特集 2012年12月24日

昼ミネーションを見に行く

!
先日、仕事を終えて家に帰ろうとしたら、会社の脇の植え込みが急にキラキラになっていて驚いた。
そういえば数日前から作業員っぽい人が何かしていた気がする。でも植え込みの剪定かなにかかと思っていた。昼間は電飾が光ってないから気づかなかったのだ。それがイルミネーションであることに。

街にある人気のイルミネーションも、きっと昼は違う、地味な姿をしているのだろう。そんなイルミネーションの昼の姿、「昼ミネーション」を見に行ってみた。
インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。(動画インタビュー)

前の記事:ゲーム感覚でプレゼンしよう

> 個人サイト nomoonwalk

昼は居ない

電気がつくまで、ずっとイルミネーションの存在に気づかなかったのだ。夜はあれだけ存在感を発揮するイルミネーションも、昼には居ないも同然。昼居ねえションなのである。
新宿サザンテラスに来ました
新宿サザンテラスに来ました
新宿駅南口に広がる昼ミネーションを見に来た。新宿サザンテラスというのは単に場所の名前だけど、画像検索するとイルミネーションの画像ばかり出てくる。ほど近い歓楽街である歌舞伎町とは違った意味で、ここは夜の街だ。
普通の通りです
普通の通りです
同じダジャレを二回も言うこともないと思うのだが、あまりに昼居ねえションだ。This is 日常。
通りの終端までくると塔が
通りの終端までくると塔が
端まで歩いてようやくイルミネーションっぽいものが見つかった。塔のふもとには2本の柱が立っていて、恋人同士が手をつないでその柱に同時に触れると、上に吊されている電飾が点灯するという仕掛けだ。
点灯するのはこれ。ドラクエにこういうモンスター出てきた</a>
点灯するのはこれ。ドラクエにこういうモンスター出てきた
こういう恋人たち向けの仕掛けを夜に見たときに感じるであろう落ち着かない気持ちを、昼間に見るとまったく感じない。昼ミネーションは独り身の方にもおすすめのイルミネーション鑑賞法である。

LEDの巻き方講座

街の雰囲気はこの上なく普通なのだが、ディテールを見ていくとやっぱりイルミネーションの息吹を感じることができる。
植え込みの
植え込みの
中に
中に
LED
LED
植え込みの中に、LEDは巧妙に隠されている。さっきから街並みが普通だ普通だと言っているが、あまり露骨に電飾をつけるのは設置側としても本意ではないらしい。わざと普通にしてるのだ。
表面がちょっとけばけばして見えるのは写真のノイズではなく
表面がちょっとけばけばして見えるのは写真のノイズではなく
巻かれたLEDなのです
巻かれたLEDなのです
こういう低木の植え込みの場合、ケーブルはきつめに巻いて葉っぱの中に隠し、LEDの先だけ顔をのぞかせるようにするのがいいようだ。昼目立たず夜映える、よい巻き方である。

そうかと思うと、もうちょっと露骨に昼ミネーションしてる部分もある。
ネット状にしてかぶせる
ネット状にしてかぶせる
低木じゃなくて草っぽい植え込みの場合、巻き付けるところがない。そういうときは地面に杭を打って、その上にLEDのネットを引っかけている。
こういう感じ
こういう感じ
地面から浮いているのでハンモックのように上に寝そべってみたくなる。
こうやってLEDが見えていると、「ああ、夜はきれいなんだろうな」という想像がふくらんでいい。夜のイルミネーションが「いとをかし」だとすると、昼のLEDは「もののあはれ」を感じさせる。

街路樹は気の毒に

ただ、見えすぎてしまうとちょっとまずいことになったりする。
怖い…
怖い…
完全に「生け捕り」または「緊縛」といった風情である。街路樹、とくに葉のまばらな部分となると、こういった事態は避けられない。
ガリバー旅行記を彷彿とさせる絵
ガリバー旅行記を彷彿とさせる絵
大勢の小人にロープで縛りつけられるガリバー。木をこんなかわいそうな状態にして、さらにピカピカ光らせた上で「わあきれい!」とか言うのだから、イルミネーション、意外に残酷なものだ。

電源さがし

さてちょっと趣向を変えて。電気を使っているからにはもちろん電源があるはずだ。

くまなく探してみると、こんな見るからに怪しいポイントが。
線の先が全部ここに引き込まれている
線の先が全部ここに引き込まれている
この植え込みの奥にはコンセントがあるに違いない。残念ながらのぞき込んでも奥が見えなかったが、絶対に何かある。これも巧妙に隠蔽されているのだ。

と思えば、こんなのもある。
見にくいけど「イルミネーション電源盤」と書いてある
見にくいけど「イルミネーション電源盤」と書いてある
左のは同じく「イルミネーション電源盤」、右のは「仮設分電盤」と書いてある。
左のは同じく「イルミネーション電源盤」、右のは「仮設分電盤」と書いてある。
LEDも電源も、隠したり隠さなかったりと割にラフな感じで配置されている。やはり昼の見た目まで意識してないのだ。無防備な昼ミネーション。

あ、それから、無防備といえばこんなのも。
使用上の注意
使用上の注意
というわけで昼ミネーション、よく見てみれば普通に昼間でもいろんな仕掛けが施されていた。夜に急に現れたな、と思ったのは僕が今までちゃんと見てなかっただけだ。昼居ねえションじゃなくて、昼見ねえションだったのである(※今の一文で、この記事で言いたかったことは全部終わりました)。

そして夜

せっかくなので夜、同じ場所にやってきた。
真・新宿サザンテラス
真・新宿サザンテラス
おお、すごい
おお、すごい
幻想的!
幻想的!
普段なら「あ、イルミネーションやってんだ」くらいの小感動で通り過ぎてしまうところだが、昼間とのギャップを知ってしまうと、打って変わってファンタスティックだ。
ところで、昼間見たあの場所はどうなっているだろうか。
ロープをかけられてガリバーのようになっていた樹
ロープをかけられてガリバーのようになっていた樹
こちら、黄金のスカートを履いたような美しさである。
電源盤と分電盤をバックに、スカート部分のアップ
電源盤と分電盤をバックに、スカート部分のアップ
あれだけ樹をがんじがらめにしていた小人のロープは夜の闇に溶け込み、ピカピカのLEDだけが身体を飾っていた。
杭に張られたネット。植え込みの上を電飾が跳ね回って踊っているようである
杭に張られたネット。植え込みの上を電飾が跳ね回って踊っているようである
植え込みに巻かれた部分
植え込みに巻かれた部分
昼のあの地味な姿を見ていると「みんな、こんなにきれいになって…」と思わず涙ぐんでしまいそうだ。

ところで電源盤

先に昼ミネーションを見ておくことで、普段なら絶対に気づかないであろうイルミネーションの楽しみ方を発見した。それは「電源盤を見よ」である。
あらかっこいい
あらかっこいい
周りの電飾を反射して光の筋ができ、なんだかかっこいいのだ。
見る角度を変えると
見る角度を変えると
色も変わる
色も変わる
双子の散水栓も稲妻みたいでかっこいいぞ
双子の散水栓も稲妻みたいでかっこいいぞ
完全に余談だが、僕が最近まで使っていたHTCのスマートフォンには、これとそっくりの画像が壁紙用に入っていた。(というわけで壁紙にお使いください→DOWNLOAD
さて、昼のイルミネーションの様子がだいたいわかったところで、もう1カ所くらい見に行ってみたい。ネットで調べたところ、今年のイルミネーション人気ランキングの一位は六本木の東京ミッドタウンだと書いてあった。さっそく行ってみよう。

すごい

人だかりができてる
人だかりができてる
さすが人気スポットだけある。全然下調べしないで来たんだけど、肝心のイルミネーションはどんなのかな…
えっ!
えっ!
ちょっとちょっと!すごいよ!おとうさんびっくりしちゃったよ。正直、一番人気とかいってもさ、イルミネーションなんてどれも同じでしょ?って思ってた。でもこれには思わず声を上げた。
全体的にグリグリ動く
全体的にグリグリ動く
この記事が公開される今日は12/24(ご挨拶が遅れましたが、メリークリスマス!)。
このミッドタウンのイルミネーションは12/25までだそうだ。今日か明日ぜったい見に行った方がいいよ。23時くらいまでやってます。
せっかくなので
せっかくなので
静止画のきれいな写真でも
静止画のきれいな写真でも
と興奮のあまり夜のイルミネーションのおすすめをしてしまったけど、本題は昼のイルミネーションである。翌朝、あらためてやってきた。
人っ子一人いない朝の公園
人っ子一人いない朝の公園
青く光っていたのはココ。
青く光っていたのはココ。
うーん、地面。ネットが張ってあって、「おや、芝生の養生中かな?」くらいの日常感。
よく見ると配線らしき物がめぐっている
よく見ると配線らしき物がめぐっている
スピーカーだ
スピーカーだ
なにせ今年の一番人気である。もしかしたら昼といえども厳重な警備が敷かれており、近づくことさえできないかも……と心配していたのだ。ふたを開けてみたら、全くのほったらかし。昼ミネーション、みんな全くの無関心だ。
謎の円盤
謎の円盤
円盤は上のアニメーションでぐるぐると光が回転している、あの中心の部分。
そしてここにも電源らしき物がある
そしてここにも電源らしき物がある
なにか機材が隠してある
なにか機材が隠してある
と無理矢理見どころを探してみたものの、サザンテラスと違って、ミッドタウンのイルミネーションで光っているのは「地面」。よって樹に巻き付けたり街路樹に這わせたりという作業の形跡もない。一番人気といえど、昼間はサザンテラス以上に地味な光景が広がっていたのであった…。

昼ミネーション、見るならイルミネーションの前に

というわけで昼ミネーション鑑賞、なにぶん地味なので単体ではおすすめはしない。ただ夜のイルミネーションとセットで行くにはとてもおもしろいと思う。昼にディテールを見ておいて、点灯後に「あー、こうなるのかー」って答え合わせをするのが楽しい昼ミネーションの楽しみ方です。
昼には全部同じ色に見えたLEDが、夜見に来たらすごくカラフルで驚いた
全部同じ色に見えたLEDが、夜見に来たらすごくカラフルで驚いた
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓