特集 2012年1月25日

三重で発見!ルーブル美術館(っぽい美術館)

まさかのスケールで迫ってくるルーブル美術館が三重にあった!?
まさかのスケールで迫ってくるルーブル美術館が三重にあった!?
世界最大級の美術館のひとつであるルーブル美術館。芸術に全く興味がなくても名前くらい聞いたことがあるだろうし、ちょっと行ってみたいと思わせる超A級スポットだ。

そうはいっても、なかなか本物のルーブル美術館まで行く機会はないのだが、なんと日本にいながらにしてルーブル気分が満喫できるスポットがあるらしい。
1975年群馬生まれ。ライター&イラストレーター。
犯罪者からアイドルちゃんまで興味の幅は広範囲。仕事のジャンルも幅が広過ぎて、他人に何の仕事をしている人なのか説明するのが非常に苦痛です。変なスポット、変なおっちゃんなど、どーしてこんなことに……というようなものに関する記事をよく書きます。(動画インタビュー)

前の記事:病気ライスでお腹いっぱい!

> 個人サイト Web人生

日本でルーブル気分にひたれるスポット

ルーブル美術館。

学生時代、芸術系の大学に通ってはいたものの、周りにちょっとイケスカナイ感じのアーティスト気取り学生(とりあえずベレー帽をかぶっている系)が大量にいたため、逆に芸術的なものに対する興味がストップ安状態、むしろ嫌悪感すら抱くようになってしまったのだが、そんなボクでも名前を知っているくらい超メジャーかつ一流の美術館だ。
三重県の榊原温泉
それだけメジャー級の美術館ならば、芸術にまったく興味ナシな人間であってもちょっと行ってみたくなるもの。しかしルーブル美術館ってどこにあるの? ……ルーブル? ……あ、パリにあんのか。さすがにパリにまで行く情熱はわいてこないよ。

そんなアナタに耳寄りな情報! 日本にいながらにしてルーブル気分をおおむね味わってしまえる場所があるらしいのだ。

その名も「ルーブル彫刻美術館」。うーんなんというか……パチモン感がビンビンににじみ出ている名前。コレは気になりますゾ!

田舎町に突然巨大な芸術作品が!

三重県の榊原温泉
三重県の榊原温泉
さて、ルーブル彫刻美術館を目指してやって来たのは、最寄り駅の近鉄榊原温泉口駅。名前から分かるように温泉地だ。

温泉地の周辺には、温泉客を当て込んで作られたビミョーな規模の蝋人形館やトリックアート美術館、3Dシアターなんかがありがちだけど、問題のルーブル彫刻美術館もその手の施設なのかな? と思いながら歩いて行くと……。
のどかな田舎町に……
のどかな田舎町に……
なんかいるー!
なんかいるー!
周りの風景から浮きまくってる異空間
周りの風景から浮きまくってる異空間
ズドーンと、高さ10メートルはあろうかという巨大な像が建ち並んでいる、そう、ここが「ルーブル彫刻美術館」なのだ!

……それにしてもこの像たち、サイズ感があからさまに狂っているのはともかくとして、左手にある自由の女神はどー考えてもルーブル美術館とは関係ないでしょ!?
こちらも高さ3~4メートルはあると思う
こちらも高さ3~4メートルはあると思う
そして側面の壁には、ナポレオン・ボナパルトを描いた例の有名な絵と、さらに有名なモナ・リザの絵! ……をなぜか立体レリーフにしたものが。

もちろん、こちらも巨大ッ!
立体にしたせいで、あの美しい微笑がなんだか不気味に
立体にしたせいで、あの美しい微笑がなんだか不気味に
さらに正面入り口側に回ると、再びミロのビーナス、サモトラケのニケ(勝利の女神)、自由の女神の三体(当然巨大!)。
こんなに巨大な像をなんで何体も作ってしまったのか
こんなに巨大な像をなんで何体も作ってしまったのか
この「とにかくなんでもかんでもデッカくしとけばゴージャスやろ!? しかもいっぱい作ったれ!」というセンス……オイラ、脳がピリピリしてきちゃったよ。

誰もいないにもほどがある……

さて、とりあえず中に入ろうかとチケット売り場らしきところに向かったのだが、中をのぞきこんでも誰も……いない。
電気はついているのに無人です
電気はついているのに無人です
えーっ、ここまではるばるやって来たのにまさかのお休み!?

絶望的な気持ちになりながら入口付近をウロウロしていると、ガガーッと自動ドアが開いた。休みということではないのだろうか、でも館内は妙に暗いし……。
こちらも人の気配ゼロ
こちらも人の気配ゼロ
とにかく、誰かいないものかと「すみませーん、すみませーん」と大声を上げるも無人の館内にむなしく響くばかり。
!
しかしココ、明らかにお金を払ってからしか入っちゃいけなそうな場所なんだけど、こんな無防備に入れちゃっていいのかしらん。ボクが盗賊だったら色んなモノ取り放題だぞっ。

いっくら声を上げても反応ないし、かといって勝手に中に入って見学しちゃうゴーカイさもないので(犯罪だっ!)再び外に出てみると、駐車場のすみーっこの方で掃除してる人がいるのだ。
駐車場もガラッガラ
駐車場もガラッガラ
藁にもすがる思いで駆け寄って……。
アンタが受付の人だったのかいっ!
アンタが受付の人だったのかいっ!
駐車場をいつでもキレイに、という心がけは結構なことですが、せめて入口付近に注意は払っておいて下さいッ!
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓