特集 2011年12月19日

1000円で茨城空港・直行バスの旅

!
家を片付けていたら、どこかのイベントでもらった、チラシが出て来た。
茨城空港のパンフレットだった。その中に、
「東京駅から茨城空港へ、片道500円で行ける直行バスがあります」
という記述を見つけた。
えっ500円!?
飛行機利用者じゃないと乗れないのかな、と思って調べたら、おみおくり・おむかえ・空港見学の人でも、片道1000円出せば、予約して乗れることが分かった。
いや、乗っちゃうでしょ、これ。
丁度、どこか遠くへ行きたかったし。
埼玉生まれ。電子書籍『初恋と座間のヒマワリ』(リイド社刊)発売中。最近、ほぼ毎日ブログを更新していますので、良かったら読んでください。

前の記事:酔いどれて…乙女酒部 活動報告

> 個人サイト 日々の凧あげ通信アネックス

朝からウキウキ、空港行きのバスへ

某日8時10分、誘った物好きの友人と、東京駅集合。
キレイな、トイレ付きのバスがやってきたので、乗り込む。
ほぼ満席でしたが、まだ残席がありました。
ほぼ満席でしたが、まだ残席がありました。
予約制なのに、席は自由席。
予約せず、当日乗る人もいた。
椅子の補助席も出して、車内はほぼ満員。

私は後方の補助席に座っていたのだけれど、前席の、中国人らしき乳児に、顔をガン見され続けてびびってしまった。
その後、お母さんがお父さんに赤ちゃんをバトンタッチしたかと思うと、お母さんがエチケット袋に、エチケットなものをイン。
上手に処理していたので全然気にはならなかったんだけど、「子連れで海外旅行って大変だなあ~、子連れで海外で移動中に気持ち悪くなるって辛いだろうな~」と思いながら、ぼや~っと見ていた。
バスは、サービスエリアにも寄らず、ばばーっと一直線に走り、1時間半ほどで、サクっと到着してしまった。

到着して愕然とした。
な、なにこれ。
これ、空港!?

衝撃の空港

↑空港
↑空港
空港は、そこらへんのイトーヨーカドーよりも小さかった。
2階建ての、近所で少し大きめのスーパー、くらいの規模だった。
入り口に置いてある、ナゾの彫像をながめながら、空港に入った
入り口に置いてある、ナゾの彫像をながめながら、空港に入った
(多分、「ぶじかえる」という意味で、カエルなんだと思うけど)
(多分、「ぶじかえる」という意味で、カエルなんだと思うけど)
コンパクトな空港だなー。
コンパクトな空港だなー。
見取り図はこんな感じ。
見取り図はこんな感じ。
ちなみに周辺には駐車場(無料、何日でも停め放題)と、
ちなみに周辺には駐車場(無料、何日でも停め放題)と、
お向かいの自衛隊以外、なんにもありません。
お向かいの自衛隊以外、なんにもありません。
コンパクトさに驚きながら、まずは売店と飲食店のフロア、2階に行ってみる。
えっ。
飲食店は、学食みたいなお店が、ひとつ。
お土産物屋は2つ。しかも、こじんまりしてる!
飲食店は、ほんとにここ一軒しかない。
飲食店は、ほんとにここ一軒しかない。
お値段はいちおう空港価格で、ほんのちょっぴり高め。
お値段はいちおう空港価格で、ほんのちょっぴり高め。

座って、食べそびれた朝ご飯を食べる。本当はバスの中で食べたかったんだけど、なぜか誰一人として飲み食いしていなかったので、食べなかった、お弁当を…。
なんでみんな、バスの中で飲食してなかったんだろう。旅テンションなら、お酒&お弁当とか、フツーですよね? なぜ?
なんでみんな、バスの中で飲食してなかったんだろう。旅テンションなら、お酒&お弁当とか、フツーですよね? なぜ?
メニューを見る。英語、韓国語が併記してあった(現在、韓国行きは運休中なのだけれど…)。
週末限定販売の焼きサバ寿司を買い、あとは栃木名産ローズポークを使ったカツカレーを食べた。
焼き鯖すしはオミヤゲとして購入。
焼き鯖すしはオミヤゲとして購入。
限定というので急いで買ったのに、昼過ぎたら、追加して積み上げられていた…。
限定というので急いで買ったのに、昼過ぎたら、追加して積み上げられていた…。
茨城っぽいメニューは、納豆そばと、ざるそば、ローズポークのカツカレーの3種があった。
茨城っぽいメニューは、納豆そばと、ざるそば、ローズポークのカツカレーの3種があった。
ローズポークのカツカレー。カラッと揚がってて美味しかったですよ。
ローズポークのカツカレー。カラッと揚がってて美味しかったですよ。
友人(埼玉出身)と話す。
「なんだろうねえ、この、妙に落ち着く感じ…」
「これ、埼玉とか千葉とか神奈川とかの、郊外に住んでる人にはおなじみの、ノリだよねえ」
まったりとした雰囲気。
まったりとした雰囲気。
小さ~いゲームコーナーもありました。フライトシュミレーターのゲームをやったら、着陸失敗してしまった…。
小さ~いゲームコーナーもありました。フライトシュミレーターのゲームをやったら、着陸失敗してしまった…。
「お洒落とかとはほど遠く、ぽやーんと営業してる、非イオン系のスーパーの飲食コーナーのノリね。」
「ああ、そうかも。リラックス出来るわあ。」
そんなわけで、私たちは茨城空港を、一発で気にいったのだった。
つくば山を眺めながら、
つくば山を眺めながら、
閲覧コーナーの「るるぶ」を読みながら、100円マッサージ椅子でもまれる私。至福。
閲覧コーナーの「るるぶ」を読みながら、100円マッサージ椅子でもまれる私。至福。
いったん広告です

チャン・グンソクの手のひら


ふと見ると、空港の一角に、空港情報コーナーが。
誰もいなかったけども。
誰もいなかったけども。
そこで何と、グンちゃんこと、チャン・グンソクの手形と生サイン発見。
今年、茨城空港を利用して、来日した時の記念らしかった。
3000人ファンが来た、って書いてあるけど、
3000人ファンが来た、って書いてあるけど、
この空港は3000人も入れないと思うのですけれど…別にいいけど。
この空港は3000人も入れないと思うのですけれど…別にいいけど。
これが! あのキレイな顔のお兄さんの手!
これが! あのキレイな顔のお兄さんの手!
せっかくだから合わせてみました
せっかくだから合わせてみました
手を合わせてみると、グンソクさんの手は意外と小さく、私と同じくらいでした。な、なんかショック!

飛行機に乗りたかった

ぼやーっと飛行機をながめた。
普通の空港とは違って、みんな、搭乗するのに、飛行機までテクテク、徒歩で歩いていた。
え、こんな方式もあるのか。国際線なのに。ショック。
搭乗橋がないので、乗客は、歩いていきます
搭乗橋がないので、乗客は、歩いていきます
(雨の日は傘で。)
(雨の日は傘で。)
自衛隊の基地とくっついている滑走路なので、基地方面を見るとガラスが曇るよう、細工ガラスを使用してます。つまり、普通の飛行機もよく見えないのです…。
自衛隊の基地とくっついている滑走路なので、基地方面を見るとガラスが曇るよう、細工ガラスを使用してます。つまり、普通の飛行機もよく見えないのです…。
正面方向にある飛行機は見えます。いってらっしゃい、無事なフライトを!
正面方向にある飛行機は見えます。いってらっしゃい、無事なフライトを!
激安航空会社、春秋航空に乗るお客さんは、ほとんど中国の人で、ほぼ満席らしかった。
スマホでちょっと調べてみたら…。
春秋空港、茨城~上海でなんと4000円からなんですね!(なんと正規料金)
そりゃあ中国の人、乗るでしょう、
自分の国がでっかいから、東京駅から1時間半の位置の場所なんて、どうってことない移動距離でしょう、
なるほどね、と思いながら、ゲートをながめていた。
根本的に本数が少ないので、スムーズにチェックイン出来るようでした。
根本的に本数が少ないので、スムーズにチェックイン出来るようでした。
私が人生の中で見た空港の中で、いちばん旅テンションのない、ゆったりとした雰囲気のゲートだった。
あの雄大な、中国へ行く便だというのに!

一応、おみやげもチェック

やっぱり納豆は押さえておきたいところ。
やっぱり納豆は押さえておきたいところ。
でも納豆カレーはあんまり食べたくない。
でも納豆カレーはあんまり食べたくない。
茨城鉾田産メロンのカレーも、ちょっと躊躇してしまう。
茨城鉾田産メロンのカレーも、ちょっと躊躇してしまう。
萌えパッケージのお酒。しかし「若き日の水戸黄門(芋焼酎)」って、購買するのは、女性…なの…?
萌えパッケージのお酒。しかし「若き日の水戸黄門(芋焼酎)」って、購買するのは、女性…なの…?
自衛隊グッズも充実。
自衛隊グッズも充実。
Tシャツやストラップ、DVDなど。
Tシャツやストラップ、DVDなど。
18禁カレーといちご&メロンの羊羹。
18禁カレーといちご&メロンの羊羹。
これって、茨城の名物なの? っていうか18禁って何が18禁なの?
これって、茨城の名物なの? っていうか18禁って何が18禁なの?
空港のゆるキャラもいるようでした。「ハッスル黄門」と、
空港のゆるキャラもいるようでした。「ハッスル黄門」と、
「スカイスリー」。着ぐるみにも会いたかったなー。
「スカイスリー」。着ぐるみにも会いたかったなー。
あ、そういえば、空港近郊の施設、「霞ヶ浦ふれあいランド」から、ゆるキャラ「みずまるくん」が営業には来ていました。握手しちゃいました…。
あ、そういえば、空港近郊の施設、「霞ヶ浦ふれあいランド」から、ゆるキャラ「みずまるくん」が営業には来ていました。握手しちゃいました…。
で、オミヤゲですが、
で、オミヤゲですが、
結局はこういうのが無難かもしれません。
結局はこういうのが無難かもしれません。
もつ煮&ビールで帰路のバス便を待つ。14時10分発ので帰りました。すいていました。
もつ煮&ビールで帰路のバス便を待つ。14時10分発ので帰りました。すいていました。

「飛行機利用時にはバスは500円でしょ。それで空港使用料は500円らしいから、合計5000円で上海行けるの!? やっすいなー。」
「上海行きたいねえ…、というか、この利便性と雰囲気の良さは、私も空港に来るまでは分からなかったわあ。いやー、成田や羽田より、快適な場所だったよね。」
「いやー次は海外旅行時に来たいね!」

こんな身近に、激安旅の裏技があったのか!
これは使わない手はないですよね。来年は、茨城空港から、どこかの国へ旅立とうと思う……!(だってこんなに便利なのに、大阪や名古屋行くより安いんだよ!?)
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ