特集 2012年2月15日

そろばんをいろいろなビーズで作ってみた

もっとガーリー風味になるかと期待していたが。
もっとガーリー風味になるかと期待していたが。
そろばんを製作する過程をテレビで垣間見た。寸分の狂いもなく珠を削り、部品を組み上げていく。美しかった。

自分もそろばん、作ってみたい。うちに大量にあるビーズで、できそうじゃないか?というわけでやってみたのだが・・・。
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。(動画インタビュー)

前の記事:昔の学習雑誌がなんだか不気味なのだ

> 個人サイト 妄想工作所

珠っぽいなって思ってました

小学校の頃はそろばん塾に通っていたのだが、マイそろばんはもうどこにあるかわからない。そこで小さい廉価版のを買ってきた。そろばんの構造を見るためである。意外と、実際に見てみないとわからない部分って多いもんだ。
千円しなかった。しかし9桁だ。
千円しなかった。しかし9桁だ。
うーん。そろばんは準2級までは昇級したはずなのだが、もうすっかりやり方を忘れた。足し算のやり方もおぼつかない。例えば「7+8」を計算してみるに、いったん頭の中で15と答えを出してから珠をはじいてしまったが、それじゃ意味ないじゃないか。

そろばんの機能にフォーカスするとボロが出るので、これ以上は止めにして、ビーズをかき集めてみた。
使ってないビーズ。趣味に熱しやすく冷めやすいせいで、こういうことになる。
使ってないビーズ。趣味に熱しやすく冷めやすいせいで、こういうことになる。
そろばんの珠みたいな、クリスタルビーズ!
そろばんの珠みたいな、クリスタルビーズ!
ほら。ビーズの種類に、そろばんの珠っぽいのがたまにあるだろう。あれを使って、一度そろばんを作ってみたかった。今日が、その日だ。

問題は製作工程が闇の中なのと、串(芯かな?)のサイズ、合うのがあるかどうか。手探りで進む。
割と固い造花用ワイヤーがあったのでこれを使おう。
割と固い造花用ワイヤーがあったのでこれを使おう。
もっと大きな問題は、枠を何で作るかだ。木枠をきっちり作るのは大変だ。じゃあ割り箸にしてみよう。それはそれで、太さが一定でないので削ったりして大変だけども。

割り箸を加工しているうち、妙な気分になってきた。私は何をやってるんだ。
ミニノコで切ったり・・・
ミニノコで切ったり・・・
カンナ代わりの彫刻刀で削ったり・・・
カンナ代わりの彫刻刀で削ったり・・・
ピンバイスで串のささる位置に穴を開けたり。
ピンバイスで串のささる位置に穴を開けたり。
生きておれば誰しも「オレはいったい何をやってるんだ」とハタと思い返すときがあるだろう。本来の希望でない職種に就いたり、好きな子に冷たくしてしまったり。

私は今そろばんを作っていることは確かなのだが、家で寝食も忘れ、おおいったい何やってるのだ。

そう、寝食を忘れるくらい、手間がすごくかかってしまったのだ。もし工作カルタがあるとしたら、「み」はこうだ。「見るのと作るの大違い」。
はりの部分(五だまと一だまの間の仕切り)は、アイスの棒がちょうどいい。やったね!
はりの部分(五だまと一だまの間の仕切り)は、アイスの棒がちょうどいい。やったね!
串を刺すのは、はりが先か枠が先か悩む。
串を刺すのは、はりが先か枠が先か悩む。
結局こういうリハビリみたいな感じに。
結局こういうリハビリみたいな感じに。
十数本の串に一度に板を嵌め込むのが、地味にとてもとても大変でした。
十数本の串に一度に板を嵌め込むのが、地味にとてもとても大変でした。
半日つぶして、割り箸レインボークリスタルビーズミニそろばんができた。
割とそれっぽい。割り箸だけに。
割とそれっぽい。割り箸だけに。
狙いでは他に「そろばんをデコるんじゃなくて、そろばんの珠自体がビーズだったらさぞやギャルっぽくなるんべぇよ」というもくろみがあったことはあったのだが、そのかっちりしたフォルム、整然と並んだ珠のせいか、まったくキャピッてる様子がない。

かといって、ちゃんと仕事をしてくれるかとなると、実に怪しい。
なぜかというと数がとてもわかりにくいからだ。それ以前に操作性も悪い。
なぜかというと数がとてもわかりにくいからだ。それ以前に操作性も悪い。
操作性のことはまあいい。とにかくビーズでそろばんを作れた気がするので、他にもどんどん作ってみよう。

ちいせー!って言ってみたかっただけ

一番小さい、3mm径のビーズで作ったら、ドールの使うそろばんみたいになるかしら。ずいぶん辛気臭いドールだけど。
今度は、もっと加工しやすくスチレンボードで枠を作る。
今度は、もっと加工しやすくスチレンボードで枠を作る。
ちっちぇー。
ちっちぇー。
小さくて測るのが面倒なので、作りながら長さを決めていった。
小さくて測るのが面倒なので、作りながら長さを決めていった。
手元でやってる作業があまりにわかりづらいので、キーッ!となる。

この辺、前頁と同じような作業が続くので、そろばんにまつわる話でもしよう。

***

くだんのそろばん塾で、できた課題を先生に見せるため順番の列に並んでいたら、ドタドタドターッという音とともに天井板が降ってきて私の頭を直撃した。が、続いて天井裏からそこんちの飼い猫が落ちてきて、どっかへ逃げてったので、みんな猫のほうばかり話題にし、私の頭のことはまったく話題にならなかった。
こうして前回のように立ててみたが、小さすぎて入れるのが大変なので…
こうして前回のように立ててみたが、小さすぎて入れるのが大変なので…
団子屋方式に変更。挿しては立て挿しては立ての繰り返し。
団子屋方式に変更。挿しては立て挿しては立ての繰り返し。
はみ出た串を切り取る。髭剃りのCMのようだ。自分が3枚刃になった気分で。
はみ出た串を切り取る。髭剃りのCMのようだ。自分が3枚刃になった気分で。
私の頭にも当たったの!天井板が!と主張するほどまだ社会性がなかったので、そのまま涙を飲んだ。

***

さて、枠を黒く塗って仕上げたら、それっぽい感じになった気がする。
かっちりしてるように見えるが、はりなどフニャフニャである。
かっちりしてるように見えるが、はりなどフニャフニャである。
「願いましてはー」でジャーッと横にひくと、たぶん丸ごと崩壊する。
「願いましてはー」でジャーッと横にひくと、たぶん丸ごと崩壊する。
そして見にくいこと。
そして見にくいこと。
スチレンボードはでかい塊のときはまだ張りがあるけど、このサイズだとやわやわである。当たり前ですな。

まだまだ行くぞー。今度は、そろばん珠とは全く違うビーズで作ってみよう。

やんごとなきそろばん

住まいの断熱材などに使われるスタイロフォーム、これのほうが丈夫で扱いやすく、枠には適しているかと思い、採用してみた。
スチロール用カッターでさくさく枠を切り出す。
スチロール用カッターでさくさく枠を切り出す。
枠はパールカラーで塗る。
枠はパールカラーで塗る。
パールのそろばん。人魚が使っていそうな気がしてしょうがない。
パールのそろばん。人魚が使っていそうな気がしてしょうがない。
だが数は、もう何がなんだか。まぶしっ!
だが数は、もう何がなんだか。まぶしっ!
パール好きにはたまらないそろばんだろうが、いかんせん操作性が悪い。使い勝手を捨ててでも、上品なオシャレを楽しみたい、というご婦人にはいいかもしれない。あるいはミ○モトが経理で使ってるんだよこれ、という伝説を勝手に作ってもいい。しかし微妙な作りだ。

こうなったら行くところまでいこうじゃないか。混沌を経て、透明な悟りの境地へ。
透明アクリル板から枠を切り出す。
透明アクリル板から枠を切り出す。
アクリルの加工は手ごわい。電動ドリルでひたすら穴あけ。
アクリルの加工は手ごわい。電動ドリルでひたすら穴あけ。
汚れだらけの作業台で、穢れ無き透明のそろばんを組む。
汚れだらけの作業台で、穢れ無き透明のそろばんを組む。
あてずっぽうのそろばん作りにはだいぶ慣れてはきたが、それでも5時間くらいかかって(どこにそんなにかかったのか)ようやく仕上がった、透明クリスタルそろばんだ。
そろばんのオバケ、幽霊か。おわかりいただけただろうか。
そろばんのオバケ、幽霊か。おわかりいただけただろうか。
うわー予想通りだが、全然数がわからない。勘定にあまりこだわらない、鷹揚な方向けのそろばんであろう。
うわー予想通りだが、全然数がわからない。勘定にあまりこだわらない、鷹揚な方向けのそろばんであろう。
変なもの作ったつもりだったが、そんなでもなかった。
変なもの作ったつもりだったが、そんなでもなかった。
やっぱり、そろばんの構造やあの珠の形には意味があるのだ、と改めて実感した。そしてこの様式美。パールだろうがクリスタルだろうが、この様式を踏襲すればそれはもうそろばんに落ち着いてしまう。そろばんの手のひらの上で踊らされたような気分だ。

【告知】

オモシロ物作りの先輩方とともに、カルカルでイベントに出ます!

***

ザリガニワークス presents おバカ創作研究所 Vol.1
http://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_120210203848_1.htm

2012 03 18 [Sun]
Open 18:00 Start 18:30 End 21:00 (予定)

好き勝手なモノ作りで知られるおバカなクリエイター三組が夢の共演!
日頃の活動報告会や商品即売会、
さらにメーカー企画担当必見の共通テーマによるバカグッズプレゼン大会など、
バカにできない内容です。

【出演者】
・ザリガニワークス
・現代美術二等兵
・乙幡啓子
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓