特集 2012年1月18日

病気ライスでお腹いっぱい!

この料理のどの辺が“病気”なのか!?
この料理のどの辺が“病気”なのか!?
料理に変な名前をつけた飲食店というのは沢山ありますが、その中でもバツグンにどーかしている名前の料理を見つけました。その名も「病気ライス」!

「病気」+「ライス」という、未だかつてなかったコラボレーションによってすさまじいインパクトを放っているこの料理、一体どんな風に「病気」なんでしょうか?
1975年群馬生まれ。ライター&イラストレーター。
犯罪者からアイドルちゃんまで興味の幅は広範囲。仕事のジャンルも幅が広過ぎて、他人に何の仕事をしている人なのか説明するのが非常に苦痛です。変なスポット、変なおっちゃんなど、どーしてこんなことに……というようなものに関する記事をよく書きます。

前の記事:龍宮城に行こう! 浦島太郎の動く城

> 個人サイト Web人生


もっと病気な病気ライスが食べたい!

量は尋常じゃなかったものの、味は意外にもフツーに美味しかった「病気ライス」。食べる側としては嬉しかったんですが、ネタ的にはもうちょっと「病気」要素が入っていて欲しかったような気も……。(病気要素ってどんなモンか想像もつきませんが)

他のメニューたちも気になるものばかりだったんですが、さすがに一品の量がバカみたいに多かったもんで、挑戦する気になりませんでした。まあ、またの機会に……。
●店麺多房あいうえお
愛知県名古屋市天白区平針3-704
【電話番号】052-803-8639
【営業時間】11時~23時(LO22:30)
【定休日】なし
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓