特集 2012年10月9日

川に人食いザメ!?沖縄・国際通りでサメを釣れ!!

駅前。観光地。川。でもサメが釣れる。
駅前。観光地。川。でもサメが釣れる。
数年前、沖縄の川にはサメ、それも人食いザメとして恐れられるオオメジロザメが遡上してくると聞いた。しかもかなり海から離れた細い流れにまで。
半信半疑ではあったが、サメ好きにして淡水魚好きの僕としてはそんな面白い光景があるのならぜひ見てみたい。そして可能であるなら釣ってみたい。食べてみたい。そう思っていた。
数年越しの夢を叶えるため、2012年秋、僕は沖縄へと飛んだ。
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。

前の記事:最近ミノムシ見ないよね


サメのいる川は那覇のど真ん中!

サメが見られるという川は那覇市内を流れる安里川という二級河川である。
典型的な都市河川であり、とりあえずサメがいるような雰囲気は一見して感じられない。
というかどんな川にだってサメがいれば違和感バリバリである。
舞台は沖縄の海の玄関口、泊港に注ぐ川。
舞台は沖縄の海の玄関口、泊港に注ぐ川。
ところがそのオオメジロザメというサメは多くの熱帯の国々で淡水域に遡上してくることが報告されているのだ。ニカラグア湖やアマゾン川が代表的な例だ。
しかし、ここは亜熱帯気候の沖縄とは言えど、紛れもなく日本である。本当に川にサメが入るのだろうか。
河口。けっこう立派な川だな。
河口。けっこう立派な川だな。
安里川の河口はそれなりに幅広く、この辺りまでならサメがいてもそれほど不思議じゃないなという印象を受ける。しかし…。
と思っていたら数十メートル遡っただけで川幅が極端に狭くなる。
と思っていたら数十メートル遡っただけで川幅が極端に狭くなる。
河口からほんの少し上流では川幅が数メートルにまで狭まってしまった。
こんな頼りない川に本当にサメが入り込めるとは思えないのだが…。
サメの目撃情報が多発するポイント周辺。
サメの目撃情報が多発するポイント周辺。
サメ多発地点はもはや街中を流れる普通の川だ。
魚はたくさんいる。
魚はたくさんいる。
まあでもサメのエサになりそうな小魚は多いようだし、あり得るのかなあ?とりあえず釣竿を出してみようか。

沖縄の川魚がすごい。

まず、その場でサメ釣りのエサとなる小魚を釣るのだが、釣れた川魚も本土の人間からするとかなり違和感を覚える顔ぶれであった。
クロダイの仲間
クロダイの仲間
クロダイが川に!?と思うかもしれないが、実はこれは本土でも珍しくない光景。クロダイは九州だと稀に田んぼの用水路に迷い込んでいたりもする。

しかし、さすがにこれには誰もが驚くだろう。
ガーラと呼ばれるヒラアジの仲間。
ガーラと呼ばれるヒラアジの仲間。
川にアジである。沖縄の川は昆虫などエサが豊富なので、海の魚がそれを食べに遡上してくるのだ。
ちなみにこういったヒラアジの仲間は沖縄ではガーラと呼ばれ、釣りの対象魚として親しまれている。中には1メートルを超える大型種もいるが、川に入ってくるのはせいぜい数十センチの子どもまでだという。
ティラピア。実はおいしい魚で世界中に放流されている。
ティラピア。実はおいしい魚で世界中に放流されている。
こちらはアフリカ原産のティラピアという魚。沖縄は外来魚が多いことでも知られている。(沖縄の外来魚についてはこちら「沖縄の川には熱帯魚がいる」)
プレコという熱帯魚。持て余した飼い主が捨てたものが大量に野生化している。
プレコという熱帯魚。持て余した飼い主が捨てたものが大量に野生化している。
外来魚といえばプレコことマダラロリカリアという南米原産のナマズも釣れた。
沖縄の川、バーリトゥードすぎる。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓