特集 2013年1月16日

氷の迷路に寺、地獄……これがハワイだ!(韓国の)

ハワイです
ハワイです
記事公開スケジュールの都合により、お正月気分も完全に抜けきったタイミングではありますが、今回はお正月の話題!

芸能人のお正月休みといえばハワイ旅行というのが定番ですよね。「お正月くらいはゆっくり過ごしたいから海外へ……」とかいってるのに、なんで世界で最も日本人が集まっていそうな、そしてワイドショーの取材が入っていること間違いナシなハワイに行くのか理解に苦しむところではありますが。

まあ、ありゃあフリーで仕事してる人が「ボクのこと覚えてますか!? 仕事くださいねっ!」というアピールのために出す年賀状みたいなもんで、業界への顔つなぎ&生存確認という側面もあるんでしょうけど。

それはともかく、今年はボクも奮発して、そんな庶民の憧れ・ハワイに行ってきました……韓国のだけど。
1975年群馬生まれ。ライター&イラストレーター。
犯罪者からアイドルちゃんまで興味の幅は広範囲。仕事のジャンルも幅が広過ぎて、他人に何の仕事をしている人なのか説明するのが非常に苦痛です。変なスポット、変なおっちゃんなど、どーしてこんなことに……というようなものに関する記事をよく書きます。(動画インタビュー)

前の記事:お正月特集「超ローカル情報」 冬でも!そうめん居酒屋

> 個人サイト Web人生

死ぬほど寒いハワイに到着

お正月にはハワイ……という庶民のドリーム
お正月にはハワイ……という庶民のドリーム
いきなり「韓国のハワイ」といわれても、なんのこっちゃいって感じだろうけど、ホントにそーゆーところがあるんだから仕方がない。

ソウルに次ぐ韓国第二の都市・プサンから高速バスで約1時間半ほど山奥に向かった釜谷(プゴク)。韓国有数の温泉街だというこの地に「釜谷ハワイ」なる施設があるらしいのだ。うーん、鳥肌立つほどインチキ臭いネーミング! しかも温泉街にハワイとは……こりゃあ行くしかないわいと、正月の里帰りや飲み会もキャンセルし韓国へゴー!

韓流ブームもK-POPブームも完全スルーしてきたので、韓国で興味があるのなんてカルビくらい。韓国に到着次第、他のことに脇目も振らず釜谷に向かうことに。
高速バスのチケット売り場。行き先も乗り場も分からねぇ……
高速バスのチケット売り場。行き先も乗り場も分からねぇ……
もちろんハングルなんて一文字たりとも理解できないので、iPhoneで検索して出てきた「釜谷」のハングル表記を高速バス乗り場で指さしながら「ここに連れてってくれ!」と必至のジェスチャーをかまし、なんとかかんとか釜谷らしき場所までたどり着くことができた。
釜谷(プゴク)に到着! 雪がちらほらと……
釜谷(プゴク)に到着! 雪がちらほらと……
しっかし、到着した場所が死ぬほど寒い! 緯度的には東京よりもかなり南なので完全になめきってほぼ普段着状態で行ってたのだが、もうコレが10分に一回トイレに行きたくなるくらい寒いの(膀胱が縮んじゃったんだねぇ)。こんなのがハワイって、なめてんのか!

しかも、それほどの極寒気候でありながら、バス停近くのお店では浮き輪やビーチボール、水着など夏真っ盛りな商品が平気で販売してるし……韓国の人って寒さにすごく強いの? かと思えば、雪国用にしか見えない手袋も一緒に販売中、ワケが分からなくて脳がしびれてきましたよ。
ザ・極寒状態なのに夏気分丸出し!
ザ・極寒状態なのに夏気分丸出し!
なに考えてるんだ……?
なに考えてるんだ……?
かと思えば手袋も販売中
かと思えば手袋も販売中
パチモン感の漂うキティちゃんも売られていました。「MIYAKO」って名前なのか?
パチモン感の漂うキティちゃんも売られていました。「MIYAKO」って名前なのか?

ハワイはどこだ、ハワイは!?

クソ寒い中、平気でビーチ用品を売るお店からしばらく進むと「Bugok Hawaii」と書かれた施設が。どうもここが問題の「釜谷ハワイ」らしい。温水プールや温泉、ステージなどを完備した……要は「スパリゾートハワイアンズ」的なハワイ憧れリゾート施設ってことなんだろうか。
こちらが「Bugok Hawaii」!
こちらが「Bugok Hawaii」!
こんな感じで色んなアトラクション目白押しらしいのですが……
こんな感じで色んなアトラクション目白押しらしいのですが……
入場ゲート。いきなりハワイ感が……
入場ゲート。いきなりハワイ感が……
とりあえず入場してみましょう
とりあえず入場してみましょう
27000ウォン(2300円くらい)という、なかなか本気モードな入園料を払って足を踏み入れてみると、そこにはハワイ要素ほぼゼロ!

だって、ヤシの木どころか、雪像が建ち並んでるんだもん。しかもその雪像も、トトロ、ケロロ軍曹、ドラえもん……とクールジャパンな雪像ばかり。ハワイはどこじゃ!?
ハ……ハワイ!?
ハ……ハワイ!?
南の島どころか雪国じゃないか!
南の島どころか雪国じゃないか!
となりのあの方
となりのあの方
某軍曹
某軍曹
海賊のトナカイ
海賊のトナカイ
猫型ロボット
猫型ロボット
なんだかスゴイことになってるスポンジ・ボブ(?)
なんだかスゴイことになってるスポンジ・ボブ(?)
なんだ、コイツ……?
なんだ、コイツ……?
なんでハワイで雪祭りを見なきゃならんのか……
なんでハワイで雪祭りを見なきゃならんのか……
いったん広告です

そこには昭和風ハワイが

ハワイだっつうからはるばるやって来たのに、そこには雪像が立ち並ぶ雪祭り会場(っぽい広場)が。南の島気分でいたのに、とにかくクソ寒いし意味分からないしで、雪祭り会場の脇にある建物に避難することに。
こちらの建物に入ろうとすると……
こちらの建物に入ろうとすると……
入口の脇でプレデターと
入口の脇でプレデターと
エイリアンがお出迎え……なんで!?
エイリアンがお出迎え……なんで!?
中に入ると、モワッと尋常ではない湿度を含んだ熱い空気が吹き出して来た。外が激寒だったので、暖かいのは嬉しいんだけど、南の島・ハワイというよりは、ザ・ジャングル&熱帯雨林気候といった感じの不快指数高めな空気。どーして、ちょうどいい塩梅にできないのか。

温泉の熱を利用して必要以上にアッツアツでジメジメ状態になっているこの建物こそが、温水プールや温泉やステージ、レストランなどが揃った「釜谷ハワイ」のメイン施設ということらしい。
ここがハワイ……
ここがハワイ……
ハワイなのか……!?
ハワイなのか……!?
ハワイに憧れる気持ちは狂おしいほどに伝わってくるものの、その結果出来上がってるのが現在の「スパリゾートハワイアンズ」ですらなく、旧「常磐ハワイアンセンター」といった昭和感ビンビンの(韓国なのに)施設になってしまっている。

いや、ヘタしたら最初から本物の「ハワイ」を参考にしたんじゃなくて、本物の「常磐ハワイアンセンター」を参考にして作っちゃったんじゃないだろうか。そうだとしたら、再現度はかなり高いといえるけど……本当にそれでよかったのだろうか!?
微妙なステージ上で微妙なパフォーマンスが繰り広げられていた
微妙なステージ上で微妙なパフォーマンスが繰り広げられていた
ステージで繰り広げられるゆるーいショーをこれまたなんの期待感もないゆるーい視線で眺めている観客や、南国風に作られているのにワイワイキャッキャ感ナッシングでダウナーな雰囲気漂う温水プール。つぶれる寸前のホテルのロビーにしか見えない通路。そして、その通路になぜか並べられた動物や鳥たちの剥製(なんで!?)。どれをとってもザ・昭和のゆるーい観光地だ。

初デートで行ったとしたら大火傷必至だけど、まだ物の分からない子ども込みのファミリー連れだったらわりとアリ。そして、過去を振り返って甘酸っぱくなってばかりなボクのようなタイプにとっては、心の一番ノスタルジックな部分をグイグイ刺激されて、なんとも胸がキュンキュンしてしまうスポットといえるだろう。

繁盛してるって程でもないけど、それなりにお客さんは入ってるし、これはこれでアリなのかな。
ヤシの木、絵だもんな……
ヤシの木、絵だもんな……
手品がはじまるも盛り上がらず
手品がはじまるも盛り上がらず
見てるとなぜかセンチメンタルな気分になってくる通路
見てるとなぜかセンチメンタルな気分になってくる通路
で、通路の脇には剥製がズラリ
で、通路の脇には剥製がズラリ
薄暗いし……怖いよ!
薄暗いし……怖いよ!
この方はなぜ洋服を……!?
この方はなぜ洋服を……!?

こちらも昭和な遊園地・ハワイランド

「Hawaii Land」とは……?
「Hawaii Land」とは……?
南の島風でありながら、なんとも淀んだ湿気で充満しまくった温水プールゾーンから外に出ると、そこには「Hawaii Land」と名づけられた遊園地(?)が。プールの後に遊園地とは……こりゃあ子どもにとっては嬉ションものだぜ。
ハワイランド入場門。やっぱあの「ランド」を目指してるのかなぁ
ハワイランド入場門。やっぱあの「ランド」を目指してるのかなぁ
まあ大方の予想通り、浅草花やしきの20倍はショボいアトラクションばかりなんだけど。その上、メンテナンスしてるんだかしてないんだか、色んな乗り物からキューキューキューキュー奇妙な音が漏れていて、スリルだけは無駄に急上昇していそう。さらにこのクソ寒い中、屋外でアトラクションに乗ろうなんて奇特な人はいないようで、全然人の姿も見えず。

これまたさびれきった昭和の遊園地風味全開で、ボクのノスタル脳はツボを押されっぱなしなのだ。
人、いないですね……
人、いないですね……
動くたびに変な音がする宇宙船(?)
動くたびに変な音がする宇宙船(?)
丸出しの尻を蹴り飛ばすゲーム
丸出しの尻を蹴り飛ばすゲーム
バックにマイケルがドーンと描かれた気になるライド。安全バーもベルトもなしにグルグル回るという怖ろしいマシーンです
バックにマイケルがドーンと描かれた気になるライド。安全バーもベルトもなしにグルグル回るという怖ろしいマシーンです
こんなことになってしまうのでしょうか……?
こんなことになってしまうのでしょうか……?

ハワイで氷に囲まれる

この「Hawaii Land」には、ゆるーいアトラクションばかりではなく、なかなかハードコアなアトラクションも存在する。それが氷の迷路! ……ハワイ要素は?

日本でも時々見かける「中に入るとすっげー寒い氷の世界!」的なアトラクションなのだが、ここの場合、外もゲロ寒なので中に入ってもあんまり気温は変わらないんだけどね。
この中に氷の迷路が
この中に氷の迷路が
蛍光塗料全開の通路を抜けると……
蛍光塗料全開の通路を抜けると……
Oh! 氷の世界……
Oh! 氷の世界……
で、もちろんアトラクション内は一面氷! 氷像や氷のオブジェ、氷の壁で作られた迷路などが広がっている。それはいいんだけど、床まで氷になってる場所もあったりして、ツルツル滑りまくって頭部を強打&デジカメ大破しそうに。へ、変な汗かいた……トラップか!

さらに「こんな氷だらけのところにいたら寒くなっちゃうでしょー、サービスですよー、ここで暖まってねぇー」とばかりに電熱ヒーターが設置されていたのだが、なにを考えているのか置かれているのが氷の上。その氷、ダラダラダラダラ溶け出してて崩れそうだし……色んな意味でドキドキさせられるアトラクションだった。
かなり大規模な氷の迷路
かなり大規模な氷の迷路
こんな感じの通路を進んでいきます
こんな感じの通路を進んでいきます
床ツルツルゾーン。マジで危ない!
床ツルツルゾーン。マジで危ない!
ツルツル滑ってデンジャラス&超クール(寒い)という、なかなかハードな氷の迷路
ツルツル滑ってデンジャラス&超クール(寒い)という、なかなかハードな氷の迷路
氷のすべり台なんかもあって、楽しそうではあるんですが……とにかく寒くていまひとつテンションが上がらず
氷のすべり台なんかもあって、楽しそうではあるんですが……とにかく寒くていまひとつテンションが上がらず
氷像もありました
氷像もありました
『ワンピース』の海賊船氷版
『ワンピース』の海賊船氷版
ちょいと猟奇的な氷像も……なにがどーなってるの!?
ちょいと猟奇的な氷像も……なにがどーなってるの!?
電熱ヒーター・オン・アイス。氷がダラダラ溶け出してるけど大丈夫か!?
電熱ヒーター・オン・アイス。氷がダラダラ溶け出してるけど大丈夫か!?
いったん広告です

ハワイで地獄を見た

ここまで見てきて、若干ゆるくてショボイ感はあるものの、ここ「釜谷ハワイ」のサービス精神だけはかなりのもの。

温水プールに温泉、雪祭り、遊園地、氷の迷路、その他レストランやなんやらと……こんだけのものが一同に介したレジャー施設、なかなかないでしょ。まあ、サービス過剰すぎて肝心のハワイ要素が貧乏な家のカルピス級に希釈され、若干ワケが分からなくなっちゃってるフシもありますが。

そんな「釜谷ハワイ」のサービスはこの程度では収まらなかった。過剰なサービス精神が暴走しまくって「ホントにコレはいらないだろ!」という完全に余計な施設を作ってしまったのだ。
この坂を登ると、とんでもない施設が……
この坂を登ると、とんでもない施設が……
雪祭り状態になっている広場を抜け、坂道を登っていくと、そこにはお寺らしき建物がいくつも。……もう「なんでハワイに寺!?」ということで突っ込むのも疲れたので寺はスルーするとしても、寺の前に立ち並ぶ像はスルーできない!
あ、寺だ……と思ったら
あ、寺だ……と思ったら
じ、地獄路!?
じ、地獄路!?
なんだかスゴイ光景が繰り広げられています
なんだかスゴイ光景が繰り広げられています
鬼に髪をつかまれて斧で脳天をかち割れそうになっている人。トゲトゲ付きの板でジャンク・クラッシュされてる人。ベローッとのびた舌の上に牛と鬼が乗っかった人。手首をチョン切られて断面が見えちゃってる人……等々。なんか色んな拷問を受けている人たちの像が大量に立ち並んでいるのだ。

雪祭り広場で偽トトロや偽ドラえもんの雪像を見て「ワーイ」とかテンション上がったお子さんが、その流れでこのエリアに足を踏み入れちゃったら一生モンのトラウマが刻み込まれること間違いナシ。いや、大人でもちょっと「ヒョーッ」となるくらい無駄にクオリティの高い拷問像の数々。
斧で脳天かち割ったろか!
斧で脳天かち割ったろか!
この表情がまた……
この表情がまた……
ギャー! 痛いーッ!
ギャー! 痛いーッ!
ものすごく舌が長い人だなー……と思ったら
ものすごく舌が長い人だなー……と思ったら
牛と鬼が乗っかってますよ! なんと痛そうな……
牛と鬼が乗っかってますよ! なんと痛そうな……
ウワー
ウワー
断面!
断面!
石像のクオリティがまた必要以上に高いんだ
石像のクオリティがまた必要以上に高いんだ
要は「ウソをついたら舌を抜かれて……」みたいな感じで、生前に犯した罪の種類に応じてこんな拷問を受けるんだぜぇ~、ということを視覚的に教えてくれているらしいんだけど、ハングルで書かれた解説文が一切解読不能なので、拷問の内容は分かるものの、どんな悪いことをしたらこんなことをされちゃうのかが不明。

うーん、この様々な拷問の中で一番イヤなのはどれかなぁ……? 意外と「鳥に目玉を食われる」とかが地味にヤですかねぇ。うおー、コレを避けるにはなにに気をつけて生きていけばいいの!? 教えてッ!
なんか色々書かれているけど一切読めず
なんか色々書かれているけど一切読めず
やめてー!
やめてー!
目玉を食わないでー!
目玉を食わないでー!

この手の地獄巡り的な像、ちょっとおかしな寺などでは結構見かけるけど、ゆるくて平和なレジャー施設の一角に突然あるとインパクト大ですな。
灼熱地獄……熱いー!
灼熱地獄……熱いー!
こちらは氷地獄かな? 寒いー!
こちらは氷地獄かな? 寒いー!
すさまじすぎる顔をした鬼(?)
すさまじすぎる顔をした鬼(?)
舌を引っこ抜かれている方
舌を引っこ抜かれている方
干支にガブリとやられている方
干支にガブリとやられている方
地獄へ連行されている方
地獄へ連行されている方
なんちゅう大粒の涙なんや!
なんちゅう大粒の涙なんや!
釜ゆでの刑……だと思うんですが、雪が積もっててむしろ寒そう
釜ゆでの刑……だと思うんですが、雪が積もっててむしろ寒そう
トゲトゲに串刺し! ……だけど、こちらも雪が積もっててワケの分からないことに
トゲトゲに串刺し! ……だけど、こちらも雪が積もっててワケの分からないことに
ヘビにされちゃった人たちかな……? イヤだなぁー
ヘビにされちゃった人たちかな……? イヤだなぁー
地獄を抜けると、そこには仏様が。ボクもついつい忘れそうになりますが、ハワイの写真ですよ
地獄を抜けると、そこには仏様が。ボクもついつい忘れそうになりますが、ハワイの写真ですよ
いやあ「ハワイ」と名付けられた愉快なレジャー施設の中に、どーして地獄を作ってしまったのか……。もともとこの地獄巡りの寺があったところに、後からハワイを作ってしまった、とかいうパターンでもなさそうだし。

家族で遊びに来てちょっとお調子に乗り過ぎちゃった子どもに見せつけてクールダウンさせるための施設だったりするんですかね。「あんまりハワイハワイって浮かれてると地獄に落ちるぞ!」という戒めとして……。せっかく日常を忘れて遊びに来てるのに、現実どころか地獄まで思い出させないで欲しいよね。

ハワイ=楽しい!

温水プールに温泉、遊園地、雪祭り、氷の迷路、地獄……とサービス精神満点ではあるものの、ハワイ感はもちろん統一感もなにもありゃしない「釜谷ハワイ」。名前から受けるインチキ臭さの数倍インチキ感爆発で、バカ観光地好き目線で行ってるボク的には楽しいことこの上なかったです(寒かったけど)。

じゃあ、フツーの観光気分で行ったとしたらどうなのかというと……やっぱり楽しいんじゃないですかね、メチャクチャな組み合わせでもこれだけ盛りだくさんだと。

きっと「ハワイ=楽しい」というイメージのみで突っ走って作っちゃったんだと思うんですよ。だから、とにかく楽しいものをいっぱい詰め込んどけばいいだろうと。……そこで、なんで地獄を作っちゃったのかはナゾですが。

おそらく、わざわざ日本からこんなとこに行く人はほとんどいないんじゃないかとは思いますが、機会があったら行ってみても損は……うーん、自己責任で行ってみて下さい。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ