特集 2012年5月31日

川をはしるタクシーに乗ってきた

!
「水陸両用タクシーという乗り物があるらしいんですが、乗りますか」
そんなお誘いをうけたのはようやく春めいてきたある日のことであった。
なにそれおもしろそう!
「ただし、100分貸切、最大4人で35,000円ですが」
ええっと割勘でいくらだっけ…。…。いや、どんとこいだ! その誘い、受けて立つ!
1984年うまれ、石川県金沢市出身。邪道と言われることの多い人生です。東京とエスカレーターと高架橋脚を愛しています。

前の記事:区道ガードパイプをめぐる旅

> 個人サイト 東京エスカレーター 高架橋脚ファンクラブ

というわけで我々が水陸両用タクシーのある街、大阪の地に降り立ったのは、5月の13日のことである。
おもむろに停められた1台のジープ。「おお、あれですな」「あれですね」
おもむろに停められた1台のジープ。「おお、あれですな」「あれですね」
この貸切タクシー、乗車場所として指定されたのは、大川(旧淀川)沿いにある桜之宮公園。カヌーやカヤックの練習ができる浅瀬がもうけられた素敵な公園だ。だが、ちょっと駅から遠い。結局、川沿いを歩いた方が早いということで、中之島のあたりからえっちらおっちら30分ばかりかけてやってきたのだが、もし急いでいたらタクシーをつかうところである。これからタクシーに乗るのに。
一見ふつうの車…のようだが、よく見ると車体の下半分が船の形になっている。
一見ふつうの車…のようだが、よく見ると車体の下半分が船の形になっている。
なにわナンバーがまぶしい、ふつうの車だ。でもスクリューがついてる。
なにわナンバーがまぶしい、ふつうの車だ。でもスクリューがついてる。
このスクリュー、動いてじゃじゃーんとでてくる。帰ってきてから撮らせてもらった。(一瞬です)
前にも小さいスクリュー。これはぐるぐるまわして方向を制御するためのもの。
前にも小さいスクリュー。これはぐるぐるまわして方向を制御するためのもの。
車内はこんなかんじ。ちょっと懐かしい内装に、白いカバーが「タクシーですがなにか」と主張する。
車内はこんなかんじ。ちょっと懐かしい内装に、白いカバーが「タクシーですがなにか」と主張する。
車体をなめまわすように何周もして写真を撮りまくっているうちに、きょうのタクシーを運行してくれる大阪ダックツアーのスタッフの皆さんがいらっしゃった。たくさんいらっしゃった。乗る客の数より多い。
同行者は、あらゆる川の動画を撮り尽くす男、mechapandaさん(のすごすぎる動画チャンネルはこちら)と、去年めでたく船舶免許を取得されたO船長のふたり。チーム川の精鋭メンバーである。
撮影機材に興味津々なスタッフの皆さんに囲まれるmechapandaさん。
撮影機材に興味津々なスタッフの皆さんに囲まれるmechapandaさん。
バンパーに設置されたmechapanda’sカメラ。(計3台設置してた。ちなみにmechapandaさんはふつうの会社員である。)
バンパーに設置されたmechapanda’sカメラ。(計3台設置してた。ちなみにmechapandaさんはふつうの会社員である。)
ではもったいぶらずに早速出発といきましょうか。
この水陸両用車専用に作られたスロープを!
この水陸両用車専用に作られたスロープを!
ずずいと
ずずいと
駆け下りる!
駆け下りる!
ざっぱーん!
ざっぱーん!
mechapandaさん特製動画でもう一度!3アングルあるよ!!!
すいー
すいー
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓