特集 2011年10月19日

地上にいたままで超高級空の旅

一生に一度はこんなシートでワインをくゆらせてみたいぜ…。
一生に一度はこんなシートでワインをくゆらせてみたいぜ…。
ひと昔前に比べて運賃も安く、身近になった感がある空の旅。しかしまだまだ遠い壁なのが、エコノミーとそれ以上のビジネス・ファーストクラスのシートの差。飛行機に乗るたび、前方に据えられたゆったり感あふれる椅子に尻だけでもこすりつけたくなる…(しませんよ)。しかし快適なホスピタリティとわかっていても追加料金は払えない!しかし座るだけならタダ、のイベントがあるのです。しかも世界のエアラインの。
1972年佐賀県生まれのオトナ向け仕事多数のフリーライター。世間の埋もれた在野武将的スゴ玉の話を聞くのが大好き。何事もほどほどに浅く広く、がモットー。

前の記事:戸隠の里のエクストリームそば食いスポーツ

> 個人サイト service&destroy

数分間の高級シート体験

普段乗れないハイクラスシートに乗れる場所、それは「JATA旅博」。世界各国や航空会社・旅行会社など旅行にまつわる様々なブースが広い広い東京ビッグサイトに満載という、いわば旅フェスティバル。もちろんお客さんもてんこ盛り。2006年に大塚さんがレポートしてる記事もあるのでそちらもどうぞ。
アジア最大級は伊達じゃないスケール!
アジア最大級は伊達じゃないスケール!
各国のブースは装飾も見せ場。
各国のブースは装飾も見せ場。
奥まで人がびちっと埋まっております。
奥まで人がびちっと埋まっております。
もちろん各国の観光情報をたっぷり手に入れられる、てのが楽しみのひとつなわけですが、ぶらぶらしてると会場のあちらこちらですごい行列が湧いている。というのも、突然ブースでアンケートやクイズ大会が始まって、いろいろなお国グッズがもらえたりするのです。
ミスグアムの人から首飾りをもらえたり、
ミスグアムの人から首飾りをもらえたり、
サイパンの人の手作り花飾りとか。
サイパンの人の手作り花飾りとか。
どこもイベントスケジュールびっちり。
どこもイベントスケジュールびっちり。
突然渡されたマンゴ。囓りながら会場を回ります。
突然渡されたマンゴ。囓りながら会場を回ります。
「何か配ってるっ!」と思うと周囲のお客さんがどどどどっ!と押し寄せる。各ブース一周してオシマイ、ではなく何周かしつつオミヤゲを手にするのがこのイベントの正しい楽しみ方なようです。入場料分は元取るぜ!な勢いで。航空券当たるクイズなんかもあるしね。

さて飛行機のいいシートの件ですが。先に書いたとおり、旅博世界各国の航空会社も数多くブースを出しており、その中で実際のビジネスクラス等のシートを設置して試乗可能なところがあるのです。

たとえば我が国の代表的キャリアでもあるANA。個人的には海外より国内便でお世話になっております。
ハイテクな社長の椅子 全日空「ANA BUSINESS CRADLE」
パンダの着ぐるみがお出迎え。時代は中国推しですな。
パンダの着ぐるみがお出迎え。時代は中国推しですな。
シートで推してるのはこちら。
シートで推してるのはこちら。
ビジネスクラスのシートといっても航空機別にも違って、ANAブースにあったのはボーイング767-300ER型機に搭載される「ANA BUSINESS CRADLE」。公式サイトによれば成田・羽田=シンガポール線の一部の便、成田=ジャカルタ線で利用できるそう。
見た目はエコノミーとさほど変わらないけど設備がすごい。
見た目はエコノミーとさほど変わらないけど設備がすごい。
単体で見るとエコノミーとさほど変わらないけど、シートのどっしり感とか座って落ち着く感じがやはり違う!クレードル=ゆりかご、だそうですがハイテクな社長の椅子というか。モニタとかiPodコネクタとかUSBとか設備も超・実用的。

と、その場ですげーチェックしたみたいですが、実際はどこのブースも行列の中でばばばっと座ってお試しリクライニングするような感じなので、細かく見る時間はなし。ただケツの下がエコノミーに比べてどっしり安定してる感じはすごーく感じました。
リクライニング状態。エコノミーにないのびのび感!
リクライニング状態。エコノミーにないのびのび感!
自分は身長181cmの小太り体型ですが、それでも安定の座り心地。見た目以上の充実感、1、2分ではなく数時間揺られればもっと違う感想も生まれるんでしょうが…。ああ、もっとお金が欲しい(身も蓋もない感想)。

漫画喫茶を思い出す デルタ航空「BUSINESS ELITE SEAT」

続いてはアメリカのデルタ航空。旅客運送数および旅客キロ数でユナイテッド航空に次ぐ世界第2の航空会社です。現在成田・羽田・関西・中部の日本の4空港に就航してますが、さらに福岡便も年内に増える予定と、これからさらに日本との関わりも大きくなりそうな航空会社です。
写真もアメリカな感じですね。かっこいい広告、的な。
写真もアメリカな感じですね。かっこいい広告、的な。
デルタのビジネシートス、その名も「BUSINESS ELITE SEAT」!
デルタのビジネシートス、その名も「BUSINESS ELITE SEAT」!
ビジネスエリート!というとすごく聞こえはいいけれど、このほどよい密閉空間はやはり漫画喫茶を思い出さずにはいられない…そんな大衆的なわたくし。でも最近のビジネス以上のシートって漫喫っぽいの多いですよね。これとか
妙な目線なのはスタッフの方に撮っていただいたから。
妙な目線なのはスタッフの方に撮っていただいたから。
このシートに座ってノートPCをパチパチ、ッタァーンッ!と叩いてる姿とか似合いそうですよね。パワポの書類とか作ったりして。決してソリティアではない。この周囲に包まれてる感もいいんですが、シートもかなり細かいリクライニング指定できたりと、寝心地優先な人には良さそうです。このシートについての公式サイトはこちら

世界最高クラスのシート&来年乗りたいシート

さて続いては前2キャリアに比べると珍しい航空会社、カタール航空。サッカーファンでなくてもその名は知ってる「ドーハの悲劇」で有名なドーハを首都とする中東の国家・カタールの国営エアラインです。
色合いが落ち着いたブースもどこか高級感あります。
色合いが落ち着いたブースもどこか高級感あります。
中東というと「王様・石油いっぱい・お金持ち」てなキーワードが浮かぶ人も多いと思いますが、イメージだけでないのがカタール航空。同エアラインは世界で最新の飛行機を採用しており、さらに機内サービスの評価は世界トップクラス、ちなみに機内食は豚肉を使わないムスリム食というのも期待を裏切りません。

マッサージ機能まで! カタール航空

そこのビジネスクラスのシートがこちら。ちなみにこうしたシート試乗で行列が一番長かったのがカタール航空でした。
タイヤつけたら未来の車みたいだ。
タイヤつけたら未来の車みたいだ。
赤シートというのからして高級感あるわー。
赤シートというのからして高級感あるわー。
ちなみに行列が長いとあって、途中でCAさんがアラビックコーヒーとデーツ(ナツメヤシ)を持ってきてくれた。待ってる間から中東気分!
日本のお茶お菓子とはまた違う風味。
日本のお茶お菓子とはまた違う風味。
さて40分近く並んでビジネスクラスに座れる順番がやっと来た。下の写真見てわかるとおり、ペターっと寝れる上に振動するマッサージ機能まで!乗ってもなんかもう寝るのがもったいないよね、て貧乏性ではビジネスクラスに座れる日は遠いのかもしれませんが、そんなこと考えちゃうハイクラス感。
普通に見えますが、マッサージ機能で背中が震えてます。
普通に見えますが、マッサージ機能で背中が震えてます。
しかもほとんどのアメニティ持ち帰りOKとか大盤振る舞い感がすごい。この試乗でも最後メモセットまでいただいたし。ありがとう王様!といいたくなる。公式サイトのビジネスクラスについてはこちら

さてこれらの他にもワンランクツーランク上なシートを展示・試乗してる航空会社はあったのだけど、時間制限などのタイミング悪かったのか座ることは出来ず。
こちらはJALの「EXECUTIVE CLASS SEASONS」。
こちらはJALの「EXECUTIVE CLASS SEASONS」。
こちらはインドネシアの国営企業・ガルーダ航空。前までも行けない。
こちらはインドネシアの国営企業・ガルーダ航空。前までも行けない。
こうしたビジネス以上のシートに座ったのは初めてですが、やっぱり余裕とか椅子の高級感とかがエコノミーとは違いますね。よし、いつかコレに乗れるように仕事頑張るぞ!と思いたいもんですが、あらためて帰ってネットで調べてみたら値段的にいえば40万とか50万とか…。割引運賃で30万円台とかそんなもんだもんなー。

まだ飛んでない飛行機のシートに座る 航空会社Peach

ちなみに航空会社ブースは基本的にはどこもビジネスなどひとつかふたつ上のシートの試乗をしてたのだけど、ビジネスじゃない通常シートに試乗できるところもあった。来年就航する日本初の本格的LCC(ローコストキャリア、徹底的な効率化により低価格運賃を実現した航空会社)として話題の航空会社・Peachだ。
ブースは大きくはないけど人はいっぱい。
ブースは大きくはないけど人はいっぱい。
海外旅行好きからかなり注目されてるだけに人の出入りが激しい。他の大手航空会社に比べて、細い通路のところにあるというのもあるけれど。しかもこんなサービスが。
写真撮れるんですか?むしろメインアトラクション?
写真撮れるんですか?むしろメインアトラクション?
これまでのと違ってビジネスクラスではないけども、まだ飛んでない飛行機のシートに座れる、というのはなかなか出来ない体験。ということでさっそくCAさんと並んでぱちり。なぜか別のお客さんと一緒でしたが、その辺も効率を重んじたLCCな感じなんでしょうかね。
プリクラっぽいシールにしてもらえました。
プリクラっぽいシールにしてもらえました。
みんなで手に持ってるのはPeachのステッカー。これまでのビジネスクラスに比べると、乗る可能性はグンと高そうなだけに、ちょっと乗るのが楽しみになりましたよ。その先にビジネスクラスも乗れたらいいんですけどね…。ワイン片手に夕陽とか見たら「俺の人生、成功したゼ!」って思えるんだろうなあ。

会場ではいろいろもらってきました。
会場ではいろいろもらってきました。

実際ビジネスに乗るかというと

実際旅行に行くとなると、交通費と宿泊費は一番削りたいのでビジネスクラスとか高級ホテルとかはまず発想にないんですが「席が埋まっててたまたまビジネスに座れた」とか聞くと羨ましくてしょうがない。そんなおこぼれに預かる日を待ちたいと思います。もしくは石油王にでもなるか。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ