特集 2013年7月25日

3Dプリンタで出力された風の写真を撮る

!
3Dプリンタブームである。
当サイトでも手を出しそこねているあいだに3D出力サービスが一般的になりつつある。

なかでも3Dプリンタで自分のフィギュアを作ってくれるサービスが人気だ。僕も友人に誘われたのだが仕事があって行けなかった。残念。
じゃあ自分でやってみよう!とは機材がないのでいかないのだが、それっぽい写真なら撮れるのではないか。
1971年東京生まれ。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと新宿区で活動。
編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。(動画インタビュー)

前の記事:迷彩柄で体型を隠すTシャツ

> 個人サイト webやぎの目

白けりゃ3Dプリンタから出てきたっぽく見える疑惑

3Dプリンタで作ったものの特徴は
・白い
・バリがついている
・小さい
という特徴がある。なにせ3Dプリンタが手元にないので画像検索して出てきた写真を眺めての考察である。

いまメキシコ人がグーグルの画像検索をたよりに日本そばを打とうとしているようなものだ。
「要はヌードルだろ」
「平べったいバスケットみたいなものに乗ってるぞ、アミーゴ」
そういう感じで今回は進む。
これでどうだい、アミーゴ
これでどうだい、アミーゴ
白い服を着てフィギュア気分で立ってみた。ちなみに白いズボンも白いスニーカーも1980円だった(サカゼンと無印良品)。
数年後タンスから出てきて、「いつ買ったんだろう…企画で買ったのかな?」と思う確率100%である。

さらにフィギュアに近づくためにもっと白くなっていこう。
髪はキャップで隠し
髪はキャップで隠し
足には布を巻く
足には布を巻く
布は前回の「迷彩柄で体型を隠すシャツ」のあまりである。伸縮性のある生地で足にぴったり巻くにはちょうど良かったのだ。
モッタイナイの精神といらんことしいの両立
モッタイナイの精神といらんことしいの両立
座薬みたいになったおれ
座薬みたいになったおれ

もう慣れた白塗り

もちろん顔も塗る。
8年前にピエロになる記事を書いたとき、白塗りは三善(みつよし)というメーカーの舞台メイク用のドーランがポピュラーであることを知った。白塗り界のスターバックスラテみたいな存在なのだ。
白塗りが哀愁を帯びて見えるのはなぜでしょう
白塗りが哀愁を帯びて見えるのはなぜでしょう
今回の作業もヒカリエ8階、クリエイティブラウンジ・モヴである。白塗りをしている部屋はガラス張りで外を人が通り過ぎている。
外から見えて恥ずかしいのだが、これは展示だ、アートだと思って自分を勇気づけた。アートじゃしょうがない、アートじゃな。
でもなるべく外から見えないところに座っているアート
でもなるべく外から見えないところに座っているアート
バリをつけて完成
バリをつけて完成
3Dプリンタで出したものにはバリとよばれる余分なところがついているらしいのだ。今川焼のはじっこについてるカリカリした部分みたいなものである。
よく分からないのでふわっとしたニュアンスで棒を横につけてみた。

これでうまいこと撮影すれば3Dプリンタで出したミニチュアのように見えるのではないか。
ポケットに手を突っ込んでいるのは肌色を隠すためです
ポケットに手を突っ込んでいるのは肌色を隠すためです
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓