特集 2012年8月20日

ティッシュはホームセンターで買うと13.3倍安い

!
もともと通年アレルギー体質で、出かけるときはポケットティッシュが手放せない。それに加えて、ここ最近は先週引いた風邪が長引いている。誇張抜きで、5分に1回鼻をかまねば、鼻が水の都状態なのである。鼻の都と言ってもいい。そんなベネチアとパリが一気にやってきたような、巨大観光都市が誕生しているのだ。鼻に。
インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。

前の記事:みんなケーキになあれ

> 個人サイト nomoonwalk

行きすぎた比喩表現でわかりにくくなったが、要は鼻水が出るという話である。そのためティッシュが欠かせない。
毎日ポケットティッシュを持ってでかけるのだけど出先で切らしてしまうことも多いわけで、そういうときは適当な店で買う。で、ここから本題。ティッシュって、場所によって値段が違いすぎないだろうか。

ホテルの自販機のビールが高いが如く

僕はいつもホームセンターで買うんだけど、でかい袋にたくさん入って100円である。一方、コンビニで買うと4つしか入ってなくて150円くらいする。さらに、駅の売店で買ったときはもっと高かった。場所によって値段が全然違うのだ。

この価格差について、前々から一度調べておかねばと思っていた。
というわけで、価格調査の結果をいきなり発表してしまおう。

普通のティッシュ

調査結果は3つのジャンルに分けた。普通のティッシュ、保湿ティッシュ、水に流せるティッシュだ。まずは普通のティッシュから見てもらおう。
!
表の見方は左から、買った店、商品名、ポケットティッシュ1つに何組(2枚重ねなら2枚で1カウント)入っているか、外袋にポケットティッシュがいくつ入っているか、そして値段、1組あたりの単価。

1組あたりの値段を見てみると、なんと、価格差は最大で8.16倍!ただ最高値の商品は「香り付き」というちょっと特殊なモノだったので、それを除外すると、6.66倍。最高値は東京メトロの駅売店で買ったティッシュだった。
東京メトロ独自パッケージ。
東京メトロ独自パッケージ。
ほかのはぜんぶ複数パックのまとめ売りなのに、これだけは堂々の単体売り。結果、価格差は6.66倍である。駅改札内、競合がないがゆえの殿様商売…!という感じもするが、とはいえ小口で買えるのは良心的といえなくもない。量が少ないだけで、販売価格はこの中で一番安いのだ。「1枚だけ欲しい」という場合には実は最もお買い得。

一方で最安値はホームセンターで買ったもの。いつも僕が買ってるやつだ。特に比較せず直感で安く感じて買ってたのだが、その判断は正解だったようだ。ただ、安いだけあって紙が硬い。1日に数回の使用ならいいが、今みたいに5分に1回鼻をかむチェーンブロワーのみなさまにはお勧めできない。
いつも買ってるやつこれです
いつも買ってるやつこれです
つづく上位にはホームセンターとイオンが並ぶ。結論としては、ふつうのティッシュ、安く買うならホームセンターかイオンである。

保湿ティッシュ

ではチェーンブロワーのみなさまにお勧めのティッシュは?といわれると、こちらのランキングが参考になる。
!
調べてみてびっくりしたのだが、世の中に流通しているティッシュは、普通の商品より保湿タイプの商品の方が多い。1組あたりの平均価格も通常2.09円に対して保湿2.27円と、0.2円しか変わらない。鼻かみ用途には迷わずこちらを使おう。

この中でダントツで安いのが、100均の商品。
化粧落としにも推奨
化粧落としにも推奨
1回0.66円で鼻をかめる。16パック入りという保湿系最大の大量パックは、買いだめにはぴったりだ。他に上位に食い込んだのはイオンとマツキヨ。100均を含め、この3つのどこかで買っておけば保湿ティッシュは問題なさそう。

逆に高い方を見てみると…鼻セレブの独壇場である。これは店の値付けの問題というより、鼻セレブ自体が高級品なのだろう。セレブの名に恥じぬハイソぶり。ただしこちらも駅の売店が頭ひとつ抜けて高いため、できるだけそれ以外の店で買いたい。
店頭ではこのつぶらな瞳がグイグイ迫ってくる
店頭ではこのつぶらな瞳がグイグイ迫ってくる

水に流せるティッシュ

最後に、水に流せる部門。溶ける紙は鼻をかむのに向いていないので個人的にはあまりお世話になることはないが、別の緊急シチュエーションもあるだろう。せっかくなので比較しておこう。
!
ここでも100均が健闘。0.66円の単価は保湿ティッシュの最安値と同じだ。続いてイオンが跡を追う。
これが最安値
これが最安値
ティッシュみたいな元々安い商品は「100均で買うと意外と損」というイメージがあるが、キャンドゥのティッシュに関してはしっかり最安値。えらい。

続いて最高値、ついにアイツの登場である。
コイツ
コイツ
駅のトイレにあるあの自販機だ。困ったときの最後の頼みの綱的存在であるが、単価でいえば実は100均の10倍以上。見事に足下見た価格である。
しかし背に腹は変えられない状況もあるだろう。需要と供給の結果にたどり着いた10倍である。

価格比較まとめ

そんなわけで3つの表を検討した結果、傾向はだいたい以下のとおりである。
・安いティッシュ探すならキャンドゥ、イオン、マツキヨの順にいけ
・ただし普通のティッシュはホームセンターが狙い目
・駅でティッシュを買うな
・ただし「少しだけ」(1パック以内)欲しい場合はあえて駅売店利用もアリ。小口で買える。

ちなみに種類を横断して比べると、1組あたりの最安値はホームセンターの普通のティッシュで0.5円、最高値は駅のトイレ自販機で6.67円。なんと13.3倍の開きがあった。

「場所によってティッシュの値段が違う」現象、、その全貌が明らかになった。個人的にはここまでで大満足であるが、調査の過程でいろいろ面白いことも見えてきた。次のページでは調査過程を紹介するとともに、お店別の傾向も見ていこうと思う。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓