特集 2011年12月20日

酸っぱいメニューを把握したい~ファミレス編

酸っぱい=幸せ
酸っぱい=幸せ
もしあなたが私を怒らせてしまい、機嫌を直そうとするならば、ぜひ私に酸っぱいものを与えてみてください。大概のことは許して徐々に笑顔になるでしょう。
それくらい、私は酸っぱいものが大好きだ!

酸っぱいを大きく分けると酢系、梅系、果物系があると思うが私はどれも大好き。だから急に酸っぱいものが食べたくなった時に備えて、普段から色々な酸っぱいを知っておきたいもの。

その手始めとして、今回はファミレスに行き、一番酸っぱいメニューの聞き込み調査する事にした。
東京葛飾生まれ。江戸っ子ぽいとよく言われますが、新潟と茨城のハーフです。
好物は酸っぱいもの全般とイクラ。ペットは犬2匹と睡魔。土日で40時間寝てしまったりするので日々の目標は「あまり寝過ぎない」(動画インタビュー)

前の記事:地元の人頼りの旅 in 京都

> 個人サイト twitter

一番酸っぱいのください

疲れたりストレスが溜まると余計に酸っぱいものが欲しくなる傾向がある。

そういう時はスーパーやコンビニでもずく酢や梅干しや酢イカなんかを買って食べたりする訳だけど、もっと選択肢を増やしておきたい。

例えばいたる所にあるファミレスの酸っぱいメニューを把握しておけば、急に酸っぱいものが食べたくなった時に便利である。

まず向かったのはバーミヤン

ワールドフェイマスなんですね
ワールドフェイマスなんですね
そんな訳で向かったファミレス。最初に見つけたのはバーミヤンだ。ここは中華料理専門だからきっとアレが薦められるかも?
私の予想はこれ
私の予想はこれ
中華で酸っぱいは酢豚が定番だろう。しかし他に隠れメニューがあるかもしれない。さっそく店員さんに聞いてみる。

一番酸っぱいのなんですか?

即答で酢豚!と返しが来るかと思いきや、店員さん「うちは甘酸っぱいになっちゃうんですよねえ・・」とメニューをめくりながら悩んでいる。
私が「でもあえて言うならやっぱり酢豚ですかねえ」と背中を押すと「ですね、それかこれになりますね」ともう一つ候補を出してくれた。

いきなり定番の酢豚よりも、と今回は後者を頼んでみることにした。
若鶏の甘酢しょうゆ
若鶏の甘酢しょうゆ
やってきたのは鶏肉だった。
外側はコンビニの唐揚げチキンには出せないほどのカリカリ具合、中はもちろんジューシーでオイシー。しかし今回何より気になる酸っぱさは・・・星2.5くらいだろうか。

ガツンと酸っぱいというのではなく、店員さんが言っていたように甘みがある。甘酢なので当たり前なんだけど・・酸味満足度としてはほどほどの評価だ。
テーブルの端にお酢発見!
テーブルの端にお酢発見!
酢をさらにプラス
酢をさらにプラス
テーブルにあった調味料の中にお酢を発見したので加えてみる。こちらも甘みがあり優しい酸っぱさではあったが酸味が増して好みの味に近づいた。それらを総合して評価をすると・・

バーミヤンの「若鶏甘酢しょうゆ」+穀物酢の酸っぱい満足度・・★★★☆(3.5)

(ちなみにマックスは星が5です。)

お次はサイゼリアへ

隣の寿司屋にもすごく惹かれるけど我慢
隣の寿司屋にもすごく惹かれるけど我慢
いったん広告です
大抵の人がそうであるように、サイゼリアではミラノ風ドリアばかり頼んでしまう。そのためファミレスの中でも使用頻度は高い方なのに、そういえばここでは酸っぱいを求めた事が無かった。改めてメニューで酸っぱそうなものを探してみると・・これだろうか?
私の予想
私の予想
店員さんに声をかけ、酸っぱいメニューを聞いてみる。すると、「トマト系スパゲッティもありますけど、やっぱこれですかね」と教えてくれたのは・・
当たった!きゃべつのピクルス 189円
当たった!きゃべつのピクルス 189円
しかし食べてみると、どうしたことか。マックのハンバーガーに入っているピクルスはもっと敷き詰めて欲しいと思うくらいの酸味を感じるのだけどこちらのピクルスは甘しょっぱい寄りであった。

唐辛子のピリっとした辛味も感じるしイタリアン料理の濃い味に対してサッパリするには丁度いいのだろうが、私の酸っぱい満足度としては残念ながら星ひとつである。

サイゼリア「きゃべつのピクルス」酸っぱい満足度・・★(1.0)
ちなみに酢は置いていなかった。
ちなみに酢は置いていなかった。

お次は東京下町レストラン、じゅらく

浅草と上野ばかりうろついている私にとっては昔から存在を知っている「レストランじゅらく」。この時まで、もっと色んな場所にあるものとばかり思っていたのだが聞いたらその二箇所しか無いらしい。皆さんの参考にあまりならないかもしれませんが・・私の今後の酸っぱい快適生活の為に行かせていただきます。
東京名物らしいので行ってみてね
東京名物らしいので行ってみてね
よく店の前は通るものの、実は入るのは子供の時以来。他のファミレスに比べて年齢層が高く、高校生とかは入らないようなイメージがある。

実際にその通りで、ガヤガヤせず照明も明るすぎず、一番落ち着ける雰囲気があった。
メニューを一通り見て、第一予想は酢豚。
メニューを一通り見て、第一予想は酢豚。
ちなみに酢は置いてない
ちなみに酢は置いてない
私の第一予想は酢豚、第二予想はナポリタンであった。店員さんに聞いてみよう。
「酸っぱいの大好きなんです」と告白中
「酸っぱいの大好きなんです」と告白中
店員さんは、第二予想のナポリタンはスルーし「鹿児島産黒豚のじゅうじゅう焼き」という意外メニューに触れ、でもやっぱり一番はこれでしょう、と自信ありげに推してくれた。
来た!王道酢豚!
来た!王道酢豚!
これは文句なく酸っぱい。これまでで圧倒的に酸っぱい!
思わず笑顔にもなる。

じゅらく「酢豚」の酸っぱい満足度・・★★★★★(5.0)

ああ、幸せだ・・。
酸っぱさを絶賛していたらさらに酢を持ってきてくれた
酸っぱさを絶賛していたらさらに酢を持ってきてくれた
ちなみにこちらが友人が頼んだナポリタン。美味しいけど、意外やそんなに酸っぱくはなかった
ちなみにこちらが友人が頼んだナポリタン。美味しいけど、意外やそんなに酸っぱくはなかった
店員さんが持ってきてくれた酢をプラスしながら幸せな時間を過ごす事ができた。浅草と上野で酸っぱいものが食べたくなったらじゅらくに行けばいい事が分かった。

酸っぱいピンチ?!ガスト

やたら綺麗な店舗でした
やたら綺麗な店舗でした
入店し、他の店と同様にメニューをパラパラさせながら酸っぱいを探す。今回行ったどこのお店でも感じていたが、ファミレスには酸っぱいジャンルが少ない。
そしてここガストは・・うーん、酸っぱいがほんとに見当たらないぞ。
卓上にも酢は無い
卓上にも酢は無い
あえて予想するならデザート系になるかな
あえて予想するならデザート系になるかな
隠れ酸っぱメニューを期待をして店員さんに聞いてみる。すると「酸っぱいものですか(メニューをパラパラ見て)・・・少々お待ちください」と言って厨房に向かってしまった。
もしかして無い・・んですか・・?
もしかして無い・・んですか・・?
いったん広告です
普段は聞かれる事のない質問に困った店員さん、厨房で実際に調理している人に聞きに行ったのだろう。
厨房で行われる酸っぱい会議
厨房で行われる酸っぱい会議
「酸っぱいもの無いです」という悲しい答えも覚悟しながら待つ事しばし。
店員さんは帰ってくると、意外なものを薦めてくれた。
なんと餃子!いや、美味しそうだけども・・酸っぱい料理?
なんと餃子!いや、美味しそうだけども・・酸っぱい料理?
酸っぱい会議の結論(想像)
酸っぱい会議の結論(想像)
確かに餃子に酢はつきもの。(ちなみに私はいつも酢だけで餃子を食べる。)でもこれを酸っぱい料理としてあげてくるとは思わなかった。

いつものように酢につけて食べてみると、酸っぱいのは一瞬で、あとは甘い肉汁の引き立て役として消えていってしまった。うん、美味しいけど・・物足りない。これ認めたら酢をかければなんでもいい事になっちゃうしなあ・・

ガストの「ジューシー焼き餃子」酸っぱい満足度・・・☆(0.5)
会計時、「酸っぱいの無くてすみません」と謝られてしまった。こちらこそ悩ませてすみません。
会計時、「酸っぱいの無くてすみません」と謝られてしまった。こちらこそ悩ませてすみません。
酸っぱい評価は低かったけれども、真面目で優しい対応をしてくれて嬉しかった。しかも割引券までもらってしまいましたよ。

お次はジョナサンへ

だいぶお腹がふくれてますけど
だいぶお腹がふくれてますけど
やっぱり酸っぱい料理は見当たらなくて、予想はフルーツパフェ。お腹的にもこのあたりを所望。
やっぱり酸っぱい料理は見当たらなくて、予想はフルーツパフェ。お腹的にもこのあたりを所望。
デザートページを開いた状態で酸っぱいメニューを聞く。若干誘導した。
デザートページを開いた状態で酸っぱいメニューを聞く。若干誘導した。
そしてやってきたフルーツヨーグルトパフェ。美味しそう!
そしてやってきたフルーツヨーグルトパフェ。美味しそう!
ちゃんと全部のメニューの中でどれが酸っぱいかと質問はした。しかしここでまた重いメニューが来たら正直お腹が辛いなと、できればデザート行きたいなと思いながらデザートページをチラチラ見せながら聞いた。すると狙い通りのフルーツパフェが薦められた。やった!
うん、甘夏みかんとキウイが酸っぱくて美味しい
うん、甘夏みかんとキウイが酸っぱくて美味しい
酸っぱい要素のほとんどはフルーツであったが、ヨーグルトの酸味もあるし割と満足である。

ジョナサン「フルーツヨーグルトパフェ」の酸っぱい満足度・・・★★☆(2.5)
ちなみに卓上には塩のみだった
ちなみに卓上には塩のみだった
この日はさすがにもう満腹だ。翌日の夜、再びお腹を空かせて次のお店に向かった。

お腹空かせてロイヤルホスト

ファミレスの中でちょっと高級イメージのあるロイホ
ファミレスの中でちょっと高級イメージのあるロイホ
いったん広告です
酢とか梅とかの文字が似合わないラインナップ
酢とか梅とかの文字が似合わないラインナップ
酢をかける料理無いのかな・・
酢をかける料理無いのかな・・
ここにもやっぱり酸っぱい料理が見当たらない。ステーキやカレー、サンドウィッチなど洋食オンリーのロイヤルホスト。餃子ももちろん無い。いったい何が出てくるだろうか。
またデザート系かも
またデザート系かも
そして店員さんに聞いて、薦められたものは・・
サラダ!
サラダ!
というかドレッシング(アドリアンドレッシング)
というかドレッシング(アドリアンドレッシング)
餃子の酢に近い存在に感じたが一応頼んでみたこのサラダとドレッシング。4種のうち、一番酸っぱそうだというオレンジ風味のアドリアンドレッシングというものをかけて食べた。

酸っぱさ満足!

酸っぱい。爽やかなオレンジの風味と共にフレッシュな野菜に染み渡る酸味。ツンと来る、かなり好きな酸っぱさだ。餃子の時の酢は肉の甘みの引き立て役だったけど、こっちは酸味の存在感が強く気に入った。

ロイヤルホスト「288サラダ アドリアンドレッシング」の酸っぱい満足度・・★★★★★(5.0)

しかしサラダでお腹ぺこりん度はおさまらない。最後となる次のお店でガッツリと酸っぱい料理が食べたい所だがどうだろうか。

ラストはデニーズ

「いらっしゃいませ、デニーズへようこそ!」と爽やかにお出迎えしてくれる
「いらっしゃいませ、デニーズへようこそ!」と爽やかにお出迎えしてくれる
席についてメニューを渡されながらサーロインステーキとビーフシチューを薦められたが明らかにどちらも酸っぱくないのでちょっと待ってもらって吟味する。

えーと・・
なんかこれがきそうな気配
なんかこれがきそうな気配
あ、初めて「梅」の文字!こっち薦められるかな?
あ、初めて「梅」の文字!こっち薦められるかな?
で、結局きたのは「ソーダ水 りんご酢」
で、結局きたのは「ソーダ水 りんご酢」
店員さんに酸っぱいものを聞くと、「料理でいうと・・餃子なら酢がつきますね」とまた餃子を薦めてきたが前例があったのでそれ以外でと伝えた所、こちらのりんご酢ソーダがきた。

お腹が空いていたので「梅ごはんとかどうですか」とズルしたのだが「ご飯の甘みがあるのでそんなに酸っぱくないです」と否定。真冬で空腹の中、りんご酢ソーダを頼んだ。
お薦めデザート、甘そうだけど美味しそう・・
お薦めデザート、甘そうだけど美味しそう・・
味の方はと言えば、確かに酸っぱい。しかし唾液がきゅーっと出るような酸っぱさではなく、爽やか系である。強い炭酸により酸味が分散しているようにも感じた。真夏の暑い日に飲むと元気が出そうな感じであった。

デニーズ「ソーダ水 りんご酢」の酸っぱい満足度・・・★★☆(2.5)

総括

こうしてファミレスを周ってみると、酸っぱい料理はごく限られているということに気づく。それでも周ったお店で薦められた酸っぱい料理のセットがあれば最高だなと思った。
夢の酸っぱいファミレスセット 約2700円。星は酸っぱい満足度
夢の酸っぱいファミレスセット 約2700円。星は酸っぱい満足度

酢を持ち歩けばいいんじゃないの

そんなに酸っぱいが好きなら酢を持ち歩けばいいじゃんと思うかもしれない。確かにそれはグッドアイディアだ。
しかし今回見たように、色々なバリエーションの酸っぱいがあるのだ、そんな単純な問題ではない。これからも日々の酸っぱいを見逃さず、人に薦めても恥ずかしくない酸っぱいを探し続けたい。

そんな熱い使命に燃えながら、この日は帰って寿司食べた。
酢
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓