特集 2013年3月19日

0点の答案を丁寧になぞると脳がマイルドにとけていく

0点の答案をていねいになぞってみよう。するとどうだ。脳に
0点の答案をていねいになぞってみよう。するとどうだ。脳に"す"が入ったようではないか。
古典文学をなぞる本を書店で見かける。あれはなんだ。なんでなぞるんだろう。

想像するに、なぞることは書いた人と同じ体験をすること。それなら書いた人と同じ気持ちになれるのではないか。

古典文学をなぞれば当時の気持ちがわかるだろうし、0点の答案をなぞれば脳がマイルド~にとけていくのではないか。実際にやってみよう。
1980年生。明日のアーというコントのユニットをはじめました。動画コーナープープーテレビも担当。記事はまじめに書いてます(動画インタビュー)

前の記事:外国人記者クラブにある寿司屋の名前はマスコミ寿司

> 個人サイト Twitter(@ohkitashigeto) 明日のアー

古典文学をなぞる

まずはことの発端である古典文学をなぞってみる。書籍『えんぴつで方丈記』をやってみることにした。

予想では“書いた人と同じ気持ちになれる”はず。はたしてほんとにそうなるだろうか。
えんぴつで古典文学をなぞるシリーズが出ている。書籍『えんぴつで方丈記』(ポプラ社 2012)より。
えんぴつで古典文学をなぞるシリーズが出ている。書籍『えんぴつで方丈記』(ポプラ社 2012)より。
参加したのはデイリーポータルZ編集部より古賀(写真左)、石川(右)
参加したのはデイリーポータルZ編集部より古賀(写真左)、石川(右)
そして私、大北(左)とおなじくデイリーポータルZのライター西村(右)
そして私、大北(左)とおなじくデイリーポータルZのライター西村(右)

意外と内容が入ってこない

古賀:やってるとおもしろいね、これ
石川:字がきれいになるって快楽 ですね
西村:わ、おれの字がきれいって感覚ですね

石川:意外と発見が多い、こうやって書くのかって
石川:もうちょっとやりたい
大北:パズルみたいなひまつぶし力が思ったよりありますね

大北:内容についてはどうですか? 頭に入ってくる?
石川:まったく
古賀:まったく
大北:チッ!

なんと。古典文学をあじわえるのかと思ったら内容が頭に入らなかった。書き手の気持ち以前の問題だ。

思うに、なぞる字がきれいすぎて作業に集中しすぎたのではないか。
point
・なぞる作業のおもしろさ
・内容はあたまに入ってこない

古典文学以外はどうだ?

大北:ウォーミングアップがすんだところでこれから色々やっていきます。まずはこれ
古賀:なにこれ?
大北:ラーメン屋『海新山』にあった貼り紙をなぞります
西村:これなぞるのか!
ラーメン屋に貼ってあったコラーゲンに関する説明書
ラーメン屋に貼ってあったコラーゲンに関する説明書
写真から文字をぬきだし、なぞる用に薄く出力する
写真から文字をぬきだし、なぞる用に薄く出力する

ていねいになぞるおっさんの講釈

大北:ていねいにそのへんのおっさんが書いたものをなぞっていくこの感覚
古賀:さっきよりは内容が頭に入ってくるかも。現代文だからかな
石川:それでも入ってきにくい。書き写すのとなぞるのってちがいますね
石川:書き写すのは一度自分の記憶に入れるからか

大北:これ書いてる人のきもちになれました?
石川:いや、ならないね
古賀:ならないね~
大北:くそっ

古賀:でもコラーゲンは体の要素を支えてるんだなと思った
西村:学習効果ありだ
石川:コラーゲンってよりも書き手に対してかな、親近感がわいた
大北:おれも同じものを書いたって仲間意識?
石川:そうそう。同じ釜のめしを食った感じ
大北:ラーメン屋のおやじにそんな感情を……
西村:対話してる感じですかね、文字をなぞりながら
大北:“聞こえますか? 今あなたの脳に直接うったえかけてます”ってやつか
point
・内容は入りにくい
・書いた人と対話する感覚
ラーメン屋のおやじに仲間意識を抱きはじめる
ラーメン屋のおやじに仲間意識を抱きはじめる

商品パッケージはどうだ

大北:次はこれでーす
西村:あ~!
古賀:あ~っ、いいねいいね、これはもう昔からなぞりたいなと思ってたよ!
えんぴつでなぞる『辛そうで辛くない少し辛いラー油』
えんぴつでなぞる『辛そうで辛くない少し辛いラー油』

他人のくつしたを履く感覚

古賀:これ変なのっ!
大北:なんだ急に
古賀:自分の字じゃないくせのある字をなぞる感覚、もんんのすごく変っ!
西村:たしかにへんですね、これ
石川:なんかちょっとね、屈辱的な感じになる
古賀:そうそう、屈辱的、屈辱的!
大北:? 他人がぬいだ靴下をはくような感じ とか?
石川:ああ~、それそれそれそれそれそれそれ!

大北:親近感はまた感じた?
石川:フライドガーリックの部分すごくふざけた感じで屈辱的
古賀:なんか他人のダジャレをまた言わされてるみたいな感じだね
大北:親近感、感じとらんな
西村:あざとさがきわだつ感じかな
石川:さっきのコラーゲンはメッセージだったけど、これは文字のデザインでよさを伝えてくるから、あざとさは際立つんですよね
point
・くせのある字をなぞる感覚はすごい
・書き手の印象がわるくなる場合も
つづいてはなぞるのはこれ。わかりますか?
つづいてはなぞるのはこれ。わかりますか?

山が動いた

古賀:あ! ヴェローチェだ!
西村:これだけでわかるのすごいな~!
大北:180円でコーヒー出してるとこもすくないので
石川:これ、いい姿勢でやろう
大北:石川の猫背が治った!
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓