言われなくても…飲みますよ?
セ、セルフチャイナシステム? 要するに食券ってことですよね? 富士そば的な。
セ、セルフチャイナシステム? 要するに食券ってことですよね? 富士そば的な。
激安店なのに、お茶、無料なんだ。親切。
激安店なのに、お茶、無料なんだ。親切。
そんなわけで食券の前に立ったんですが。やはり、イマイチ分からない。
ハチ公コーナーって何よ!? すげー気になる!
ハチ公コーナーって何よ!? すげー気になる!
「ねえねえ、ハチ公コーナーってあるんだけど!?」と私。
「押してみりゃいいじゃない。」とTさん。
そうね、押すわ。

ハチ公、押しちゃうよ?
ハチ公、押しちゃうよ?
ハチ公コーナーを押すと、こんな画面になりました。
ハチ公コーナーを押すと、こんな画面になりました。
3人で、画面を覗き込む。
「ハチ公もみじって何?」
「鶏の手みたいよ。」
「ああ、あのもみじか…。」
「100円って安いねえ。」
「餃子も5個80円だ、これ頼もう。」
「しかし、ハチ公ハイボール、3種類あるけど、なんぞ、これ!?」
「うーん、これは店の人にきいてみようよ」
「あと、J老(ジェイビー)ってなんだこれ!?」
「エビマヨ、ってメニューに書いてあったよ。」
「これも頼むかー。」

「飲み物は……ビールがいいよね?」
「じゃあ、このベロ生セットじゃないの?」
 ベロコーナー…。
ベロコーナー…。
1杯267円くらいか? 安!
1杯267円くらいか? 安!
出て来たチケットは、生ビール、と書いてなくて、「オールマイティ」。 なんか嬉しいね、オールマイティを手にいれるのって!
出て来たチケットは、生ビール、と書いてなくて、「オールマイティ」。 なんか嬉しいね、オールマイティを手にいれるのって!
とりあえずビールで。
とりあえずビールで。
ハチ公ハイボールの、差異を店員さんにきいてみた。
「初代はブルーハワイで、二代目は梅味で、ハチ公ハイボールはメロン味ですー。」
とのことだった。
渋谷っぽい、コンパっぽいお酒だったのね。
渋谷っぽい、コンパっぽいお酒だったのね。

ふと落ち着いて、メニューを見てみる。
餃子はやっぱり安い。
餃子はやっぱり安い。
あとのメニューは、中華街より、ひとまわり安い感じかな?
あとのメニューは、中華街より、ひとまわり安い感じかな?
見上げると、シカの頭が。なんというか、インテリアが奇妙だ、ツイン・ピークスっぽい。
見上げると、シカの頭が。なんというか、インテリアが奇妙だ、ツイン・ピークスっぽい。
ペンギンが無意味に、吊られているし。
ペンギンが無意味に、吊られているし。
5つある時計は止まったままだし。
5つある時計は止まったままだし。
もみじ来ました! 見た目と違って、意外と噛み切れる、美味しい!
もみじ来ました! 見た目と違って、意外と噛み切れる、美味しい!
餃子来た。え、これ80円!(1人1皿までだって!)
餃子来た。え、これ80円!(1人1皿までだって!)
羊肉カレー炒めをオーダー。
羊肉カレー炒めをオーダー。
これだ、前回来た時、意識がモウロウとした中で、「なんかすごくうまい…」と思った料理は。
羊肉に、クミンがふんだんに使われている。
カレー炒めというより、クミン炒めだ。

「やばい、これ美味いね…。」
「いいねえ…。」
「すごく美味しい、クミン、ケチってない…。」

もぐもぐ、ぐびぐび、もぐもぐ、ぐびぐび、ワケわからなくなっていく一同。

「中華街で、ハズレの店に行くより、ここのほうが全然ウマイ…。」
「そうかも…。」
「店構えからは、想像つかないクオリティだよね…。」
海老マヨ450円、レタスに包んで食べる。めっちゃ美味いんですけど…。
海老マヨ450円、レタスに包んで食べる。めっちゃ美味いんですけど…。
ビールを飲み終わった我々は、ついにベロフォー突入。
これがベロフォー券! 1杯175円!
これがベロフォー券! 1杯175円!
色付きの酒を飲み始める、友人Tさん。キケン!
色付きの酒を飲み始める、友人Tさん。キケン!

「そんな、学生のコンパ酒を飲んで大丈夫なの?」ときくと、
「だいじょーぶ! おいしいし!」とTさんは無意味に自信まんまん。
ひとくち貰ったら、ほぼガリガリ君の味がした。
蒸し鶏の塩だれあえ。ツマミ仕様の塩かげん。
蒸し鶏の塩だれあえ。ツマミ仕様の塩かげん。
「俺、あんまり酒飲めないから、定食頼むー!」
と、言い出すKくん。
「だって定食、500円なんですよ、安いですよ!?」と。
どーん、来ました、マーボ豆腐定食。
どーん、来ました、マーボ豆腐定食。

「これ、ごはんの盛り、すごくない? 実質お茶わん3杯ぶんくらいあるよ!?」
「マーボも山椒きいてて本格派でウマウマですよ。いいわ、いいわああ。」

しかしKくん、その直後、酔っぱらってスープをドバシャーとテーブルに倒した。
ささっと掃除してくれるうえに、新しいスープを持って来てくれる店員さん。
なんだここは。天国か。そしてあなたは天使ですか。
私はハチ公ハイボールをおかわり。ほぼメロンソーダの味。
私はハチ公ハイボールをおかわり。ほぼメロンソーダの味。
 マーラータン(お店のおすすめメニュー)。これも山椒でしびれる! 海鮮が中に入ってるんだけど、イカがすごくやわらかかった!
マーラータン(お店のおすすめメニュー)。これも山椒でしびれる! 海鮮が中に入ってるんだけど、イカがすごくやわらかかった!
「ねえねえ、麺とチャーハンとどっちがいい?」
とTさんがきくので、
「麺かなー」
と言ったら、Tさんがタンタン麺の食券を買ってきた。
「見たら、単品より、定食のほうが安かったから、定食のタンタン麺にしちゃった…。」
ええええ。
タンタン麺、ミニライスが付いて500円。
タンタン麺、ミニライスが付いて500円。
「ゴマをケチってない、濃厚な味だね!」
「濃さだけで言うと、天下一品の濃度だもんね、これ。」
「確かに、これの汁だけでゴハン食べられる…。」
昼間のお店利用者は、近所から来る、渋谷で働くアパレル関係の人が多かった。常連さんもいて「ちょっと辛めで!」とか、注文していた。
昼間のお店利用者は、近所から来る、渋谷で働くアパレル関係の人が多かった。常連さんもいて「ちょっと辛めで!」とか、注文していた。

Kくん、Tさんが、白飯で完全におなかいっぱいになり、ギブアップしたので、この日は終了することにした。
っていうか、もっと、大人数で来たかった。いろんなメニューを、長時間かけて、食べたかった…!

渋谷という異常な場所で、チケット制で、スパイスばりばりの異国の料理を食べる。
それは、ちょっとしたフェスみたいな空間だった。

「この店はつぶれないで欲しいね…。」
「若い子とか、来るといいよね。」
「若くなくて、全然大丈夫だけどね。」
「広めよう! この店を広めよう!」

というわけで、渋谷ジェイ、みんな行こうぜ!!

大衆酒場 J渋谷
東京都渋谷区道玄坂2丁目25-10 清建ビル3F
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓